MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
日本IBM 仕組みが育てる管理職 THE OTHER IBM(生活)
Aa 超優良企業
(仕事5.0、生活4.7、対価4.2)

 成果主義を徹底すると個人の生活が犠牲になりがちだが、IBMは「Work-Lifeバランス」を実現する様々な仕掛けで、かなり高い水準で両立させている珍しい会社だ。たとえば富士通は完全に生活犠牲型であり、逆にNECは生活重視だが成果主義が弱い。

【Digest】
◇機能する360度評価
◇部下からの評価が「オール1」
◇休日を確実にとらせる仕掛け
◇裁量労働制を違法に運用
◇会長の息子もIBMer
◇フレックスな働き方でlifeとのバランスを模索
◇宣伝塔としての内永専務
◇「富士通だったらやるんだろうな」
◇嫌煙権の徹底保護
◇あるIBMerの1日


◇機能する360度評価
 生活防衛上、IBMで特筆すべきは、中間管理職の暴走を止める仕組みとして機能する「Business Effectiveness Survey」であろう。360度評価を導入しても機能していないケースがほとんどであるなか、IBMは数少ない成功例といえる。

 昨年の、ある営業系SE部隊での話だ。その所属長(1stライン長)は、上には弱いが、下に対してはめっぽう強い、という体育会系のタイプだった。年度方針がAP(Asia Pacific)から降りてきて、事業部長を経てライン長に降りてきた。そのなかに、「カスタマー・フェイスタイム(顧客に会う時間)を週8時間持て」というものがあった。

 顧客に会う時間は通常、1日1時間なので8回になる。しかし、実際の業務内容を考えると、顧客ごとにデモの準備や事前資料作成の時間がかかり、担当地域の広さと移動時間を計算すれば、物理的に無理な数字であることは明らか。しかしライン長は、上(2ndライン長以上)と交渉せず、現場からは当然、不満の声があがった。

 しかし、精神論でノルマをこなすことを部下に押し付けてくる。SEの経験がなく、SEならではの仕事の進め方を説明しても、無理だということを理解できない人物だった。年功序列、男尊女卑、上ばかり見ていて下のことを考えない、という猪突猛進の戦後日本型企業ならどこにでもいる中間管理職。

 日本IBMは、グローバル規定に基づき「Business Effectiveness Survey」を運用している。これは「会社や各職場のビジネスが効果的に運営されているか、組織が健全に機能しているかということについて、社員の声を聞いて問題を発見し改善する」のが目的で、日本では1967年より運用。米IBMでは1950年からという歴史がある。全ライン長・全社員が対象だ。

 これは要するに、部下が自分のライン長を評価する仕組み。ワード文書をイントラからダウンロードし、項目に沿って、上司を評価していく。チームワークや上司のリーダーシップ、ワーク/ライフバランスなどについて約60の質問に答え、フリーコメントも書ける。「上司は話を聞いてくれるか?」「改善してもらいたいことは?」「理由はどうしてか?」といったものがずらりと並び、5段階評価を下す。A4サイズで3枚くらいの分量だ。PCで回答を入力し、プリントアウトして人事部門に社内便で送る。イントラやノーツ経由ではないため、匿名性は完全に守られる。

◇部下からの評価が「オール1」
 しかも、その結果は、事業部ごとに全ライン長の平均点が公表され、ライン長は、部下に対して、自分の評価結果を公開したうえで、ミーティングを開かなければならない。そのミーティングは、評価が低ければ、反省会の様相を呈す。

 そのライン長は、「オール1」だった。部下全員がダメ出し。ミーティングでは深く反省し、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



カルチャー
評価詳細

関連記事
記者コメント
本文:全約9,200字のうち約8,000字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
この記事に関連する情報提供はこちらまでお願いします。info@mynewsjapan.com
アクセス数 68113 続報望むポイント
1623
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
うーん  08:00 07/29 2013
この記事を出した時点では超優良企業だったのですかね?
応援会員X  21:39 05/25 2012
Wikipedia情報では売り上げ半減してとうとう外人社長が派遣されたし、かつて常に就活ランンキングの上位に位置していたのが顔を見せなくなったままだし、普通の大手IT企業になってしまった。(どうも日本だけ) この原因探求もお願いしたいです。
外国人社長に  10:53 03/31 2012
会員
日本IBMは2012年3月30日、橋本孝之社長(57)が会長に就任し、後任社長にIBM米国本社の副社長、マーティン・イェッター氏(52)が就任するトップ人事を発表した。5月15日付。同社は外資系でありながら「日本化路線」を推し進め、歴代トップは日本人が占めてきた。外国人社長は49年から56年まで社長を務めたチャールズ・ベッカー氏以来2人目。業績が振るわないため、テコ入れ人事を行う。
超  07:05 09/09 2009
4年前に続き、またまた退職金制度改悪の社員承諾を、所属長の目の前で署名させ集める会社だ。これじゃ社員個人の意思表示が機能するはずないよなあ。正直署名したくなかったんだけど・・・待遇は悪くなる一方です。
引用  20:15 12/20 2008
2008(平成20)年12月05日(金) しんぶん赤旗
引用元は  20:14 12/20 2008
2008(平成20)年12月03日(水) 朝日新聞
引用元は  20:14 12/20 2008
しんぶん赤旗