MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「東進生の9割は他で勉強したほうが受かります」第一志望合格率1割の惨状、費用高いだけで指導力ナシ――担任助手が語る東進ハイスクールの教育実態
「東進ハイスクール担任助手」の名札を手に現場の実情を証言するCさん。「東進を選ぶ人は、特に親が何も考えていない人が多いです」

 東大特進コースに授業料タダで在籍させ、東大だけでなく国立早慶全般の合格者数も“無料”分で水増ししている東進グループ運営のナガセ。2017年も東大現役753人などと、前年比増の数字をPRする。だが、たとえば授業料タダで形式的に在籍する灘や開成の生徒は早慶にも4~5個は受かるので、数字上は合格者数が早慶でのべ5千人以上に膨らむものの、実質的な名義貸しで授業料も払わない幽霊在籍者が多く含まれ、取材に対してナガセは一切、内訳を開示しない。そこで独自に東進ハイスクールの現場を取材すると、第一志望合格者はせいぜい1割で、9割がたの生徒は、高い授業料を払って、そのお金が、大半を特待生が占める東大特進コースの運営資金に回される一方、指導力不足から通常校舎ではぜんぜん受からない、という歪んだ構造が見えてきた。受験生時代から4年にわたって東進に通い、現在は有名大の1つに在学中の、東進ハイスクール担任助手Cさんに実態を聞いた。

【Digest】
◇すべて虚飾まみれなビジネスモデル
◇実態は「当たり外れが大きすぎる個別指導塾」
◇「マナビス」「スタディサプリ」「Try IT」で十分
◇伸びるのは、自学自習のとき――映像授業だけじゃ受からない
◇映像授業を知らない親世代――何も考えてない人ほど東進を選ぶ
◇「東進は縮小するか、潰れると思う」
◇「9割は、もっと他へ行ったほうが伸びる」
◇取材拒否のナガセ

 たとえば、「東進生」が10人いたとする。1人は東大特進コースの開成君、残りは東進ハイスクールと東進衛星予備校(FC)に在籍する人たち。開成君は普段は駿台予備校で実力を伸ばし、特進コースはタダだから冷やかしで芸能人・林修の授業だけ申し込み、1回だけ物見遊山で出席、東大早慶含め5つ全て受かった。残りの、ちゃんと授業料を年70万円払った9人も5つずつ受けたが全敗。この場合、東進生の合格実績は、生徒10人に対して東大1、早慶4と表示されるが、実際に受かったのは形式的に在籍した“幽霊”の開成君だけで、彼も東進の授業で実力を伸ばしたわけではない――。極端に言えば、これまでの取材で見えてきたのは、こんな姿だ。

 正確なところは、質問状に対して、ナガセが取材拒否で内訳を開示しないため、わからない。そこで真実に迫るため、もっとも現場の本当の姿を知る複数の担任助手(学生スタッフ)の取材を行ったところ、やはりそれに近い実態が見えてきた。

 東進の「本当の実績」については、前回、「予備校選びで、東進はやめたほうがいいです」でAさんの証言を報告している。Aさんが勤務する東進ハイスクール校舎(小規模校)の第一志望合格実績(2016年春)は、現役生全体の1割未満、むしろ5%に近いものだった。具体的な人数や合格した大学・学部名まで全て聞いているが、特定されるため書けない。その合格実績たるや惨憺たるものだった。

 その後も、続々と実情を伝える声は届いている。今回は、全国の「東進ハイスクール」直営94校のなかでも合格実績がトップグループに入るという東進ハイスクール校舎(中規模校)で3年間にわたって生徒の指導にあたっている現役の担任助手Cさんに、じっくり話を聞いた。つまり、これが東進の(東大特進を除く)通常校舎の実力を理解する上で、上限に近い、ということだ。

Cさんの担任助手としての給与支給明細書
 「昨年、各自の志望校と合格実績はエクセルでまとめ、本部に送りました。東大合格者は、ゼロ。第一志望合格率でいうと、受かった生徒の実数は1ケタ(10人未満)で、比率でいうと、現役の受験生全体に対して約1割。

