MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
先物の与謝野VS労組の海江田 衆院選「東京1区」の政治資金
次期衆院選「東京1区」で激突する与謝野馨氏と海江田万里氏の05年~07年分の政治献金額ランキング

 来たる衆院選で激戦が予想される東京1区の2人。候補者が当選後に何ができるかは、そのバックについて資金援助をしている勢力に制約される。政治資金を洗ってみると、与謝野氏には、業務停止命令を受けた先物業者や6億円“脱税”&裏金化した組織のトップ等から“黒いカネ”が流れており、献金元には電通も名を連ねる。一方、海江田氏は、各種労組のほか、同和団体からも献金を受けていることが分かった。繰越金で海江田の10倍と、資金力では与謝野が圧倒している。

【Digest】
◇政党支部と資金管理団体をチェック
◇先物業界から542万円が与謝野氏に
◇“脱税事件”の“株投機集団”トップが与謝野に1500万円
◇談合ゼネコンから献金貰う与謝野
◇業者選定に口出しした村長も献金
◇医師、トラック、民生…業界団体関係者が多額の献金
◇繰越金「4億5千万」円也
◇落選で献金額10分の1に暴落した海江田
◇同和、エイベックス元社長も
◇東電、NTT、交通機関の労働組合が海江田支持
◇パーティーでコンスタントに「1800万円」
◇落選議員とは思えない資金量く
◇対戦成績「2勝2敗」
◇前哨戦は与謝野陣営が当選

◇政党支部と資金管理団体をチェック
 次期衆院選で注目の選挙区は数多いが、中でも激戦が予想されるのが、東京都の千代田区、港区、新宿区内がエリアの東京1区。同選挙区には自民党の現経済財政政策担当大臣・与謝野馨氏と、民主党の元政策調査会長・海江田万里氏がおり、過去の対戦成績も2勝2敗で拮抗しているのだ。

 そこで有権者の判断材料の1つにするため、両陣営のバックにはどのような組織や勢力がついているのかを、政治資金明細の面からチェックした。確かに政治資金規正法は、パーティー券購入でも1回(年間ではない!)20万円未満ならば非公開でよいとするなど、政治家に都合のよい「ザル法」であるため完全に把握することはできない(与謝野氏は2007年、9回もパーティーをやった)が、公開されている情報だけでも傾向はつかめるはずだ。

 そこで、両候補が支部長を務める政党支部(「自由民主党東京都第一選挙区支部」「民主党東京都第1区総支部」)と、両候補の資金管理団体(「駿山会」(代表者:与謝野馨氏)、「海江田万里を支える会」)の政治資金明細をチェックし、スポンサーとなっている企業、政治団体および個人を金額順に集計、ランキングしたのが上記一覧だ。

 与謝野氏の政党支部と、海江田氏の政党支部、資金管理団体は東京都選管で閲覧、与謝野氏の資金管理団体は総務省のHPから閲覧、転載した。期間は、過去3年間分(2005年~2007年分)である。

 結果、与謝野氏には、自民党お馴染みの支持母体である日本医師連盟のほかに、業務停止命令を受けた先物業者、6億円“脱税”&裏金化した組織のトップ、そして談合事件を起こしたゼネコンのトップなどからダークなカネが流れており、電通やパチンコ大手「三共」などからも献金を受けていることが判明した。一方の海江田氏には、東電、NTT、交通等各種労組のほか、同和団体などからもカネが流れていることが分かった。以下、詳細に見ていく。

両陣営の政治資金内訳(献金、パー券、党交付金の一覧比較)。ダークな献金元も容認する与謝野が、資金力で海江田の約10倍と圧倒。
◇先物業界から542万円が与謝野氏に
 与謝野馨氏からみていくと、まず、「先物業者」の献金やパー券購入が目立つ。 たとえば、先物取引業者「オリエント貿易(現エイチ・エス・フューチャーズ)」本社に事務所を置く商品先物取引業界の政治団体「政経政策研究会」は05年に計250万円の献金している。

 先物取引業者の「エース交易」も毎年50万円、計150万円を献金。エース交易は、高額納税者リストなどを基に100人以上に電話をかけて勧誘する金融先物取引法に抵触する「違法勧誘」により、金融庁から2007年6月に業務停止命令を受けている。

 金融庁によると、「違法勧誘」が行われたのは「2005年7月から2006年11月頃」。

 そして、ちょうどその間に当たる2006年4月20日にエース交易は50万円の献金をしていることがわかった。つまり、違法行為の真っ最中に渡したダーティーなカネということになる。

 さらに、「小林洋行」の「細金鉚生」会長(07年7月年の不祥事発覚で取締役に降格)は、05年に40万円、06年に30万円、計70万円を個人献金している。小林洋行は07年7月に農水省と経産省から業務停止命令を受けた会社である。

 両省によると小林洋行は1999年4月から2006年1月まで違法勧誘を行ない、トラブル情報の隠ぺい等でトラブル発生件数も実際より少なく報告し、600件以上のトラブルを隠していたという。

 過去3年分の献金でみると、ちょうど05年分の40万円の献金が、違法行為をしていた時期と符合する。これもいかがわしいカネである。

 他に先物業者の「日本ユニコム」が05年、06年に各36万円、計72万円の献金。先物業界からは3年間でトータル542万円の金が与謝野氏に流れている。

◇“脱税事件”の“株投機集団”トップが与謝野に1500万円
 与謝野馨氏に最も献金しているのは、毎年3~4月の間にキッチリ「500万円」を政党支部に個人献金している「檜木高男」氏というイワク付きの人物。

 檜木氏は、かつて兜町で名を馳せた“株投機集団”のトップで、いまから20年以上前に「6億円の所得を隠して裏金化」して社会問題となり、当時、国会でも取り上げられていた.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



与謝野氏の07年末の翌年への繰越金明細。一枚目の赤線箇所が政党支部の翌年への繰越金。二枚目には資金管理団体の繰越金が記載されている。繰越金の合計額は4億5千万円以上
海江田氏の07年末の翌年への繰越金明細。一枚目の赤線箇所が政党支部の翌年への繰越金。二枚目には資金管理団体の繰越金が記載されている。繰越金の合計額は4千万円以上

関連記事
記者コメント
本文:全約7,200字のうち約4,900字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「納税者の眼」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
アクセス数 4678 続報望むポイント
139
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
Q  10:29 08/28 2009
どっちもどっちな感じ。両方落選でもいいんだが。この選挙区民大変だな。 献金の嵐じゃねえ。
…  00:38 02/25 2009
日本人は元々平和ボケしている上に、世論操作によって情報音痴になっていますね。 うまい話には裏がある、に該当ですよ。オバマ氏でも何も変わりありません。 馬鹿みたいにそのまま外交辞令を信じていては危険です。
上端秀夫  16:35 02/12 2009
どっちもどっちですが、政党助成費は何の為にあるのですか? アメリカのオバマ大統領のように、企業献金中心では無く、1万円以下の個人献金で大統領選挙費用を賄いながら、ボランティアの応援で、しかも、上院議員1期の経験しかなく、且つ、アメリカ建国史上初の、黒人大統領に当選し、日本の麻生首相より給与が低いのは、素晴らしいですね。 アメリカの選挙制度の真似をしても、良いのではないでしょうか?