MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
07/25 2010
 昨日の朝生は非常に面白かった。東さんがキレて退場したシーンが若者らしくてよかった。あの番組の価値は、ああいうシーンがあって、対立軸が明確になるところだ。私は東さんの意見にまったく賛成&同感で、毎年毎年、いつまで低次元で答えが分かりきった議論をグルグルグルグルやってるんだ、つまらないんだよ、進歩しろよ、と思いながら見ていた。

東vs堀

 逆に一番残念というか、がっかりしたのが、このあと、堀氏と東氏でさらにヒートアップして面白くなった場面で、まだ30代そこそこの若手のはずの高橋氏が「公共の電波で喧嘩するのはやめましょう」とか「感情的になるのはダメだ」とか言い出して、PTAのおばさんというか、学級委員というか、若者としては一番あってはならない老人性小役人のような態度でいさめていたところ。

 今の世代間格差を改善するには、若者は感情をむき出しにして、ブチ切れて怒鳴りあいして殴りかかるくらいの勢いが絶対的に必要なのであって、真面目くさって議論したって、世間で話題にもしてくれないし、注目もされないし、数の論理で高齢者が勝つに決まってるわけだ。いわば勝ち目のない戦いに小さく収まることで、老人を利している。だから、東さんのようにキレることのほうが重要なんです。

 なんかこう、小さく小さく、まとめちゃおうとする若年寄が、若者の顔をして幅をきかせているから日本の世代間格差は放置されるんだな、と心底思った。若者はエネルギーを爆発させるべきなのであって、優等生的な対応では、絶対に問題は解決しない。あの場面では、むしろ若者側がよってたかって堀紘一らをグダグダにしてやればよかった。

 4年前にフランスで起きたデモとかが本来あるべき若者の姿であって、公共の電波で感情むき出しでガンガン年寄りに喧嘩を仕掛けて、場合によっては火炎瓶を投げつけて問題の所在を権力者に知らしめるのが若者の特権でしょうが。本人は精神年齢が老人化してることにも気づいてないんだろうけど。

 
03:48 07/25 2010 | 固定リンク | アクセス数(1395) | ブログトップへ | <<前へ | 次へ>> 

コメント
お名前
コメント (会員ログインして書き込んでください)
その他の情報 (スパム対策で消去されます)
@  23:04 07/25 2010
堀氏はおそらく挑発したに過ぎないのかと。まあ、具体的にどうするのかを示しきれない事に対する不満なども色々な思いがぶつかっていたように感じました。というかnipponさんの世代間格差なんてそもそもあるのかなんて・・・ってどういう事だ?様々なデータで世代間格差ははっきりしてますが・・(辛坊治郎氏の著作、年金の真実にも年金の格差など詳しく解説してる書籍もあります)

小泉と竹中の構造改革を批判する前にどうして構造改革するまでにもっと早く90年代に手を打ってこなかったのか?
バブル崩壊後でも良かったはずだ。根本的な改革の先延ばしをした結果小泉政権は生まれた。

むしろ小泉氏竹中氏だけに焦点をあてて90年代の政治の迷走を無視する態度こそペテンそのものだ。
nippon  18:33 07/25 2010
いやあ貴方が一番傍観者で
傍観者でいる貴方が言うべき事じゃないでしょ
世代間格差なんてほんとにそもそもあるのか
あったとしても老人に喧嘩売って解決するのか
俺からすれば あなたみたいな扇動者が一番迷惑だね
小泉改革と一緒だ 郵政民営化すれば社会は良くなると大嘘を言った小泉と竹中みたいなペテン師が自己栄誉の為にやるだけで
自分を犠牲にして社会を良くしたいなんて思ってるエリートなんて皆無でしょう 今の世の中
 
ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

twiterフォロー
facebookフォロー

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