MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「原発推進」関電労組政治団体が“資金洗浄” 使途不明4163万円、正体不明の無届団体通じ
「関電労組政治活動委員会大阪北地区本部」など関電労組政治活動委員会と密接な関係がある21の無届団体に対し、3年間で4163万円の支出がなされた。「政策研修会費用」等とされるが、その具体的な使途はわからない(関電労組政治活動委員会2010年分政治資金収支報告書より)。

 労使協調路線で原発推進を掲げる関電労組と一体の政治団体「関電労組政治活動委員会」(岸本薫代表)をめぐり、マネーロンダリング(資金洗浄)とみられる違法で不透明な会計処理が明らかになった。「地区本部」などの名称で21個の無届政治団体をつくったうえで、「活動費」等の名目でカネを支出、過去3年で4163万円にのぼる不明金を生み出していた。政治資金規正法上、無届団体の寄附受けや支出は違法行為。なぜ21団体もの政治団体届出と収支を報告しないのか――筆者の取材に対し会計責任者は、「説明する必要はない」と述べ、語ろうとしない。強気でいられる背後には、関電監査役に天下った元検事総長の“後光”がちらつく。(無届団体に対する支出状況一覧と政治資金収支報告書は末尾よりデータダウンロード可)

【Digest】
◇「地区本部」なる21団体の正体
◇選管に政治団体の届出はなし
◇年1300~1400万円の使途不明金
◇「地域組織です」繰り返す会計責任者
◇「政治団体というより地域組織です」
◇4163万円の支出は「交付金」
◇「なぜ届け出ないのか」「説明する必要ない」
◇「これ以上お話する必要も義務もない」

◇「地区本部」なる21団体の正体

 「関電社員議員は近畿6府県に24人」(その後25人と判明)の取材で、関電労組政治活動委員会という政治団体の収支報告書を調べていた筆者は、「関労政治活動委員会…地区本部」とか「…地方委員会」などといったものに対する支出がやたら多いことに気がついた。

 たとえば、関電労組政治活動委員会の2010年分政治資金収支報告書にはこんな記載がある。

【支出】
●2010年12月1日・108万円→関電労組政治活動委員会大阪北地区本部(平成22年度職場後援会活動費)

●2010年12月3日・25万円→関電労組政治活動委員会大阪北地区本部(平成22年度友好議員懇談会費)


 関電労組政治活動委員会大阪北地区本部の所在地は大阪市北区本庄東3丁目。グーグルの地図で調べてみると、大阪北関電ビルという関電中部支店が入居している建物に行き当たった。代表者や電話番号は書かれていない。似たような団体や支出はほかにもたくさんあった。

 筆者の関心は、これらの団体に払われたカネの行方にあった。関電労組政治活動委員会から各団体に払われたカネは、最終的にどこへ行ったのか。政治家への献金か、あるいは政治資金パーティ券代か。詳細を確かめたかったのだ。

 「…北地区本部」などと書かれた団体の素性ははっきりしない。連絡先もわからなかったが、目星はついていた。

 おそらく政治団体だろう--。

 これまでの政治団体の取材経験から筆者はそうにらんだ。政治団体というのは政治資金規正法で定められた団体である。後段で詳述することになるが、都道府県選挙管理委員会や総務省に設立を届け出た上で、年に一度、政治資金収支報告書を提出しなければならない。政治とカネの関係を国民にしっかりと説明するという趣旨でつくられた仕組みである。

 大阪北地区本部などの団体が政治団体であれば、「政治資金収支報告書」が必ずある。筆者は早くそれを手に入れたかった。カネの具体的な使い道が書かれていることだろう。

 政治資金収支報告書の入手は難しい話ではない。手間さえかければ誰でもできる。ともあれ団体名を特定する必要がある。筆者はまず、関電労組政治活動委員会の収支報告書にこまごまと記載された団体の名前を書き出す作業にとりかかった。

 1時間ほどかけて調べた結果、21個の団体が出てきた。

1 関労政治活動委員会大阪北地区本部(大阪市北区)

2 関労政治活動委員会大阪南地区本部(大阪市北区)

3 関労政治活動委員会本店地区(大阪市住之江区)

4 関労政治活動委員会京都地区本部(京都市)

5 関労政治活動委員会滋賀地区本部(大津市)

6 関労政治活動委員会東海地方本部(名古屋市)

7 関労政治活動委員会奈良地区本部(奈良市)

8 関労政治活動委員会北陸地方本部(富山市)

9 関労政治活動委員会若狭地区本部(福井県美浜町)

10 関労政活委和歌山地区本部(和歌山市)

11 関労政治活動委員会姫路地区本部(姫路市)

12 関労政治活動委員会兵庫地区本部(神戸市)

13 関労政治活動委員会奈良地区推進委員会(奈良市)

14 関労政治活動委員会姫路地区推進委員会(姫路市)

15 関労政治活動委員会兵庫地区推進委員会(神戸市)