 ただこれも、『第一志望群』という考え方で、たとえば早稲田の政経学部が第一志望だったら、文学部でも早稲田に受かれば第一志望群合格とみなす社内ルールなので、本当の学部単位の第一志望となると、もっと低い。これでも、全国で最も合格実績のよい校舎のグループに入っています。つまり、ほかの大半の校舎は、もっと受かりません」(Cさん)

 やはり、実数でいえば、せいぜい1割、うまくいって1割強、というのが実態なのだ。「受かる人は1人で3つ4つ受かりますから、のべ出願数に対する合格数の比率でいうと、もう少し高くなります」(Cさん)。これは数字のマジック。重要なのは、のべ数ではなく絶対数、それも第一志望合格者の頭数のほうである。滑り止めにいくら受かっても嬉しいものではない。年間で70万円~100万円も払って9割超の人が志望大学に行けないのなら、あまりに費用対効果が悪い。

◇すべて虚飾まみれなビジネスモデル
 なぜこの程度の実績で予備校事業が成り立っているのかというと、ナガセが、莫大な広告宣伝費(2016年3月期で46億5千万円=社員の給料総額の2.7倍にもなる)を使って、あたかも実績があるように見せかけて集客しているからだ。

都合よく毎年少しずつ増えている時点で、嘘を疑うリテラシーが必要だ
 「東大特進コース」は、特待生ばかりなので、ほとんど売上にはつながらない。完全赤字の、いわゆるコストセンターである。ここに、模試の成績がそこそこよかったり、有名進学校で校内順位が高く受かりそうな生徒をかき集め、「授業料タダでライブ授業などを受けられる代わりに氏名を新聞広告で使う」といった条件で在籍させる。すると、4つも5つも受かるため、東大合格753人、早慶にいたっては数千人、といった巨大な数字が出来上がる。

 それを、あたかも東進ハイスクールや東進衛星予備校といった通常校舎で高い授業料を払って勉強した人が受かったかのように「優良誤認」させる広告を打つことで集客し、全国に約1000校舎もある東進ハイスクールと東進衛星予備校の定員を埋め、荒稼ぎしている。こちらがプロフィットセンターだ。

 どこでどれだけ受かったのかについてはナガセに質問しているが、決して内訳を明かさない。開示したらカラクリがばれて、生徒が集まらなくなるほど、ボロボロな実態があるからだろう。

 「東進ハイスクールの校舎には、特待生はいません。生徒の親が銀行員だと2割引きになるという謎の値引き特典を使っている人は数人知っていますが、少なくとも僕がいる校舎では、それ以外の生徒は全員、通常料金を払っています」(Cさん)

 この銀行員特典は、ナガセが資金繰りに苦しみ銀行に助けられた過去に関係していると思われる。取締役クラスにも銀行から2人を受け入れ(衛星事業本部長の加藤伸、総務本部長の内海昌男)、ナガセ社員も迷惑するくらい教育現場を知らないのに、年俸3~4千万円を支出するという怯えようだ。東進の高い授業料は、こういった銀行出身者の人件費にも消えていくのだからバカげている。

みずほ銀行出身の取締役が2人もいるナガセの異様な組織体制
 実際には、直営の東進ハイスクールでさえも東大合格者ゼロの校舎が多数あり、他の大学も含めたトータルでも第一志望に受かる生徒など1割程度に過ぎないことは、AさんやCさんの校舎に限らず、『「東大の東進」なのに、校舎には東大合格者がめったにいない?』でも報じた通り。

 授業の内容も、通常校舎では、特進コースで受けられるようなライブ授業は受けられず、使いまわしのビデオ授業だけだ。撮り溜めた映像なので、情報が古いものや、既に辞めた講師によるものまである。映像授業はコストが一定なので、使いまわせば使いまわすほど、会社は儲かる。

