MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
12/21 2021
Tinyblogsimg_a20211221053139
 名誉毀損だから記事を削除せよ、という裁判がメディア会社やジャーナリスト個人に対して提起されるのは日常茶飯であるが、今回は斬新な展開として、サーバー会社のみを被告として訴えた点に新規性があるので、いちおう後世のために記録しておこうと思う。マイナーな話題ではあるが、興味のあるかたは末尾より訴状をご覧いただきたい。

 原告は、三重県の「株式会社ヒューマン」という派遣会社。被告は、米国のアマゾンウェブサービスインク(アンドリュー・ジャシーCEO)。ジャシーは創業者ベゾスがアマゾンの二代目CEOに選んだ人物(2021年7月5日就任)である。提訴は2020年12月11日だから、まだAWSのCEOだった。

 三重の田舎会社が、世界最強の米国クラウドサーバー会社を訴えるという、アリ対ゾウみたいな戦いの構図だ。

 ようは、以下の記事が名誉毀損だから削除せよという裁判を、実に不可解なことに、ウチが利用しているサーバー会社だけに言ってきたのである。せめて知らせてくれてもいいようなものだが、姑息な手段に出たものだ。

シャープ亀山工場4千人雇止め  ユニオンが派遣会社を刑事告発 「直接雇用契約がない」と当事者意識ないシャープ

 こんな裁判が成立して判決で削除命令が出たら、表現の自由がなくなる。たとえば朝日新聞の記事が気に食わないからasahi.comが契約しているサーバー会社だけを訴え、朝日の知らぬ間に削除せよという判決が確定してしまうわけだ。すると、法的拘束力が生まれるから、サーバー会社は判決に従うほかなくなる。

 そもそもこんな裁判は、当事者性がないのだから、成立しえないはずだ。ところが、なんと東京地裁民事部はこれを受け入れ、実際に裁判が始まってしまったのである。

 当事者であるウチが知ることになったのは、提訴から7ヶ月も経った7月21日のことだった.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。

 
07:35 12/21 2021 | 固定リンク | アクセス数(3954) | ブログトップへ | <<前へ 

コメント
お名前
コメント (会員ログインして書き込んでください)
その他の情報 (スパム対策で消去されます)
@  16:15 12/23 2021
amazonはかつてブログで書かれていたように利益重視のサイコパス組織だから心配です。Amazonレビューの削除など、全てはAmazonの都合次第。基準もあやふや。
ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

twiterフォロー
facebookフォロー

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