MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
スタッフが怒りの内部告発!Z会「増田塾」が制作費負担の見返りで『予備校図鑑』ランキング首位に不正操作
告発に踏み切った制作スタッフのAさん。製作費の未払いに加え、間違った情報で受験生を苦しめたくなかったという。

 特定の意図を排した“ホンネの予備校ランキング”をうたい、2015年から3年連続で発売されている書籍『予備校図鑑』(コスモス社)で、ランキングの不正操作が行われていることがわかった。制作スタッフAさんによると、通信教育「Z会」で知られる増進会出版社の100%子会社で「増田塾」を運営する株式会社MY FRONTIERが、制作費を全面的に負担。その見返りとして、増田塾が「文系私大ランキング」の首位となることが予め決まっていた。また、版元であるコスモス社は出版コードを貸与しただけで、企画と制作を取り仕切っていたのは「とりい書房」という小規模出版社だという。書籍が丸ごと広告のようなものだが、Amazonのレビューには「広告がついていない、ということで中立性があると思い、購入しました」との感想もある。スタッフのAさんに、消費者を騙す手口と、ずさんな製作過程の全貌を聞いた。

【Digest】
◇「ホンネの予備校ランキング」のずさんな実態
◇増田塾長がメールでランキングを指示
◇版元は出版コード貸与を認める

◇「ホンネの予備校ランキング」のずさんな実態
 コスモスという出版社から発売されている『予備校図鑑』という本がある。2015年度版から2017年度版に至るまで三冊が出版され、最新版は昨年12月の発売だ。いわば「予備校選びのガイド本」的な内容で、「私立文系」「医歯薬系」など、志望校別のランキングが掲載されている。

『サンデー毎日』連載でも紹介された増田裕介塾長。
 記者の手元にある2015年度版の表紙には「ホンネの予備校ランキング」というキャッチコピーと共に、「テレビや広告にまどわされない予備校の実像がセキララに」とある。

 なるほど、ランキングビジネスというのは、「広告費を払えば優遇する」というのが、往往にしてまかり通る業界であり、その風潮に反旗を翻し、あくまで受験生目線に立った「ホンネのランキング」にこだわるというのは、見上げたものだ――。

 一見、そんな志の高い書籍に見えてしまうのだが、驚くべきことに、実際に本書の制作に関わった編集プロダクションのスタッフ・Aさんは「表紙に書いてあることは、ぜんぶ嘘っぱちですよ」と喝破する。

自社サイトの「メディア実績」で「私立文系BEST20で1位と掲載されました」と誇らしげにお知らせしているが、実はただの自作自演である。
 「“広告に惑わされない”どころか、この本自体が”広告そのもの”なのです。増田塾という受験塾がありますが、そこのオーナーが制作費をすべて負担して制作されたのが、この『予備校図鑑』です。試しに、私大文系のランキングを見てみてください。どの年度も、1位に輝いているのは、増田塾ですから(笑)」

 増田塾といえば、難関私大文系に特化した受験予備校で、全国に41校舎を展開。塾長の増田裕介氏が代表取締役を勤める、MY FRONTIERという株式会社が運営している。

 同社は2017年6月30日付で、Z会を運営する増進会出版社の子会社となっている。増田氏としては、不正をしてでも生徒をかき集めて業績にゲタを履かせ、増進会出版社に自社株を高値で売り抜けたかったのかもしれない。教育事業者として、特に踏み込んではいけない「生徒を騙して入会させよう」という禁じ手に打って出ていた。

◇増田塾長がメールでランキングを指示
増田塾長のランキング指示メールを、とりい書房の大西氏が転送。大手予備校を凌いで増田塾が1位になるよう指示。
 「公正中立」を標榜しながらも、丸ごと広告という“トンデモ本”は、どのような経緯で出版されるに至ったのか。前出の制作スタッフ・Aさんは、「出版不況で窮地に立たされた小規模出版社の社長の“暴走”とでもいいましょうか…」と前置きし、実情を語る.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



堂々の1位に輝く増田塾。だが、そのランキングはでたらめ
「特定の意図を持たず」と記されているが、実態は特定の予備校への入学を不正に誘導するような、丸ごと広告本だった(『予備校図鑑』より)
Amazonには「広告がないので買った」というレビューまでついている
説明責任を果たせないなら、こうした都合のよい合格実績の情報についても、同様に操作していると疑われても仕方がない

関連記事
記者コメント
本文:全約3500字のうち約2400字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 3209 続報望むポイント
9
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
   01:03 08/10 2017
予備校を選ぶとき、何を参考にすればいいんかな?駿台なんちゃらも東大合格者数を多く言ってる先生いたし。。。
  23:24 08/08 2017
受け身で勉強しているだけ、言われるから勉強するだけの中学生、高校生ではZ会、増田塾やスタンダード、東進のような悪質な業者に喰い物にされるだけだ。まあ、ここまでの自作自演が出来たものだ。
Twitter  17:20 08/07 2017
今年1月の時点で「予備校図鑑は増田塾のための本。今年は買うのやめとく」というツイートがあります。薄々勘づいていたんでしょうね。
   16:21 08/07 2017
個別指導塾スタンダードといい、教育業界の闇がどんどん暴かれていくw