MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
労働組合の功罪 -NTTドコモ-
 一見華やかな携帯電話という業界に属しているNTTドコモ。しかし、やはりNTTグループであることには違いない。NTTグループの風土醸成には、労働組合も一役買っている。

 厚生労働省の「平成15年労働組合基礎調査」によれば、労働組合の組織率はついに20%を割り込んだ。戦後の一時期に50%を超える組織率であったことを考えると、大幅に減少していることがわかる。

 だが、ある企業において組織されている労働組合が解散するということは極めて稀である。したがって、組合員数に比べて組織数の減少幅はそれほど大きいものではない。主に製造業を中心とする大手企業の組織率は依然として高い。また、就職人気ランキング上位に位置する多くの企業では、労働組合が組織されている。

 就職(もしくは転職)を考えている多くの人は、就職先(もしくは転職先)に労働組合があるのかどうか気にする人は恐らくほとんどいないであろう。実際に労働組合が組織された企業で働いていても、その存在を気にすることはそれほどないこともある。しかし、一言で「労働組合」といってもその影響力は千差万別である。社員の親睦会に限りなく近く、ほとんど存在感のない労働組合もある。一方で、主に旧国営企業や公益企業などでは、労働組合の影響力が強く、働く立場からもその存在を無視できない場合も多い。

  NTTドコモは、技術進歩や価格・サービス競争が激しく、一見華やかな携帯電話という業界に属している。しかし、電電公社時代からの体質も強く残しており、間違いなく労働組合の影響力が強い企業でもある。ある意味不思議な企業と言える。

 NTTドコモの労働組合は、NTT労働組合の一部である「NTT労働組合ドコモ本部」として位置付けられている。当然のことながらNTTグループの一員である。

 ノー残業デーに労働組合の役員が見回りに来て、残業している人がいると早く帰るように促したり、残業する時にはその都度労働組合が事実上の承認を行うというのは、まさにNTTグループに見られる独特な習慣である。残業管理をきちんとしているという点で評価することもできるが、電電公社時代の「時間当たりいくら」という昔ながらの考え方に則っていると言えなくもない。どうしてもやらなければならない仕事であれば、家に持ち帰ってでもやらなければならないのだから。

 一方、報酬面についてもNTTグループの一員であることが色濃く出ている。言うまでもなくNTTドコモは、グループの稼ぎ頭である。しかし、人事制度についてはグループ各社ともにある程度共通であることが求められており、賞与についても別会社となって以降横並びの時期が続いてきた。ようやく3年前からグループ内の企業ごとに賞与水準に差がつくようになった。今春闘ではNTT主要8社のうち、NTTドコモとNTTデータを除く6社は4.5ヶ月であるのに対して、NTTドコモは5.48ヶ月プラス業績反映分で妥結した。

 この結果を受けて、「いや、もっともらえるはずだ」と捉えるか、「ようやくNTTグループから独立してきた」と捉えるかは人それぞれである。しかしNTTグループの各社の支給月数を基準として、多すぎる、いや少なすぎるといった議論は当面続けられることになるだろう。

 見た目よりも意外に伝統的で労働組合の影響力の強い企業。NTTドコモの体質は、よくも悪くもNTTグループから逃れられないと言える。

関連記事
記者コメント
アクセス数 40449 続報望むポイント
1812
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
KLM  23:45 01/24 2013
確かにこの会社は普通ではないようです。私の友人が就職しましたが、数年で人間が変わってしまいすっかり傲慢になってしまいました。以前は年2回の賞与に加え、特別ボーナスが支給されていたと聞いています。ほとんど公務員感覚みたいですね。
豊年満作  23:02 05/11 2008
トヨタでもNTTドコモでもそうだし、大企業では多いのかもしれないが、残業の承認なんて組合がするべきではない。残業の法的命令権限はあくまでも経営者にある。組合が承認するということは、結局その組合は企業の下請けだと言うことを示している。組合員は給料削って、労務管理され、企業は組合に押し付けて労務管理の費用を削減しているだけだ。
????  13:37 10/21 2006
記事内容で主張しようとしている事は理解できますが、伝統的に労働組合が社内で強固である事と携帯業界が華やかだという広告イメージとが相反するのは当然という主張は理解しにくい論理です。単に元公社であったために失業者が溢れている現在でも経営基盤が強く労働組合が衰えていないという事が主張したい事なのか、それとも企業の広告イメージと現実社内体質のギャップが言いたいことなのか。
ぬるぽ  15:34 04/06 2006
サービス向上に期待というが、いったいどんなサービスをして欲しいんだろうか?聞いてみるとみんな何も言わない。言えない。

ましてや使い切れてないサービスも多い。それを安い高いと感じるのは個人次第。無意味な価格競争と思うのはナンセンス。実際はもっと安くできるのに高いのもナンセンス。
結局もっと価格競争が起きてさらに安くなるでしょうね。
ドコモ嫌い  09:50 02/22 2006
偉そうな社員がとにかく多い。にもかかわらず規模だけで高待遇を得ているのが非常に腹立たしい。
孫さんの参入で少しは目を覚ましてくれることを祈るのみ
ドコモ嫌い  22:43 10/27 2004
よくもわるくもソフトバンクの参入は歓迎。
ドコモの独壇場を終わらせて欲しい。
携帯いらない  09:04 09/17 2004
消費者ってそんなに偉いんですかねえ?
という規範意識にあと
7~8年で変わると思う。