 これが、東進のビジネスモデルである。カネ儲け主義という点からはよくできているが、教育機関としては誠実さのかけらもないことがわかるだろう。全国に計約1千校ある東進校舎のうち、東大特進コースは、お茶の水や渋谷など数カ所だけ。その、全体の1%にも満たない特殊なコース専門の校舎から生み出される数字を、「東進生」という統合された名称を創作し、あたかも東進全体に共通した教育成果であるかのように吹聴し、広告宣伝している。

 しかも、その合格したという数字さえ、特進コースは短期講座が中心なので、東進の教育成果によるものだけとは到底、言いがたい。さらには、授業料すら払っていない人が大半を占める。すべてが、虚飾まみれなのだ。

◇実態は「当たり外れが大きすぎる個別指導塾」
 通常の校舎にいる東進生は、なぜ、そこまで受からないのか。9割もの生徒が受からないのは、どうしてなのか?Cさんによれば、最大の理由は、指導力不足だという。

 「東進で受かる子が少ないのは、指導力のバラつきが大きすぎるからです。勉強させることができない。モチベートできない。アドバイスが適格でない。だから、特定のダメなスタッフが担当になると、かなりの高い確率で落ちてしまいます」

 東進の学習法は、まず、生徒1人に対して、「担任」と「担任助手」が1人ずつ着く。「担任」は、校舎長(ナガセの正社員)と大学生スタッフ(上級生数人)のいずれかで、月1で生徒と面談をして、全体のカリキュラムを作ったり、修正したりする。

 月1の面談くらいで成績が伸びるのなら、苦労はない。そこで、担当の「担任助手」(全員が大学生バイト)が毎週、グループミーティングを行う。1回30分ほど、担任助手1人が、生徒4~6人を集めて、進捗状況を確認したり、アドバイスを行う。これが、東進のスタンダードなやり方だ。だが現場としては、これでは全然ダメなのだという。

 「現場の実態としては、この週1のグループ面談だけでなく、個別面談しなきゃならない生徒もたくさんいて、1:1でやります。週2、週3と、もっと指導を重ねますし、勉強の内容まで踏み込んで教えます。スタッフ1人が20~30人も担当する時期は、校舎に週4~5日出勤して忙しくなります。確かに、自分が力を入れて結果が出ると、やりがいはあります」

 これでは、個別指導塾と同じだ。問題は、そのような熱心で有能なスタッフばかりではなく、Cさんのような丁寧な指導をするほうがむしろレアケース、ということだ。

 「東進には、理想的なカリキュラム(①高2の3月までに主要科目を完成させる、英語だけは受かる状態にする、②高3の8月までにセンター試験の合格ラインを超える…、といったもの)はあるのですが、その通りに進められる生徒は、ほとんどいません。大半の生徒は、スケジュールから外れちゃう。だから、『もうズレてるんで、個別にカリキュラム作っていきます』と親御さんにも言います。そこからは、個別指導塾と同じになっているのが実態です」

 個別指導なので、この担任助手(大学生バイト)の力量次第、ということになる。東進共通の指導ノウハウや、生徒とのマッチングがうまくいけばよいが、会社による研修(全体研修が年に2回、ブロック研修は不定期で、年0~2回、校舎研修が月1回)で教えられるのは、主に「どうやって入塾させるか」といった営業ノウハウが中心。月1の校舎研修は校舎長によって変わるが、やはり生徒指導のノウハウではなくマインド面が中心だという。

 「担任助手(大学生バイト)向けの、どうやって生徒を指導したらよいのか、という指導研修は、存在しないのです。すべて、個別校舎と学生スタッフ個人に、やり方が任されている。その結果、たとえばマーチ合格者の多くが特定の担当者から出たりと、ものすごく偏ります。その担任助手の個人の能力だからです」

 東進は、親と子と塾との3者面談まで、この学生バイト(担任助手)にやらせる。

 「私自身、3者面談は、200回近くやっています。そこでは、個人的な分析を披露するだけで、会社からは何もありません。教育理念からずれないように、という程度で、ナガセから具体的な指導法の伝授は、一切ないんです。だから、担当するバイトによって、言うことが変わります。保護者会は社員が担当しますが、それ以外の生徒への指導は、ほぼ大学生バイトが個人の資質でやっていると考えてよいです」

