MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
ケアマネと警備員の仕事はどう変わるのか――AI時代に食える仕事食えない仕事
インタビュイーの介護支援専門員証

 介護が必要な人と、介護サービスを提供する事業所(ヘルパーや介護福祉士が所属)をつなぎ、調整役となって介護計画を作成・管理するのが、ケアマネージャー(介護支援専門員)だ。少子高齢化で働き手不足が続く見通しで、原則として現場の介護実務は行わないため、60代以降、死ぬまでできる仕事としても有望である。1998年から制度がはじまり、2019年までに、約70万人が資格を取得した。高齢化でニーズは高まる一方なので、今後数十年、くいっぱぐれる心配はなさそうである。

【Digest】
◇利用者、サービス提供者、行政の仲介的な調整役
◇プランニングとモニタリングで7~8割
◇対面で不安解消する人間業務
◇センサー技術の発達で省力化進む警備
◇現金輸送警備はキャッシュレス化で消滅へ
◇アナログ人海戦術が放置される交通警備

■ケアマネ
◇利用者、サービス提供者、行政の仲介的な調整役
 定年後から業界入りする人もいるが、ケアマネの資格を取得するには、介護の実務を5年以上経験してから資格試験に合格する必要があり、介護福祉士になるにも3年はかかるため、8年強はかかることになる。それだけ時間をかけても、介護保険料が原資で「1人あたり担当40人まで」など上限規制もあるため、ベテランでも年収300~400万円が相場。はじめるなら、遅くとも50歳前後には決断したい。

 仕事場は、在宅のまま介護を受けたい利用者を支援する「居宅ケアマネ」(居宅介護支援事業所等に雇用される)と、老人ホームなどの施設入居者を支援する「施設ケアマネ」に分かれる。

 その業務内容は、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



本稿は『週刊東洋経済』2019年4月8日発売号に掲載された『AI時代に食える仕事食えない仕事』P34(ケアマネージャー)の原文です
『警備業の概況』(警察庁)によると、警備員数は直近8年、55万人前後で、ほぼ横ばい
本稿は『週刊東洋経済』2019年4月8日発売号に掲載された『AI時代に食える仕事食えない仕事』P34(警備員)の原文です

関連記事
記者コメント
本文:全約5200字のうち約4700字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい

アクセス数 1037 続報望むポイント
3
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
白玉斎老人  06:43 07/08 2019
業績不振業種をリストラされたり、事業が行き詰まり転業を余儀なくされたりした人たちが多い。サービス残業が横行し、労基署の目が届くスーパーなどに比べ、実質時給は低い。福祉で起業・稼働したいなら、介護ではなく看護師が良い。どの施設も営業の際には「看護師常駐」をウリにする。2~3年通学すれば簡単なテストで資格を取られる。利用者の血圧測定だけで、汚物処理をしている介護福祉士の5割増しの給与をもらえる。