MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
02/01 2009
 「採算は月を追うごとに悪化」しているという京セラの本社総務部が、「創業以来の危機を乗り切るために」、経費節減を各事業所にお願いし始めた。

Tinyblogsimg_b20090201035427
「経費節減のお願いについて」
 その文書によると、下記のような、しょうもない経費節減策が打ち出されている。

・文房具の在庫を持つな、各自が持っている文房具を部署単位で集約しろ

・部門で購読している新聞、雑誌を減らせ

 

 カルロス・ゴーンが書いた『ルネッサンス』には、かつての破たん寸前だった日産の様子が記されている↓
 日産は細かな部分であれこれと経費削減に努めていた。エグゼクティブ経費にもメスが入れられ、たとえば海外出張時にビジネスクラスを使うのをやめたりした。社内でも紙や事務用品の節約を呼びかけ、冷暖房も過度の使用を控え、夕方ある時刻以降休止する措置まで導入した。こうした措置は、実際には社員に罰を与えているだけで、本質的な問題解決につながるものではない。暖房の設定温度を一度下げるのは、コスト削減のための優先順位設定からの逃避である。

 冷暖房費の削減をするのもいいが、問題の核心に手を着けないのなら、いつまでたっても財政難から脱出することはできない。優先順位を決め、それに従って行動するべきである。どこに問題の核心があるかを知るには、損益計算書を見なくてはならない。調達コストが総コストの60%を占めているなら、まずその分野を優先順位に従って徹底的に分析しなくてはならない。

 ‥‥優先順位を正しく設定し直すためには、2つのステップが必要である。第一に、プランニングを中央集権化すること。第二に、実施に際しての明確な責任系統の確立である。社員全員が一点のあいまいさもなく、誰が意思決定し、誰が実施責任を負うのかを分かっていなければならない。


 つまり、このような微調整は、社員に罰を与えているだけであり、本質的な問題解決から眼をそらすだけの有害無益なものである。

 京セラも、かつての日産のように、破たん末期に近づいているのかもしれない。.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。

 
04:07 02/01 2009 | 固定リンク | アクセス数(1312) | ブログトップへ | <<前へ | 次へ>> 

コメント
お名前
コメント (会員ログインして書き込んでください)
その他の情報 (スパム対策で消去されます)
お下劣のプリンシプル  18:28 06/29 2010
勤務経験者です。この会社は本質的な部分が曖昧なわりには、細かい所に非常に煩い会社です。昇給も一部の勝ち組を除けば殆どありません。中途入社者が多いことで有名な会社ではありますが、それ以上に有名なのは中途入社者の離職率の高さです。すぐに辞められるのが分かっているので、鵜飼いの鵜のようにすぐに収穫を吐き出させるような使い方をされます。それですぐに辞める人も居る。又採る。少し長く居ると、今度はパワハラによる洗脳教育が始まります。そこまで経験した上で辞める人が多いのです。だから、裏事情の情報が絶えません。会社としては、それらの情報が流通するのを防ぎ取り繕うために総務系のコストをかなり払っています。だから、基本的な備品類やユーティリティ系のコストを極限まで減らそうとするのです。
ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

twiterフォロー
facebookフォロー

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