MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
東大生、売り手市場で官庁不人気 外資はキャリア官僚に迫る勢い
東大本郷キャンパスの赤門。学生たちは、どのような進路を選択していくのか

 私の周りには「公務員だけは絶対に嫌だ、なりたくない」と言う友人が何人もいる。2008年現在、東京大学の学生である筆者が東大生の最新の進路および過去10年の流れを調べたところ、キャリア官僚は今年208人と、過去5年で最低だった。逆に外資コンサル・外資証券の人気は一貫して高まっており、2008年は主要9社だけで93人に上り、総数では官僚を近々、上回るのではと思わせる勢い。東大生の間では、仕事のやりがい・自己成長において「外資>日系企業>公務員」の構図が出来上がっているようなのだ。

【Digest】
◇10年前に迫る官僚不人気
◇氷河期終盤に2極化現象
◇売り手市場で公務員を捨てる
◇外資への潮流止まらず
◇外資のコンサルと証券の4~5割は理系院卒
◇自己成長重視派は公務員にならない
◇いまだ断然多いメガバンク・商社・メーカー
◇能力に自信のある学生にとって魅力ある官庁に変われ

 おそらく多くの方が、東大は霞ヶ関や、大手の日本企業に多くの人材を輩出している、というイメージをもたれているだろう。その進路動向を見ることで、日本のいわゆるエリートたち(このような言い方には議論があるが、深くは触れない)が将来に何を求め、どう動いているのか、その一端が見えると思い、このほど調査・分析を行った。進路データは、民間企業は東京大学公認の『東京大学新聞』、公務員は『公務員試験受験ジャーナル』を利用した。

◇10年前に迫る官僚不人気
東京大学卒業生の進路変遷(1998年、2003年、2008年)。学部卒・院卒以上の統合データ。キャリア官僚はいったん増えてから戻り、外資コンサル・証券が一貫して増えた

 東大生といえば国家公務員、国家公務員といえば東大生、というイメージをもたれている方も多いと思う。実際、1980年代までは、国家公務員Ⅰ種合格者の9割が東大生だったという話も耳にする。

 だが、2008年に官公庁に就職した東大生は、学部・大学院合わせて208人で、過去5年間では最低だった。特に学部卒の不人気が顕著で、3年前の2005年には160人近くいたが、今年は120人強しかいなかった。とはいえ、9年前(97年)と10年前(98年)は、ともに全体で190人だったため、一直線で低下傾向という単純な話ではない。

◇氷河期終盤に2極化現象
 2003年(249人)、2004年(229人)、2005年(247人)の「後期就職氷河期」は、長引く不況で民間企業が採用を絞っていたことから、一時、学生全体の「公務員志向」が強まり、東大生も保守化した。98年より2003年のほうが59人も多い。

 しかし、全体が保守化したのではなく、もう1つの傾向が生れた。この時期、一部の学生は先鋭化しだし、外資系企業を目指しはじめた。2003年からさかのぼること5年前の1998年の時点では、外資に就職する学生は稀だった。日本IBMに26人、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)に9人の学部生が就職してはいる。しかし、マッキンゼー3人、ボスコンは2人のみ。外資証券も、ゴールドマン・サックス4人、メリル・リンチ4人ぐらいだった。当時は外資の日本市場への参入も少なく、認知度も低く、就職先としてメジャーではなかった。

 だが、1998年に全体で9人だったアクセンチュアは、2003年には院卒で16位(10人)、学部卒に至っては10位(12人)にまで上りつめ、合計22人になった。これは2008年の人数(21人)とほぼ同じ水準で、すでに2003年には、一部外資が人気化していた。外資証券もゴールドマン・モルガン・メリルの3社合計で、9人(98年)→21人(03年)と、この時期に倍以上に増えている。

 つまり、バブル崩壊後の「失われた15年」、長引く不況と就職氷河期が続き、民間企業が激しい買い手市場となるなかで、東大生は、公務員と外資の、両極化の傾向を見せた。一つの群は、実力主義は怖いから、一生安定した身分で仕事をしていこうという学生たち、もう一つの群は.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



2008年の進路状況を伝える東京大学公認の『東京大学新聞』(2008年6月24日付)

 

1998年、2003年、2008年の就職先ランキング(院卒・学部卒別)。

院卒は、98年は上位20社中17社がメーカーで技術者志向が強かったが、いまやメガバンクやコンサルがランクイン。

学部卒では98年にランキング上位40のうち13行がランクインしていた都銀天国が、今年も復活。

なお東京大学の発表によると、2007年度の学部卒で就職した者は1071人、院卒以上で就職した者は2508人。

 

関連記事
記者コメント
本文:全約5700字のうち約4400字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
■社員を紹介していただいた方、取材を受けていただいた方には、
会員IDおよび謝礼進呈いたします。ご協力のお申し出をお待ちしております。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 17303 続報望むポイント
175
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
何人目かの東大生  19:21 06/06 2009
会員
周りの東大生(院生)を見ていると、外資コースの人はやりがい・成長を求めて、官庁コースの人は完全に安定志向ですね。将来は某業界に天下りをするって公言していた先輩もいましたよ。 公務員を取り巻く昨今の状況を見て、官庁にやりがいを求めて行くひとなんてそうそういないと思います。 能力のある人間には官庁に行って頑張って欲しい…なんて言う人は、他人に厄介な仕事を押しつけている自分が恥ずかしくないんでしょうか?
リーマンショック  05:27 03/26 2009
東大卒ですが、外資には全く魅力を感じませんでした。そもそも、金を稼ぐことだけを考えて東大に行く人なんてほとんどいません。外資系に入った人が、もともと東大生なんて見向きもしなかった外資系の唯一の長所=高給であることを必死にアピールして煽っていいるだけなのでは。
さあどうする?  14:42 03/03 2009
今回の不況で東大生はどちらに動く?①やはり官僚か?②結局金融界は最後は政府が救済してくれるから厚遇の外資金融か?
東大生2  11:23 10/05 2008
下とは違う東大生です。↓をみると、「外資にいくなんて日本の未来を考えてない」「優秀だから稼げる外資、という発想は近視眼的すぎる」といった論調がありますが、私はその意見に強い反感を覚えます。アービトラージが組み込まれた今日の社会で日本と海外という区分けを就職観に適用して議論するのは前時代的であるし、優秀な人がそれ相応の報酬を得るのは当然のことではないでしょうか。
東大生  01:14 09/23 2008
東大生ですが、この記事は本当です。官僚はきつい上に給料低くて叩かれるので人気ないですね。実際に辞める人多いですし。あとは意外とインフラ系企業に行って企業体質が嫌で出戻りする人が多いですね。まぁあくまでも自分の周りでの話です。
NAO  23:53 09/20 2008
10年前と言えば私が新卒で就職した頃ですが、その頃には「優秀な東大生は民間に行くべき」という論調が一部識者の間にありました。10年たって実際その通りになったら今度は「官僚不人気は国力低下云々」ですか。民主党の小沢一郎氏は政治家主導を強く唱えています。今後は官僚はますます不要になり、東大生の外資・起業志向はますます高まるのではないでしょうか。GSなどは渉外弁護士より優秀だと言われているそうです。
Re:一般学生  07:23 09/13 2008
日本経済の過半は官製経済だと言う人もいる。内部から浄化を図る気概なき者はキャリア官僚になるべきではない。 学歴至上主義が残っているのは最早役所位だ。その他の業界ではさして意味を持たず苦労することになるだろう。いずれも適正な扱いだとは思わないが、役所の方が有利ではある。