 このような、運次第、行き当たりばったりで当たり外れの大きい学習塾に、年70万~100万円も払うのは、確かに理不尽だ。

◇「マナビス」「スタディサプリ」「Try IT」で十分
 一方で、自慢の映像授業のコンテンツのほうは、クオリティーが安定しているはずではなかったのか。

 「実は、映像授業は、みんなが思っているほど、授業の質に差はないんです。並行して河合塾『マナビス』を受けている人からも話を聞いていますが、内容はほとんど同じ、と生徒ですら言います。マナビスだって、コンテンツのラインナップは東進と同じくらいあるんです。

 どこで差が出るのかというと、マッチングです。たとえば林修先生は、東大の国語では確かに有名ですが、それだけ。東大以外の大学を目指している人には最適な授業とは言えませんし、各大学の各教科に有名講師が揃っているわけでもありません。

上から「マナビス」「TryIT」「スタディサプリ」。いずれもIT技術による個別最適指導をうたっており、東進のグループ指導が非効率で時代遅れとなりつつあることがわかる。
 東進の校舎に在籍する人のほとんどは東大を目指していないので、林さんの知名度に影響を受けて東進の門を叩くのは、間違っているわけです。自分の目的に合っているかが重要で、その点では、ほとんどの人にとっては、『マナビス』『スタディサプリ』『トライイット』など別の映像コンテンツのほうが、ターゲット層が東大のようにトップエンド層ではないし、費用もはるかにリーズナブルで安いし、ラインナップも充実していて、効果的と言えます。

 しかも、東大向けについてさえ、日本史の野島先生と地理の村瀬先生が1年前に抜けてしまい、東進としては、かなり痛いです。東大向けコンテンツも、これから質が落ちていきます。模試の解説など、新しいコンテンツはもうありません」

 映像授業は、「マナビス」「スタディサプリ」と「Try IT」といった映像授業で十分とすると、東進は無駄に高いだけ、ということになる。

◇伸びるのは、自学自習のとき――映像授業だけじゃ受からない
 となると、もし自身に子供がいたら、どういう選択を奨めるのか?

 「僕が親の立場だったら、マナビスやスタディサプリに加えて、質の高そうな家庭教師を週1~2でつけて、進捗管理をさせます。家庭教師のトライは、科目別に選べますし、東進のような素人の大学生集団ではないため、悪くないと思います。

 映像授業(マッチングされた最適なもの)+個別指導者(進捗管理役の家庭教師)。この組み合わせが最も効果的な学習法だと感じています。業界全体で、映像授業の質がどんどん上がって、価格は急速に安くなっているので、あとは、指導力がある人がつけばいいんです。

 なぜ適切な進捗管理ができる人が必要なのかというと、「実際に成績が伸びるのは、自学自習のとき」だからです。映像授業を受ければ受かるようになる、と勘違いしている人が多いのですが、そんなことは絶対にありません。

 『東進の映像授業はわかりやすいから学力が伸びる』というのは間違いで、あれは先生を信仰しているだけです。映像授業を受けても、実際にその内容をマスターするのは3~4か月後、という人が多いのが現実です。反復学習をするなかで、自分のものになります。映像授業を受ければ問題を解けて受かる、ということはないんです。だから、授業そのものより、むしろ、その後の反復勉強が重要で、それを指導できる人が必要なんです。

 復習や、勉強の仕方に問題があって伸びない人が多いのですが、そのあたりは、なかなか一律でノウハウにしきれないところでしょう。費用は高いのに、映像授業はともかくとして、そういった『勉強の仕方』のほうで、重要なノウハウを提供できていないのが今の東進です」

