MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
10年後に食える仕事 食えない仕事

 私は今年に入ってからインド・中国に約4週間ずつ滞在し、現地で働く日本人を中心に取材を続けており、この原稿も上海で書いている。今後、人材市場のグローバル化が進んだ際に、労働市場と日本人の雇用がどうなるのかを考えるためだ。現在の20代30代は、好むと好まざるとにかかわらず、グローバル化を前提として10年後のキャリアを考える必要がある。(本原稿は2011/8/22発売の『週刊東洋経済』カバーストーリーの原文です)

【Digest】
◇強みは相対的なものである
◇「無国籍ジャングル」で戦う自信があるか
◇重力のように収斂されるエリア
◇サービス力、組織力の「ジャパンプレミアム」エリア
◇インターフェイスとしての日本人「グローカル」エリア


◇強みは相対的なものである
 結論を言えば、日本人の強みを活かさない手はない。日本にいると当然ながら周りが日本人だらけなので認識できないが、強みとは、あくまで相対的なものだ。その場合の比較対象は、10億人単位で存在するインド人・中国人になる。好むと好まざるとにかかわらず、彼らが平均を左右する。

 インドと中国の労働市場は、驚くほど似ている。日本など全く話にならないほどの「超・格差社会」。人材の流動性が高く半年~数年で転職するのが当り前の「短視眼的キャリア」。男女の差なく向上心もハングリー精神も旺盛な「超キャリアアップ志向」。チームプレーが苦手でサービスという概念もほとんどない「超・個人主義」。そして、学歴社会、階層社会(中国の戸籍、インドのカースト)。

 これらを平均と考え、今後10年で次々にグローバル市場に人材が供給される場合、彼らと同じレベルのハングリー精神を持ちつつ働く自信がある日本人が、どれだけいるのか。その自信がないなら、日本人ならではの強みを発揮できる分野で生き残りをかけるほうが合理的だ。

 大前提として重要なことは.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



「これからも食える仕事、ジリ貧の仕事」の図。本屋でご確認ください。
給料の内訳と伸ばすべきスキル

 

 

関連記事
記者コメント
5月のセミナー「35歳までのキャリア戦略」で話した「人材のグローバル市場化で、価値が高まる職業、下がる職業」が元の原文。雑誌用に表現がマイルドになっています。
本文:全約4400字のうち約3700字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
企画「他のメディアへの配信/MyNewsJapanからのお知らせ」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 15232 続報望むポイント
87
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
すずき  20:22 08/31 2011
勉強になります。
shun_kat  22:00 08/28 2011
会員
私の働く業界ではかなりの部分でグローバル化してしまっている。自動車も電気も農業も競争力を失う中で、グローカルの人材を必要とする企業や市場が生き残る気がしないのです
tim_okabe  16:47 08/23 2011
グローバル化で空洞化した市場に、「グローカル」のチャンスが訪れると見ていますが…