MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
朝日新聞・宮崎四地区の偽装部数は19~32% 「押し紙」示す内部資料
新聞で包装されて破棄される水増しされた折込チラシ。折込チラシの破棄は、「押し紙」の破棄とセットになっている。(本文と写真は関係ありません)

 このほど入手した宮崎県における朝日新聞の実配部数を示す「増紙計画表」なる内部資料によれば、ASA宮崎大塚、ASA延岡中央、ASA都城、ASA日南の「押し紙」率は、19~32%だった。最も多いASA都城では、仕入れ数9,345に対し発証部数6,365と、お金が払われている部数は全体の68%だけ。このような情報が明らかになることは稀で、不信感を募らせる広告主は、新聞広告に価値を見出さなくなっている。実際、2009年の新聞広告費は2007年に比べ29%も減った。新聞社は正直に実配部数を明らかにすべきである。

【Digest】
◇「目標部数」=「仕入数」
◇「押し紙」データの公開
◇ABC部数の固定化
◇読売・朝日のABC変遷
◇「押し紙」否定が裏目に
◇ビジネスモデルは崩壊する
◇大新聞社の本当の危機とは

 広告主 が新聞広告の出稿を検討するとき、もっとも知りたい情報は、新聞の実配部数がどの程度あるのかということである。これに関する正確なデータを入手しない限り、合理的な広報戦略が立案できないからだ。

 広告代理店が読売1000万部、朝日800万部、毎日400万部などと漠然とした数字を提示しても、実配部数はそれとはかけ離れているというのが広告主たちの一般的な見方である。

 実配部数を隠している新聞社に対する不信感。これが高じると、宣伝媒体が多様化している現在の情況下では、紙面広告の需要が落ちて媒体価値も低下する。

 それを裏付けるデータを示そう。 電通が公表している企業の広告宣伝費のうち新聞を対象とした額である。

2007年 9462億円
2008年 8276億円
2009年 6739億円

 凄まじいスピードで広告費が減少している。
 一方、 広告の出稿量は、電通の調査によると、09年の場合、前年の92.1%である。

 広告費は激減しているが、広告出稿量は微減だ。これは広告そのものの媒体価値が下がっていることを意味する。

◇「目標部数」=「仕入数」
 このほどわたしは宮崎県における朝日新聞の実配部数を示す内部資料をいくつか入手した。広域地区における朝日新聞の実配部数を推測する上で、格好のデータになりそうだ。広告主にとっては朗報である。

 ASA(朝日新聞・販売店)の実配部数を示す資料が外部に漏れるのはまれだ。わたしが直接入手したケースとしては、ASA宮崎大塚(宮崎県)の次の例があるにすぎない。

目標数 4,770部
仕入数1 4,770部
実配部数 3,782部
発証部数 3,301部
(2008年1月)

『SAPIO』(08年11月12日号)で公表したASA宮崎大塚の内部資料。
 このデータは増紙検討表と呼ばれる書類から拾ったもので、『SAPIO』(08年11月12日号)で公表した.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



人目を避けるために、コンテナ型のトラックで「押し紙」を回収する手口も一般化している。(写真と本文は関係ありません)
駅頭などの即売部数に関して読売は、部数を急増させている。07年1月は約3万部1000部だったが、10年6月には約13万7000部に。結果、読売「1000万部」を堅持したことになっている。

関連記事
記者コメント
本文:全約5,400字のうち約4,000字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「納税者の眼」トップページへ

アクセス数 3193 続報望むポイント
394
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
YJK  02:50 04/15 2012
黒藪さんへ 神奈川県下のYC部数にも目を向けて 大盛りの残紙だらけだよ
「元ASA関係者」へ  21:42 12/19 2010
小生は正真正銘の「現ASA関係者」である。「仮面」を脱いで「現YC関係者」」と正直に名のれ。そうでなければ吾々多くの「ASA関係者」が嫌な感じがして迷惑千万だ!
元  22:17 12/18 2010
「元ASA関係者」と名のって書いている者は「汚い手口を使っている犯罪者」と同じ穴のむじなだ。「ただ同然で回収業者に売っている新聞と同じ数の折り込みチラシの代金が経営者の懐に入っていることを知りながら、一切それに触れていないのは本質から問題をそらそうとの意図が見え見え。
元ASA関係者へ  22:00 12/18 2010
あんたの言っていることは真実ではない。第一、主任や店長は経営者に言われる仕事をやって給料をもらうだけで、折り込み手数料や補助金などは全く関係が無い!よってあんたの説は「支離滅裂」と断じる他に無い。
久しぶり  21:50 12/18 2010
「元ASA関係者」、また出てきたね。もうとっくに「読売のまわし者」と身元が割れているので、お主の主張は「とうしろ」にしか通用しない。
元ASA関係者  18:26 12/18 2010
店に儲けが残るかどうかの一番の違いは、新聞を定価で読者に売るかタダ同然で回収業者に売るかの違いです。それから大規模店で経営と現場が別の場合、主任・店長など販売責任者は折込手数料・補助とは切り離されているため、架空部数でごまかすことはありません。一族で固めていれる大規模店は別だが、小規模店の方が遥かに悪質ですけどね。
一般人さんへ  20:48 12/17 2010
「規模」です。一人で数店、10店以上を経営している店主が大儲けしているのです。配達部数よりはるかに多い部数を本社に申告してそれだけの「折り込みチラシ」を毎日受け取り、そのうちの3割~5割を捨てているのです。つまり、「犯罪を犯しながら」私腹を肥やしているのです。このような悪質な店主がいる為、「「本社側の犯罪(配達以上の新聞を送り付ける)」に泣いている店主が「押し紙裁判」をおこしても勝てないのです。