MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
企業が学生をだます手口 〔就職・転職〕学生向け講演(下)
『企業を見抜くための考え方』講演風景(2007/10/18)

 

 


 企業というのは、「一生雇ってもらって勤め上げる場所」から「独立へのステップアップに利用するもの」という考え方へのパラダイムシフトが重要だということを前回述べた。そして、そのためにも、まずはフリーターや派遣・契約社員など非正規社員にならずに、確実に「正社員」になることだ、と述べた。今回は、さらに具体的に、採用区分や職種などについて、企業側が学生を欺く際の手口情報を教えるので、だまされないよう気をつけていただきたい。

【Digest】
◇その1:採用区分の増殖
◇その2:人気職種を前面に出してくる
◇組織図を入手せよ
◇ビジネスモデルを理解せよ!
◇上流からのスタートを目指せ
◇「営業」の本当の意味を理解せよ
◇IBMの営業、メガバンクの営業
◇その3:制度のPRばかりで運用実態を隠す
◇その4:肝心な待遇情報を初任給しか教えない
◇会社選びの基準軸を持て
◇会社説明会の前、OB/OG訪問の前に

◇その1:採用区分の増殖
 多くの大企業は、バブル期に総合職を大量採用した結果、その後の不況で余らせてしまったが、もっともコアな人材層である総合職をリストラすると会社そのものの存続にかかわるため、結果的に、不必要に人件費増を招いてしまった。現在はその反省から、景気が上向いても総合職は増やさず、給与水準が低いさまざまな採用区分を新設することで、人件費を抑制するようになっている。

日本生命の採用ページより

 

 

 

 たとえば、これは日本生命の採用ページだが、総合職や一般職以外に、さまざまな採用区分がある。「法人営業総合職」など、総合職とついているから、意図的に勘違いさせようとしているのかもしれない。かなり紛らわしい。これら新しい採用区分の人たちは、そもそも人件費の抑制が主目的で作られたものだ、ということをまずは知るべきだ。

 これらすべてを合わせると、同社は2007年度は1千人規模の大量採用だった。だが実際に大幅に増やしているのは中核を担う総合職ではなく、むしろ地域限定の営業担当者など、全体の約8割を占める専門職や特別職のほうである。

 同社はバブル期(1990年前後)、総合職だけで、年400人規模が新卒入社していた。保険にとどまらず、証券、銀行、そしてアジアへ進出し、総合金融機関を目指すというプランがあったからだ。だが、バブル崩壊によって計画は頓挫し、余剰人員を抱えた。90年代半ばの“就職氷河期”、総合職は、年間100人強に抑制した採用が続いた。

 計画は消えたが、社員は消えない。あぶれた総合職たちは、「営業所長」などに回されることになった。営業所長とは、現在、総合職ではなく「営業部長候補生」として成果主義を重視した別の給与体系で採用した人が目指すポストだ。無駄に給与が高い営業所長の誕生である。

 その歪みを抱えた同社は、同じ過ちを繰り返さぬよう、原則として本社の中核部門を担う総合職を増やすのではなく、本社の手足となってリテールの現場で動いてくれる営業系の人たちを、別の給与体系の採用区分を新設し、たくさん採用することにした。彼らはハイリスクハイリターン型の報酬体系となっており、要するに低賃金労働者であって、社内の社員間格差は拡大した。

 これら増殖した採用区分では、「活動地域」や「対象顧客」が限定されるかわりに、給与が低く出世しない仕組みになっている。会社の中核を担う企画的な業務はなく、総合職の下請け的な仕事がほとんどだ。手足となって動く、いわゆる「ソルジャー」である。会社の本音としては、「総合職以外については、たくさん採用する、いつ辞めてもらっても構わない、代わりはいる」という感覚だ。もちろん手厚い研修などで、長期的に育てる気など、毛頭ない。

 したがって、本当にキャリアを積むためには、圧倒的に責任が重い総合職を目指すべきである。総合職以外では、転職先も似たような職種となり、永遠に総合職を目指せない。だから、採用区分というのは、「正社員になること」の次に、決定的に重要な分岐点となるのだ。

 採用区分というのは、要するに身分制度のことである。役人の世界におけるキャリアとノンキャリのように、入り口の違いだけで一生、身分が固まってしまうという理不尽な制度になっている会社がほとんどなので、とにかく入り口に注意しなければならない。

◇その2:人気職種を前面に出してくる
第一生命の採用ページより

 次に、総合職のなかでの、「職種」や「担当業務」についての手口である。

 たとえば第一生命の「先輩紹介」画面では、「国際業務部」「資産運用」「企画管理」など、そもそも所属人数が少なく、新卒では、一人配属されるかも分からない部署にもかかわらず、2人ずつ紹介されている.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



バリューチェーンで機能別の理解を深めよ

 

関連記事
記者コメント
本文:全約8,500字のうち約6,300字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
アクセス数 29302 続報望むポイント
459
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
縁の下で  19:11 04/22 2008
会員でいつも応援しています。企業は、税務署から手を回すというのはよくあることです。嫌がらせもあるでしょうが、マスコミのお手本として、どうか頑張って下さい!!
私立大学教員  19:13 11/30 2007
全国の大学で講演してください。学生にとってためになる話です。立教・青山・中央等の東京の上位私立6大学を出ても、超一流企業だとソルジャー営業採用だったりします。それくらいなら、準一流企業で総合職(幹部候補生)として入社し、スキルを積んでいくのが賢明だと思います。無理して超一流に入るがためにソルジャー採用に甘んじなくてもいいでしょう。
今度は  19:39 11/29 2007
税務署員が来ました。たっぴりと5時間も掛けて、銀行の通帳やら契約書や領収書の確認を当たり前のようにやや横柄な態度でして行きました。任意聴取なのに随分とふざけてます。
不思議なことにこういうことを書いていると来るんですよね。
ちなみに、聴取を行うよう判断した人物を質問してみた所、返答なし。全く以ってふざけてます。
続き  10:24 11/29 2007
私が同窓生の名前やその人の名前、会社の連絡先を聞いてみると一応は返答したものの、会社に電話は掛けてこないでくれ。と言って電話を切りました。後で確認した所、案の定、同窓生には該当者はいませんでした。
最近、その手の儲け話に大手企業の経営者が騙されたと報道されていますね。ご用心を。
そう言えば余談ですが  10:24 11/29 2007
以下で述べた審議の最中には、商品先物取引会社の営業マンを名乗る男性から怪しげな勧誘の電話が掛かってきたりして、陰謀めいた疑惑を多少なり感じましたね。
その営業マンは、私の母校の同窓生の兄弟であると名乗り、石油の価格が上昇するのは間違いないので儲けて欲しい、初回のプレゼントです、時間がないので即断して欲しい、信用出来ないならとにかく今すぐに会って欲しいなどと抜かし、
本音と建前を  08:06 11/29 2007
使い分けてるんだろうね。建前によって、世間の評判を高めて社員も隷従化、裏では悪行のやり放題。建前と本音を全く逆にすることで自身の犯行も誤魔化せ易くなる。
使い分けだけでなく公然と逆を言ってしまう所が何とも面の皮が厚いと言うか詐欺師的と言うか、その本性は強欲でしかない。しかも、それはほんの序の口でしかないだろう。
また、創業型の経営者であって、経営判断や細かい手法が得意とも言い難い。
防衛省の汚職問題が  05:37 11/29 2007
マスコミで大きく取り上げられていますが、守屋元事務次官に接待を繰り返した山田洋行の元専務にも似てますね。
検察は逮捕の方向で動いているそうで。