MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
SAPジャパン グダグダ人事のリストラ策で3割縮小 
Ba 普通の企業
  【バランス型】
(仕事4.0、生活3.3、対価3.2)

 

 


 リーマンショック前、1400人超に膨れ上がっていたSAPジャパンの社員数は、この2年間のリストラ策によって、1000人近くにまで急減した。リストラ策の第一弾が、2009年2月に社内向けに発表された希望退職の募集だった。100名程度が募集され、在籍年数に応じて4~8ヶ月分の割り増し+有休買取りなどの条件。「募集人員には達したのですが、結局、デキない人が残ったため、その後も同じ条件で、半強制的なリストラが続けられたのです」(社員)


【Digest】
◇2年で規模を3割縮小
◇新人の昇格まで凍結
◇シニアコンサルになれるのは2~3割
◇グダグダな人事部門
◇ニューグラは全員テレアポ営業専業部隊へ
◇「すぐに行ける」海外でのアサイン
◇I字→T字型に
◇3~4年前までは独立も可能だったが…
◇サポートは大連と茅場町
◇自販機タダになったけど


◇2年で規模を3割縮小
希望退職募集要項(2009年2月)。在籍8年以上でも8ヶ月分割増にとどまる。 
 年齢制限は、将来を背負って立つ人間は残したいとの考えから、ジョブグレード6(マネージャーの一歩手前のクラス)以上については40歳以上のみ応募可としたが、ジョブグレード5以下は、なんと年齢制限なし。そのため、転職市場で有利な若手のデキる人を中心に辞めていった。会社側に拒否権はあったものの、募集をかけた手前、辞める意志を表明した人を引き止めるのは現実問題として難しい。

 会社として辞めてほしい人材を切るため、同じ条件で、今度は半強制的なリストラが始まった。「デキない人に対して、どこがダメなのか反省文を書かせたり、通常50~100万円出るインセンティブボーナスを大幅に減額したりして、退職に追い込んでいきました。40~50人は追加で非公式にリストラしている」(社員)

 飲食費などの経費類も当然、カットされた。ちょうど「US-GAAP」(米国会計基準)が導入され、費用の部門間でのつけかえが厳格化したこともあり、会社は古い領収書までチェックし始めた。

 「会社としては1人でも多くクビにしたいので、小さな不正を理由に辞めさせようとしたんです。監査の人に呼び出されて、本当に辞めちゃうお人よしもいましたから」(社員)。非上場で労組もなく、人事や評価がグダグダな会社なので、町の中小企業みたいなことが平気で起きるのだ。

◇新人の昇格まで凍結
 リーマンショック後の世界的な不況で企業のIT投資が減り、SAPは2009年、全世界で3千人の人員を削減、かつ2009年の昇給を全世界で見送った。地域子会社であるSAPジャパンは、その方針に従うほかない。全社で昇給が凍結され、2008年に入社した新人は、2年目の2009年になってもジョブグレード1のままステイとなった。「上はまだしも、給料が安い2年目社員まで凍結してしまうとは….....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



SAPジャパンのキャリアパスと報酬

 

評価詳細と根拠

 

 

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約8,300字のうち約7,100字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
■企画趣旨に賛同いただき、インタビュイーを紹介または取材を受けていただける方には、会員ID(1年分)および薄謝進呈いたします。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 17811 続報望むポイント
396
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
元新卒入社コンサル  14:23 03/14 2017
コンサルでしたが、給料は本当に全く伸びません。中途入社の方も入社時の給料据え置き。平均年収が高いのは90年代に入社した仕事ができるわけでもない古参を優遇しているだけ。 仕事は下流工程ばかりで、年齢と共にどんどん転職市場での価値がなくなってしまった。炎上プロジェクトばかりで毎晩終電で帰宅していたら「プロマネより早く帰った」と評価を下げられた。個人的には最悪なブラック企業だと思います。
元社員  12:21 02/17 2014
希望退職の募集以前にも、酷いリストラをしていた。やり口はマネージャーが部下を呼び出し、とことん嫌がらせして辞めさせると言う、中小企業でもしないようなバカげた方法で、嘆かわしかった。
社員  11:56 08/16 2011
新入社員への研修を真っ先に削ったのには驚いた。 製品の研修をろくにうけていない人間に営業をさせるとは 信じられない。
元社員  00:57 06/16 2011
他人(一般職)を貶め、自己の栄達を図るような輩が(誰とは言いませんが)10年もの間ディレクター以上にとどまっている、そういう会社です。本当に下らんことです。 こういうことを書き込む自分にもあきあきしますが、そういうことを知らずにこの会社に入る社員もあわれでしょうから、あえて書きこむことにします。。。
社員  23:04 09/26 2010
「退職時の挨拶禁止」 って本当ですか?
実際  21:52 09/21 2010
100名のリストラは、実際には裏でかなりの数のリストラが行われていたようだ。 また、社員数が減っていることを悟らせないように様々な裏工作を実施(退職時の挨拶禁止、等)。 リプレイスで新しい社員もとっているが、先は長くはないと思われている。
実際   21:37 09/21 2010
営業部門、ソリューションへの移動や、製品系の部署へ逃れたものもあった。 結局、GMの気に入った人間とどうにも行き場の人間と秘密警察のような人事しかいない惨状となったのが現状である。