MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「久夛良木さんに社長をやって貰いたかった」TV時代の部下が語るソニー失敗の原因、リストラの窮状
スマホを手にインタビューに答える40代社員。※匿名性を守るため色調を変えています。

 2014年10月22日、プレステ生みの親で、2005年までソニー副社長兼COOを務めた久夛良木健氏が、本社2F大会議室を訪れ、社員向けに講演した。別の事業所にもLIVE中継され、1千人を超える聴衆が参加。その内容はオンデマンド視聴で後日、全社配信された。「いつまでも同じものを作っている」「発想を広く持て、切り替えろ」等と現在のソニーを批判、社員にエールを送った。質疑応答で「久夛良木さん、一緒に仕事しましょう!」と社員が呼びかけると、聴衆から一斉に拍手が沸いたという。久夛良木氏がテレビ事業の本部長時代に部下だった現役社員(現在40代)も、講演を聴き、改めて「社長をやって貰いたかった」と感じたという。10年前のソニーと今のソニー、失敗の背景、そして40代リストラのリアルな窮状について、率直に語って貰った。

【Digest】
◇反対するなら、やる奴を連れてくる
◇デジタル化が進み「お山の大将」の限界に
◇判断が「遅い」のではなく、間違っている
◇部長もエコノミーで東海岸に飛びヘロヘロでプレゼン
◇「バイオに行くか、辞めてください」
◇「自分で探すか、辞めるか」の2択
◇統括課長が自殺
◇「エレクトロニクス業界のBMW」を目指さないと…

◇反対するなら、やる奴を連れてくる
 ストリンガー(前CEO)は、英語だけできる人を抜擢したり、自分の年俸が高すぎる割に早期退職で社員をクビにしたり、就任時のスピーチで「私が得意なのは調整です」などとソニーの状況を全く理解していない発言をしたり、何も社長らしいことはしなかったと思います。現場は「ヒドいね」とみんな言ってました。平井さんになってからは、そういう悪い評判は聞かなくなりました。

 久夛良木さんは、ストリンガーが得意だという「調整」とは正反対で、「反対するならいいよ、やる奴を連れてくるから」と宣言する強烈なリーダーでした。

 久夛良木さんが本部長の時代は、『ベガ』の1シリーズである「HVX」を開発しており、折り畳み式のリモコンがついた「とんがりモデル」を開発していました。私はその時代の、部下にあたります。

 100ワットのアンプをつけて、リモコンだけで原価が1千円以上もしたんです。低い帯域の音も再生する「スーパーウーハー」というスピーカーシステムもついていました。コストが高いので、赤字でした。

 当時としては最先端の、LEDバックライトを採用しており、ソニーのハイエンドブランドである「クオリア」のシリーズとして、“超とんがりモデル”として発売しました。

 これは、ものすごい画質でした。同じ赤でも、どぎつい赤が出るんです。あとで普通のTVを見ると、ぜんぶ朱色に見えてしまうほど。でも、当時は、LEDバックライトは、時期尚早でした。販売価格が100万円超になり、売れなかった。高すぎて、仕方がないから、出井会長発案の高級ブランド「クオリア」のシリーズで発売したのです。

 幕張の展示会「シーテック」で説明すると、競合のシャープやサムスンの担当者からも、「LEDバックライト、ほんとに商品化したんですか!」と感心されたのを覚えています。

 本部長(プレジデント)として、このテレビのクオリアをやったのが、久夛良木さんです。久夛良木さんは、短期的な利益は出なくてもやっちゃう。そういう人は、その後、出てきていません。

 結局、久夛良木さんは社長になれませんでしたが、その後のストリンガー、平井体制でもうまくいっていないのですから、今のソニーには、そういう突破力のある独裁的なリーダーが必要なんだと思います。

 デカい構想、ビックピクチャーを考えている人が、上層部に、少なすぎます。「少し性能をカイゼンした後継モデル」のことばかり考えている。後継機種を出し続けるだけではまずい、と現場では、誰もが感じています。

◇デジタル化が進み「お山の大将」の限界に
 ソニーは、「お山の大将」がいっぱいいる会社です。「統括部長」クラスから上にいっぱいいて、当たったり、外れたり、を繰り返して、大当たりするとSCE(プレステ)になったり。UNIXワークステーションの「NEWS」(後のバイオ)もそうです。

 社内で聞いた話ですが、異業種研修で、トヨタ2人とソニー2人のチームで議論したとき、「久夛良木さんなら〇〇と言うよね」などとソニーの人が個人名で語るので、トヨタの人に「どうして組織として決めているのに、そんなに個人名が出るのか?.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



PC事業撤退にともなう関連部門を対象とした「早期退職支援」の内容(労組資料より)

関連記事
記者コメント
本文:全約6000字のうち約4500字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい(会員ID進呈)

アクセス数 8909 続報望むポイント
9
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
  10:13 08/14 2015
海外メーカーとTV分野で技術提携するとニュースで見た時はビックリしましたよ。トップって重要ですよね。
    22:48 07/15 2015
冨山和彦氏の指摘したように会社は頭から腐っていくんですなあ。トップの人選こそもっと慎重に。もっと精密に。日本は課長になる辺りはかなり厳密に昇進試験するけど社長職になるルールが曖昧且つ甘々過ぎる。これが中韓メーカーに負け続ける遠因のひとつだろう。