MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
ホンダ、「仕事減らないけど賃金カット」な技術者たち
Baa優良企業予備軍
    【バランス型】
(仕事4.0、生活3.7、対価3.4)

 1月から役員報酬10%カット、2月から管理職の基本給5%カットと、リストラ進行中のホンダ。現場社員は安泰なのかといえば、そうでもない。「年明けから、組合員は、仕事量は減らないのに残業代がカットされています。残業をするなと言われるので、家にノートPCを持って帰って資料を作成したり、朝早く出勤して仕事をしています」(若手社員)。夜の残業は管理が厳しいが、朝の早出は残業時間にカウントされないためである。


【Digest】
◇全社的な賃金カット
◇2010年採用数600人減
◇学卒が有利
◇『朝から夜までよく働く人』が高評価
◇ホンダ車は2割引
◇次期社長も、もちろん技術者
◇全体を見ている人がいない
◇「NSX」は、ほとんど車体まで出来上がっていたが…
◇本社ってどこだっけ
◇決まりごとがない自由さ
◇四輪開発担当者の「目の前全力投球」な一日
◇年末に有休20日以上残してはいけない
◇病んで辞める人も身近な存在
◇ホンダ車でないと駐車許可が下りない


◇全社的な賃金カット
 ホンダが国内販売計画上方修正 「インサイト」好調で――。2月下旬、マスコミ各社はホンダのプレスリリースをそのまま垂れ流すPR記事を載せたが、ホンダは海外販売比率が日本の大企業ではもっとも高く、実に87%(2008年3月期)にものぼる。国内販売が若干持ち直そうと、大勢に影響はない。

 トヨタと同様、北米が収益源だっただけに、リーマンショックが直撃。2009年3月期は連結の売上高が15.9%減、最終利益86.7%減となる見通しを発表している。コスト削減を断行しない限り、来期は赤字必至だ。

 そこで始まったリストラが、工場の非正規労働者削減やF1からの撤退であり、高級スポーツカー「NSX」後継車の開発中止であり、そして、末端従業員までに及ぶ、全社的な実質給与のカットだった。

20代後半の給与
 「残業代ありきで生計を立てている人が多いので、ローンの支払いをどうしよう、と困っている人は多いです。私の場合、去年の12月の残業代が8万円弱(35時間ほど)で、総支給額の2割強を占めます(左記参照)。これがゼロに近づきますので、管理職クラスの5%カットより影響は大きい」(社員)

 実際に仕事が減って残業代がなくなるのなら納得もできるのだが、そうでないところがポイントだ。減産で製造ラインが止まれば製造現場の社員は暇になる。だが、研究開発に従事する技術者の仕事量は、生産減と直接的な関係はない。逆に、新車やモデルチェンジのための開発を進め、販売減を挽回しなければならない。

 管理職クラスも同様だ。一般社員が残業を禁じられたため、その分の仕事は、管理職クラスにしわ寄せされる。管理職は年俸制で時間管理されないから、会社にとっては、使い勝手のよい存在だ。

 「帰りは21時までに全員帰る仕組みは徹底していますが、朝は6時半から来ていいので、早朝出勤者が多い。時間管理される一般社員にしても、入退室をIDカードで管理していますが、あれはザルです。PCの立ち上げ記録もとっていない」(社員)

 ようは、この急激な不況を乗り切るため、上から下まで全員が賃金カットになっている、ということだ。一時金も、労組が要求時点から5.5カ月分とし、2008年の妥結額よりも1.1ヶ月分減らした。ベースアップなど、この環境ではもちろんありえない。残業代の減額分と合わせると、今年は、30歳前後でも年収が百万円以上減る見通しだ。

◇2010年採用数600人減
 ホンダはグループ主要四社が同じ労働協約を結び、人事報酬制度も同じという珍しい形態になっている。四社とは、「本田技研工業」と、その研究開発子会社である「本田技術研究所」、製造設備を扱う「ホンダエンジニアリング」、純正カスタム品(純正フォイル、バンパー、灰皿などのディーラーオプション)を扱う「ホンダアクセス」。

 それぞれの社員数といった基本情報すら非公表にしている点が自分勝手で個人主義な同社の社風をよく表しているが、「栃木県の四輪開発センターだけで約1万人.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



ホンダのキャリアパス

 

 

本田技術研究所の現場組織

 

 

関連記事
記者コメント
ホンダ正社員の賃金分布表(組合員)を入手したので、追加で掲載した(2009/3/13)
本文:全約9,500字のうち約7,800字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
■趣旨に賛同いただき、社員を紹介または取材を受けていただける方には、
会員IDおよび薄謝進呈いたします。ご協力をお待ちしております。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 37103 続報望むポイント
419
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
ホンダ発表  09:06 05/05 2011
会員
地震により、四輪車の研究開発を行っている「株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター栃木(栃木県芳賀郡芳賀町)」の食堂の壁が崩れ、従業員1名(43歳・男性)が亡くなりました。栃木県内の複数の関連施設で、壁が崩れる、天井の一部が落ちるなどの被害により、30名以上のけが人が出ています。(2011年3月11日)
ふしぎ検索  17:12 07/15 2009
蟹工船ブームからネットカフェ・派遣村、いろんな経験を経ていよいよ衆院選です。跳ね上がりの卑怯者を除いて、みんなが足もとの雇用と生活を見つめ、それなりの職業観・社会観を育んでいます。 ふしぎちゃんは百面相で、つい最近も老人になったばかり。昔は警官や主婦もしていました。読点しか打てない点子ちゃんなので、足跡を探すのは簡単です。よろしかったらどうぞ。
不思議2  15:23 07/15 2009
下の不思議さんは、会社経営者でしょうか。日本には、労働者なのになぜか経営側のようなことを言う人がいますよね。会社一丸でがんばれと言われても一方は1000万強、労働者側は300万から400万の年収では、がんばりる気もなくなりますよ。このようなことを言われて黙っているのは、日本人くらいのものではないですか。
一言コメント  23:48 03/13 2009
傷付いたニワトリを突つくな、との標語を掲げねばならないホンダさんですね。 F1全盛時にはファンにもなって車も買いましたが、量産車の粋を出ておらず、車好きを唸らすだけの魅力がないどころか、逆に高回転・高出力型のエンジンが実用面ではマイナスでしかなかったり、外装の塗装を始めとした耐久性やディーラーの対応も今ひとつだったりとガッカリしたメーカーでした。
不思議  12:39 03/13 2009
一般の会社の人は賃金が何時までも上がると思うから、ギリギリのローンを組むんですね、今不況ので、売り上げや利益が減ってる中で、労使協調しないと潰れてしまうのに、賃金カット云々するののは、感覚が良く分かりませんね
腕人  14:24 03/11 2009
元々基本給が低い一般社員は残業代を入れて生活設計している人が多い状態で残業ゼロと言うのは実質賃金カットのようなもので、すでにこの状態で20%から30%、いやそれ以上年収が減る人が多いと思われる。さらに賃金カットという話が出る中で、役員10%、管理職5%カットではおかしいですよね。