16 関労政治活動(委員会)大阪地区推進委員会(大阪市北区)

17 (関労政治活動委員会)京都地区推進委員会(京都市)

18 (関労政治活動委員会大阪南)地区推進委員会(大阪市住之江区)

19 (関労政治活動委員会)東海地区推進委員会(名古屋市)

20 (関労政治活動委員会)北陸地区推進委員会(富山市)

21 (関労政治活動委員会)本店地区推進委員会(大阪市北区)


 なお「地区推進委員会」「東海地区推進委員会」とだけ記載されたものもあった。これは、ほかの年の収支報告書の記載から「関労政治活動委員会」の表記を省略していると考えられた。よってカッコ書きで補足した。

 書き出しが終わると、次はこの21団体に対する「関西労組政治活動委員会」の支出状況を集計する仕事に取り掛かった。結果は以下のとおりである。

【関電労組政治活動委員会から21団体への支出状況】

 ●2010年=支出回数32回/計1379万円

 ●2009年=支出回数34回/計1304万円

 ●2008年=支出回数46回/計1480万円

 2008年~2010年の3年間で合計すれば、回数にして112回、金額にすると4163万円もの支出がされていることがわかった。

 このカネは何に使われたのだろうか。早く収支報告書を手に入れたいと気がはやった。

関電労組政治連盟にぶらさがる選管無届の「地域組織」21のうち、大阪北地区本部という組織が所在地にしている関電本社ビル(中央の高いビル。大阪市北区中之島)。

  

◇選管に政治団体の届出はなし
 寺院にたとえれば、「関西労組政治活動委員会」は本山で、21の団体は末寺ということになる。本山から各地の末寺へと政治資金が流れていく構図を筆者は思い浮かべた。資金供給量は年間1300万円から1400万円。支部1個あたり平均で年間65万円~70万円、月にして5万円~6万円だ。

 団体の名前を書き出す作業が終わったので、続いて、それぞれの団体がどこの都道府県選挙管理委員会に政治団体設立届をしているのかを確かめることにした。政治資金収支報告書は届出先の選管に保管されている。つまり筆者のほしいものがそこにある。

 21団体の住所は、大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福井・富山・愛知--の9つの府県である。届出状況は各選挙管理委員会が知っている。

 大阪と滋賀については電話をかけるまでもなかった。ホームページで確かめることができたからだ。大阪府選管はすべての政治資金収支報告書をPDFファイルで公開している。また滋賀県選管は収支報告書のネット公開はしていなが、政治団体名簿をまとめた表計算ファイルを公開していた。

 21団体のうち、大阪府と滋賀県を所在地とする団体は5つあった。

① 関労政治活動委員会大阪北地区本部
(大阪市北区本庄東3-9-3)

② 関労政治活動委員会本店地区
(大阪市北区中之島3-6-16)

③ 関労政治活動委員会大阪南地区本部
(大阪市住之江区浜口西3-9-5)

④ 関労政治活動委員会滋賀地区本部
(大津市におの浜4-1-50

⑤ 関労政治活動推進委員会滋賀地区本部
(同)

 これらの名前の団体が政治団体として届け出られているかどうか。大阪府選管のホームページと滋賀県選管のホームページを丹念にみた。十中八九の確率で見つかると思っていた。

 結果は意外なものだった.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



「関電労組政治活動委員会東海地方本部」の所在地を訪ねてみると、関電東海支社のあるビルにたどりついた。守衛に聞いたところ「そのような組織が入居しているとは聞いていない」と答えた。広報担当者が出てきて「折り返し連絡する」との説明をしたが、その後連絡はない。強い雨風のなか、大飯原発再稼動反対を訴える人たちの姿があった(2012年4月11日・名古屋市東区の地下鉄高岳駅付近)。
「関電労組政治活動委員会東海地方本部」があるという東海関電ビルディング。新築まもない。原発停止で大きな赤字を出している関電グループとは思えない豪勢な建物だ(名古屋市東区)。
2008年と09年分収支報告書によれば、「関電労組政治活動委員会東海地方本部」は名古屋市泉区となっている。たずねると三菱地所所有のビルで、関電東海支社などの看板があるものの空き室になってい。東海関電ビルディング竣工にともなって2月に引っ越したという。まだ家賃は払っているとビルの管理人は説明した(4月11日)。
自社ビル竣工に伴い、関電東海支社は借りていた三菱地所のビルを出た。空き室になったものの今でも家賃が払われているという。引越し荷物が残っているのだろうか(4月11日・名古屋市泉区)。

関連記事
記者コメント
本文:全約9000字のうち約6200字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「原発問題から見える日本」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
企画「その税金、無駄遣い、するな。」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 2264 続報望むポイント
21
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
hk7391  09:52 04/17 2012
庶民の生活苦が、嘘に見えるような‥この原子村共同体の解体はできないものか? まったくもって、怪しからん存在だ‥ この遅れた体質が、対外の発展と友好にも、悪影響をもたらすものだ。