◇映像授業を知らない親世代――何も考えてない人ほど東進を選ぶ
 つまり、現在は、“映像授業世代”へ移行する過渡期、ということだ。

 「今まで映像授業に触れてこなかった人ほど、映像授業を過大評価し、勘違いしてしまいます。教育コンテンツそのものは、内容はどこもそんなに変わらないレベルになっているのですが、今の親世代は映像授業を受けたことがない世代だから、そこが理解できず、東進に騙されているんです。

 本来は、親がもっと考えて、子供に本当に役立つ勉強法について教えるべきなんですが、東進を選んでしまう親は、教育について何も考えていない人が多い。多くの親と接していて、そう感じます。

 自分が受験生のときは東進に通って有名大に受かりましたが、担任助手の人には、全くお世話になりませんでした。担任助手は大学1年生が一番多いので、指導経験もないし、ほとんどがハズレなんです。東進のスタッフは指導力がないので、おススメできません」

 ようは、映像授業+指導力、という総合力において、東進の優位性はもはや薄れており、生徒にとってメリットはないが、お金を出す親世代が映像授業未経験の世代で理解できないから、東進が儲けられている、ということだ。

◇「東進は縮小するか、潰れると思う」
 ここ数年の映像コンテンツの進歩は速い。受験生時代から4年にわたって日々、現場に接してきたCさんから見て、これからの東進は、どのような末路を辿ると見ているのか。

 「東進は、遠からず、縮小するか、潰れると思います。映像授業を経験し、実態を知っている人の世代が親になり、高校生の子供を持つようになったら、今の高い価格帯は抵抗感があり、東進にお金を払わなくなるからです。他社の映像授業のレベルも知れわたり、東進は年70万~100万円もとれなくなります。

 東進の、映像授業方式による先行者利益がなくなりつつあるのが、現在の状況です。今の受験生の親は、まだ映像授業未経験の世代なので、塾任せの人が多くて、子供がやりたいと言うと、お金を払ってしまいます。私は、親が『こんなに払って大丈夫なの?』と子供に言うような場面も見てきました。

 営業のクロージングは子供なので、我々は、子供に『やりたい』と言わせます。子供に言われると、何も知らない親ほど、人情として、払っちゃうんです。迷っていたら、『今の点数からでも大学に受かるから、今すぐ始めましょう』と言えばOK。子供に言われたら、知識がない親は、反論が難しい。ナガセは、その心情につけ込んでいるんです。

 東進は、映像授業の先行者利益を守るため、スター講師を活用していますが、限界が来つつあります。そこに依存しすぎで、スターを引き連れていないと、何もできない。今でも、実際には、林修の講座なんてとらない人がほとんどなのに、そのイメージに騙されて入塾してくる。そのスター講師も、日本史の野島先生、地理の村瀬先生、化学の鎌田先生をはじめ、続々と流出が始まっています。

 いま、『スタディサプリ』や『トライ』が伸びてきていて、ベネッセやナガセが食われているのも、そのイメージが虚像であることに気づき始め、東進の指導力のなさがバレてきているからでしょう。たとえば『Try IT』なら5千講座以上あって、家庭教師を契約していればゼロ円で受講できますから、費用面でメリットは大きいです」

◇「9割は、もっと他へ行ったほうが伸びる」
 「自分が東進に通っていたときは年50~60万くらいでしたが、様々な映像授業が出てきた今、明らかに高すぎると感じています。私自身、「高いな、いらないのにな」と思いながら、仕事なので、葛藤を感じつつ、生徒や親に講座を提案しているんです。私が親なら、絶対に断ります。.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
本文:全約10000字のうち約2700字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい(会員ID進呈)

アクセス数 6422 続報望むポイント
6
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
  23:18 04/02 2017
伸びるのは、自学自習のとき・・その通りなんだよなあ。吉野敬介氏が「だからお前は落ちるんだ、やれ!」の中でも予備校の授業を床屋感覚で受けている間は成績は伸びないと。録画授業だろうと生の授業だろうと漫然と受けるだけでは全くダメなのは今も昔も同じということか。だいたい用語、単語を覚えるなどの基礎積み重ねは個人の努力次第やもんね。