MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
サラリーマンという絶望的な働き方 〔就職・転職〕学生向け講演(上)
業績、配当、年間給与の推移(有価証券報告書より)

 就職活動において、学生は11月~来年にかけて、人事部採用担当など、企業側の人の話を聞く機会が増える。企業は当然、自分らに都合の悪いことは言わない。売り手市場の昨今は特に、頭数をそろえるため、学生をだましてでも囲い込もうとする。なかでも企業側が絶対に教えない情報の1つが、サラリーマンという働く形態の置かれている絶望的な状況についてである。今日は君たちがだまされずに企業を見抜くためのポイントを教える。

 (本稿は10月中旬に行われた立教大学での講演内容である。終了時に行ったアンケートでは有効回答77名中69名が「満足」または「大変満足」と回答した。)


【Digest】
◇配当3倍なのに給与が減っているトヨタ
◇株主重視、社員軽視の大きな流れ
◇株主のグローバル化
◇人件費のグローバル化
◇株主にとっての「勝ち組」≠従業員にとっての「勝ち組」
◇サラリーマンの9割がロウアーミドルに
◇2つしかない生き残る道
◇公務員的人生に適した企業、キャリア開発に適した企業

◇配当3倍なのに給与が減っているトヨタ
 右記が、トヨタ自動車とキヤノンという、日本を代表する“超優良”とされる“勝ち組”大企業の業績と配当、平均年間給与である。これをみて、みなさんはどう思うだろうか。

 一目瞭然なのは、社員が頑張って働き、企業業績が上がっても、社員には還元されずに、株主の不労所得になった、という確たる事実である。

 黄色の列に注目していただきたい。トヨタは配当を3倍にしているが、給与は減らしている。キヤノンも配当を4倍以上にしているが、人件費は3%増、それも成果主義とはいえ平均年齢が上昇しているため、ほぼ据え置きといってよい。

 両社ともに、4年連続で売上高が上昇し、利益も上がっている。もちろん、社員が頑張った成果だ。もし「成果主義」であるというなら、利益の上昇とともに賃金も上昇しなければならないが、特に成果主義を強調するキヤノンでほぼ据え置きというのは、どういうことなのか。

 成果主義の名のもとで、労働は間違いなく強化されているのに、利益が2倍になっても賃金が据え置きとなると、実質的な減俸と考えてよい。

◇株主重視、社員軽視の大きな流れ
企業業績の推移
 これはトヨタやキヤノンに特有の現象ではない。

 右記は、財務省の法人企業統計であり、2006年で273万社超が対象となっている国内最大規模の調査である。4年連続で売上高と経常利益は増加している。だからここ3年ほど、一般的には景気が拡大しているということになっている。

 だが、サラリーマンには、あまり実感がない。

配当と労働分配率の推移
 

 

 

 

 それは、左記の同じ法人企業統計による「配当と労働分配率の推移」を見れば明らかだ。業績が向上するにつれて、株主への配当金は、まったく同じカーブで上昇しているが、労働分配率は微減か横ばいで、上がる気配がないのである。

 労働分配率というのは様々な定義と算出方法があるのだが、ここでは、もっとも働く側の実感に近いものとした。すなわち、従業員給与と福利厚生費を足したものを分子にとり、分母のほうは、それに営業利益と減価償却費を足したものとした。要するに、会社が生み出した余剰資金のうち、どれだけ従業員に還元しているのか、を示す比率だ。

 利益を誰に配分するかは、単年度で見ればゼロサムゲームである。「未来への備えだ」と設備投資に多くまわすか、「株主重視」をうたって配当にまわすか、従業員に報いるか、役員賞与を出すか、それとも税金を払って貯金するか(次期繰越利益)、といった具合で、カネの取り合いだ。従業員は完全に取り合い合戦に負けているといえる。

 逆に、株主への配当はうなぎのぼりである。2001年度までは4兆円程度で推移していたが、その後の5年間で、なんと4倍になった。新聞報道によると、2007年度も過去最高を更新する見通しだ。

◇株主のグローバル化
 企業は、なぜ従業員を軽視して株主にばかり手厚く配分しているのか。

 これは、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



10年後の大企業社内格差
 

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約6,400字のうち約4,400字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
アクセス数 39115 続報望むポイント
526
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
リーマン  01:07 06/08 2008
役員報酬はものすごく上がってるのにね
学生  16:07 06/07 2008
日本企業が配当することで、儲けているのは、アメリカのファンド関係者、そして、ファンドに資金を提供しているロスチャイルド一族、バフェットなどの富豪どもである。
です  20:09 06/05 2008
いっぱい給料をもらっていた団塊の世代が一斉に退職しているから平均年収が下がっているだけなのではないだろうか。
ある学生です。  23:40 03/02 2008
ここの記事はいろいろと勉強になりました。上場企業はすばらしい。ブランドがある会社に行けば勝ち組か?といった認識は180度変わりました。もっと情報を発信していただきたい。 また、私は傲慢な企業に投資はしたくない。将来、金を稼げるようになったとしても。
サラリーマン  16:33 03/01 2008
アメリカ的なファイナンス理論は株主により多くの配分を!との主張を難しい数式で証明しているが、簡単に言えば、資本家(金持ち)によこせということなんですよね。数式も信じられないです。
メコメコッ  15:44 02/11 2008
ブラック企業で働くくらいなら非正社員として働いた方が人間的な生活を送れます。 ブラックにしがみ付く人にも問題があります。 皆が離れて行き、悪い噂が広がればそういった糞会社は消滅するでしょう。 メデタシメデタシ。
ふつーのサラリーマン  18:21 12/13 2007
>続き
ブラックな会社で、酷使されているサラリーマンは確かに絶望的な働き方だが、後は企業選びの問題で、サラリーマンがすべて悪いとは思わない。
逆に選ぶ側の目が肥えれば、必然的に会社は変わり、絶望的では無くなるだろう。
トヨタなんかは黙っていても人材が集まるからできる技。みんなトヨタに応募しなければこうはならないわけで。