MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
キユーピーパワハラ事件 管理職に残業200時間を強制する“奴隷待遇”の実態
画像1 原氏のパワハラに関係するキユーピー歴代社長。左下が大山轟介(99年2月~02年2月)。右上が鈴木豊(02年2月~11年2月)。右下が三宅峰三郎(11年2月~)

 マヨネーズで有名なキユーピー社内で、悪質なパワハラに遭い、奴隷のようにこき使われ、うつ病に陥って人生を台無しにされたとして、東京地裁に提訴している社員がいることが分かった。その社員は、上司から毎日のように「お前なんかいらないから、辞めろ!」と罵声を浴びせられ、その上、過労死ラインの三倍を優に上回る残業時間を強いられていた。その結果、うつ病になり、5年以上も入退院と休職を繰り返し、労災認定。ついには精神障害者三級の手帳を交付されるまでに悪化した。その間、キユーピー本社は、なんとそのパワハラ上司とうつ病社員の2人だけの部署を作るという信じがたい対応をとっていた。

【Digest】
◇「課長は残業がつかないから、いくらでも働け」
◇「オレは全部休むから年末年始たのむわ」工場長
◇労基署から改善命令が出ても不正を指示
◇出勤途中の電車内で左胸に激痛が走りダウン
◇パワハラ工場長との「2人部署」を創設するキユーピー本社
◇「会社に非を認めさて、あなたが納得できればうつ病は治る」
◇「和解して守秘義務があるので答えられない」キユーピー本社

◇「課長は残業がつかないから、いくらでも働け」
 筆者がこの事件を知ったとき、すでに裁判は和解交渉に入っていた。念のため、原告の代理人「銀座通り法律事務所」田中省二氏に取材を申し込んでみたが、「和解の最中なので非公開で取材に応じることはできません」という。

 そうした事情から、事件の実態を知るため、裁判記録に基づき、調べることにした。キユーピーパワハラ事件は、次のようなものだった。

 パワハラを受けたと訴えたのは、50代前半の男性、原智雄氏(仮名)。原氏は静岡県に校舎を置く私大を卒業後、1980年代半ばにキユーピーに入社した。配属先は、佐賀県鳥栖(とす)市にある鳥栖工場の製造課ベビーフードフィラー(充填)係だった。その頃は充実した日々だったようだ。当時について、原氏は次のようにつづっている。

 「結婚前までは1カ月150~200時間の残業を体力と気力で乗り切る。良い上司、諸先輩の指導を受け、技術、技能、知識を習得でき、仕事が面白かった。残業は多かったが、苦にならなかった」

 入社から3年後、原氏は結婚した。部下もでき、残業は半分の100時間に激減したという。その後、90年代前半には、愛知県豊田市にある挙母(ころも)工場に転勤。それから数年後、係長に昇進。90年代後半には課長になった。昇進にともない残業手当は一切つかなくなった。当時の残業は1か月50~80時間だったという。

画像2 上が京王線中河原駅。駅から徒歩3分に工場がある。下がキユーピー中河原工場。〒183-0034 東京都府中市住吉町5-13-1
 そして2000年10月、東京都府中市にある中河原工場の業務用マヨネーズ部門を担当する製造4課に転勤した。

 実はその4カ月前、同工場内で、問題が発生した。要冷凍のマヨネーズを常温で保管するというミスが発生し、細菌性の高くなった製品を出荷して、ユーザーからクレームがきたのである。こうした問題が起きた工場の立て直しを期待されて、原氏は東京にやってきたという。新天地での部下の人数は、パート数名を含めて約30名。残業は1ヶ月50時間だったという。

 ここまでは順風満帆といえよう。人生の歯車が狂ったのは2002年からだった。

 2002年10月、工場内の製造4課(マヨネーズ部門)と製造5課(ドレッシング+ゆで卵部門)が統合され、製造3課となり、原氏はそこの課長に就任した。部下はパート200人弱を含め、計300人という巨大な課だった。

 新たに工場長になったのは、鎌池(仮名)という人物だった。鎌池氏の風貌について、原氏は、こんなエピソードを記している。

 「ある日、パートタイマーから『さっきから、あそこで目つきの悪い人が腕組みして、こっちをじっと睨んでいるけど気持ち悪い』と言われたことがある。『あれは工場長だよ』と教えると、『こっちは安い賃金で必死に汗を流して働いているのに、一言も声をかけてくれない。前任の工場長とは全然違うわ!』と嘆いていた」

 その鎌池工場長は、驚くべきことに、新体制発足直後の10月10日の定例会議(週2回、課長以上が出席)で、こう言ってのけたという。

 「これから権限はすべてオレが持つ。課長は言われたことだけをやれ。オレに逆らうな」

 「できない課長は年度中でも異動させる」

 さらに、就任したばかりの原氏に対し、こう言い放ったという。

 「こんなに歩留まりが悪いならば、お前なんか辞めろ」

 ちなみに「歩留まり」とは、「生産する製品のうち、不良品でない製品の割合」を指す。通常、製品の多くはすべて出荷できるわけではなく、一定の割合で不良品が含まれる。歩留まりが低いと、原材料費や製造コストの無駄が大きくなるため、企業の収益を圧迫する要因とされている。(IT用語辞典 e-Wordsより)

