MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
03/06 2009
Tinyblogsimg_a20090306024942
『報道ステーション』
2009/3/5

 私は、報道番組についてはPCに保存し、タイムシフト視聴&早送り&CM完全飛ばし&他の作業しながら(餅焼いたりお湯沸かしたり…)で、20分くらいは毎日見ている。

 今日の報ステで、タクシーの乗務員団体が400台終結してデモ行進した、と伝えていた。タクシーの運ちゃんたちが、「減車しろ」「生活できる賃金にしろ」と主張している内容。

 まあそれだけならいいんだが、報道で付加的に取り上げる情報と、その後の解説が最悪だった。

・規制緩和で台数が増え飽和状態のなか、経済危機が直撃した。
・2008年12月の売上高は、前年同月比13.9%減った。
・平均年収は約280万円。(全国の給与所得者約367万円)

 だから、お涙ちょうだい、助けてやれ、という無責任きわまりない大衆迎合的な報道。これは情報操作もはなはだしく、無茶苦茶なロジックである。

①初乗りを660円から710円に値上げして世界最高水準の価格にした結果、消費者がますます逃げてしまったことに一切ふれないのは、消費者の視点が欠落していて、ひどい。

②また、霞ヶ関周辺で夜、延々と並んでいる個人タクシーの人たちは一晩で1人しか乗せる気がないのが明白なのだが、なぜそれで生活できるか聞くと、彼らは既に年金受給者で、暇つぶしに仕事をしているからだそうだ。一般のサラリーマンは定年で強制的に退職するが、タクシードライバーは74歳までやっていい。だから、そもそも平均の年収は低くなって当り前。

③そもそも、どうしてタクシー業界だけ守ってやらねばならないのか。ジャーナリスト・ライター業界なんて何の規制もないから、年収200万円以下で働いている人など、いくらでもいる。タクシーでは生活できないというなら、さっさとやめて介護など人手が足りない分野で仕事をすればいい。年280万円くらいは十分に稼げる。

④タクシーの台数規制を強化してしまったら、本来、タクシードライバーになれて280万円の年収を稼げるはずの人が参入できなくなって失業者になる。失業者の年収はゼロ円だから、国全体で格差が広がる。既存タクシードライバーの利益を守るために失業者を増やすことは、国の雇用政策上、許されない。(規制強化して失業率が上がれば、どうせまた文句を言うだろう。キャスターはラクな商売だ)

 市場原理が働けば、稼げない人はタクシーをやめて介護に移り、国全体で人材の最適配置が実現する。だから、国がやるべき政策は人材流動化であり、それをサポートするための教育・訓練費の公的給付だ。なぜ、そういう当り前の報道ができずに、何となく経営者が悪い、国が悪い、と言いっぱなしなのか。

 こうした特定の利権団体の立場から一方的に情報を流してお涙ちょうだい、で終わりにする報道姿勢が、生活者・消費者・有権者・国民全般の利益を害し、バランスを大いに欠いていることが分かるだろう。

■公共性のない利権団体の言い分だけを垂れ流すな
 タクシーの乗務員団体が「規制強化で(利用者なんかどうでもいいから)自分らだけは守ってくれ」と叫ぶのは勝手だが、その視点だけで報道するのは国民全般、生活者、消費者の利益から望ましくない。放送法に定めた「多様な視点による放送」にも違反している。

 タクシー乗務員団体が自分らの利権を主張するのは自然なことだ。だが、それは全米ライフル協会が銃規制に反対するのと一緒で、とにかく自分たちの狭い利益のことしか考えていない個別利益集団なわけだから、そんな奴らの主張だけを一方的に報じてやる必要は全くない。

 これは、ときどき討論番組に出てくる正社員組合「連合」の人についても同じで、連合が自分勝手な利権を主張するのは勝手だが、そういう個別利権団体はそもそも自分たちだけの利益を増進する目的で設立された団体なのだから、パブリックマインドなどかけらもなく、公共性を無視してでも自分さえよければ、という「あとは野となれ山となれ」な人たちなのだ。なぜそういった「結論が決まっている団体」の人間を出演させて、公共の電波でPRしてやる必要があるのか。

 全米ライフル協会は銃乱射で何人学校で生徒が死のうとも、銃は規制すべきでない、という結論が決まっている団体だ。連合は正社員の利権には指一本触れさせない、という結論が決まっている団体だ。タクシー乗務員組合は、生活者がどんなに不便になろうともタクシーの台数を減らして、消費者がどんなに困ろうとも値上げして、自分らの給与だけを上げたい団体だ。あとは野となれ山となれ、国や生活者や国民の利益など、そっちのけ。

 そんな人たちの言い分を一方的に垂れ流す報道が、いかに国民の利益を害するか、よく考えてみていただきたい。

 世論迎合の一方的なお涙ちょうだい報道がもっとも視聴率がとれるから、コメンテーターの発言内容も、「経営者が悪い」「台数規制は必要」「運ちゃんかわいそう」的な大衆迎合のモリタク系コメントに終始し、消費者・生活者の視点や労働者全般の視点はゼロ。コメント内容も事前打ち合せしているそうだから、これは番組の編集方針なのだろう。

 テレビの視聴者は偏差値45の世界だから、こういう視聴者洗脳的で一方的な報道が耳に心地よく、惹きつけられる。一方的に見た目困っている人の立場で言って貰えると、考える必要がなくてラクだからだ。だから森永卓郎氏が大人気なのである。ようは、視聴者の無知につけこんで視聴率をとっている醜悪な構造。「何が意図的に報じられていない情報なのか」に注意しよう。

 
07:48 03/06 2009 | 固定リンク | アクセス数(518) | ブログトップへ | <<前へ | 次へ>> 

コメント
お名前
コメント (会員ログインして書き込んでください)
その他の情報 (スパム対策で消去されます)
松本孝行  10:58 03/06 2009
 1点だけ、大阪はタクシーの値上げをしていませんが売上が落ちています。値上がりがタクシーの利用に影響を与えた点は否定しませんが、大幅な売上低下には影響を与えていないと見たほうが良いかと思います。

 他の点は非常に納得です。特にタクシーは年金生活者である老人が多いのは問題です。利用する側としても、あまりにも高齢な方がドライバーだと不安になります。テレビを見ている視聴者の目線にあわせるとこういう報道になるんでしょうね…
ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

twiterフォロー
facebookフォロー

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