 歩留まりの低い主因は、ゆで卵部門だった。そもそも中河原工場の製造するゆで卵は、コンビニのおでんや、中華の冷たいめんに入れるもので、キユーピーの関東地区のゆで卵生産を一手に引き受けていた。そのため、生産は365日体制で毎日深夜まで稼働していた。

 後述するように、原氏は、ゆで卵部門の歩留まりが低いことを理由に、散々いびられることになる。だが、そもそも歩留まりの低かったワケは、原氏によると、「卵購入担当者が、夏場に、品質の悪い黄身の偏った卵を大量に500トン近くも仕入れたため、不可避的に歩留まりが悪くなった」というもの。要するに、原氏のせいではない。

 ゆで卵部門には、もう一つ問題があった。受注が増える一方で、受注数量はすでに生産能力を大幅に超えていたのである。そのため、原氏は、人員を増やす必要があると鎌池工場長に相談した。すると、こう怒鳴られた。

 「人の採用はすべてオレが決める。当分、採用しない。いる人間でやれ!」

 さらに、こう言った。

 「人が足りないならば、課長がラインに入ればいい。残業代がかからないからな」

 「課長以上は、残業はつかない。いくら仕事してもいいぞ。ラインが終わるまでは帰るな」

 こうして新体制直後から、原氏の生活サイクルは一変した。

 午前5時起床。6時出社。7時には、ゆで卵の製造ラインに、自ら一工員として参加。9時~17時までは、3部門を管理、監督。17時以降は、ゆで卵の製造ラインに再び自ら一工員として参加。23時~0時頃、ようやく終業し、午前1時ごろ帰宅。入浴、夕食を済ませ2時ごろ就寝。こんな生活が何カ月も続いた。

 そんな激務の中、工場長の鎌池は、耳にタコができるほど、こう言い続けた。

 「なんだこの数字は!」

 「お前なんかいらないから、辞めろ!」

 さらに目標とする歩留まりと、実際の数字との差益を、毎月、責めた。

 「10月の1,200万円の数差損をどうする気だ。9月までの利益がすべてなくなった。お前のせいだ」

 「なんで11月の数差が1,300万円も損になるのか! ラインを見ているのか! どうするんだ。この累計2,400万円もの損! 責任取れ!」

 さらに、鎌池には、こんな聞き捨てならない発言もしていたという。

 「工場長の賞与のパイの大きさは決まっている。一番成績のいい工場長から順に、好きなだけ取れるんだぞ。だから、オレはお前たちを目いっぱい働かせているんだ」

◇「オレは全部休むから年末年始たのむわ」工場長
 そして、年が押し迫った12月28日、鎌池はこう言った。

 「オレは12月29日~1月5日の間、全部休むから、工場長代行たのむわ。毎日、製造状況をメールしてくれ.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



画像3 京王線中河原駅は鈍行の駅。特急はそのまま通過する。原氏は、うつ病の症状が改善しない苦しさのあまり、この駅の特急に飛び込み自殺することを考え、駅のホームの端に立ちすくんだことも何度もあった。そのたびに家族のことが頭をよぎり、何とか自殺を思いとどまった、と記している
画像4 キユーピー本社。屋上にはキユーピーのような絵が描いてある。本社前にはキユーピーの看板もかかっている。〒東京都渋谷区渋谷1-4-13

関連記事
記者コメント
本文:全約8100字のうち約5300字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 15521 続報望むポイント
115
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
元従業員  09:44 08/07 2015
工場長は酷いね。私も似たような目に…。ただ、この件と比べてレベルは全然低かったけど、イナガキとフジタという女は最悪だったね。容量の関係これ以上書き込めません。
クウー  01:46 02/25 2015
中島周とはいったい何者なのか、QPをかき回して利益を得ているとんでもないやつである。早くどこかに飛ばせよ!社長もできないほど権力を持っているのか?
クゥー  01:41 02/25 2015
QPの株価は上がっているけれど、その分労働者に苦役を与えているのではないか。饅頭4当分の話もいまは通じないのだろうな!
クゥー  01:36 02/25 2015
QPはブラック企業なんですな。たった一人の工場長が部下の人生をくるわせた。元工場長よ早く死ねよ!
  13:40 05/10 2014
酷いですね。もうマヨネーズは買わない。
きよ  21:09 01/14 2012
どこも一緒ですわ。小泉改革とか成果主義とかからこの国ではまともな人は生きていけない社会になったんですよ。嘘つき泥棒人殺しだけが生き残る。死にたくなかったら人生投げるか、働いてるフリだけして足の引っ張り合いに参加するか。
労災うつを持つ家族  17:57 01/14 2012
会員
大企業の労災事例は、労基署がは特に公表すべきだと思います。 なぜなら、それも一つの「コンプライアンス」だからです。 労災認定されても病気はなおらない。 やはり会社が「その非をみとめて謝罪し、本人が納得できなければ治らない。」を実感中。 でなければ、本当に狂って行くのです。 家族の苦しみも深いのです 。