MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
キヤノンマーケティング セクハラ被害者「人生狂わされた」と怒りの告発
画像1:キャノンマーケティングジャパンで業務中にセクハラ被害を受け、人生を狂わされたと訴えるMさん

 

 


 キヤノンマーケティングジャパンの中堅女性社員Mさんは、業務中に子会社の取締役からセクハラを受けたことから職務改善を申し入れるも聞き入れられず、心労がたたって入院した。PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症し、約4年間も苦しみ続けた後、体調を回復。休職期間満了直前に医師から「復職可」の診断書が出たにもかかわらず、会社側は復職を認めずに事実上のクビ切りを断行した。納得できずに2011年6月、キヤノンマーケティングジャパンに対して地位確認や未払い賃金の支払い等を求め千葉地裁に提訴したMさんに、こうしたセクハラトラブルを発生させてなお反省の気配がないキヤノンの企業体質等について具体的に話を聞いた。(訴状はPDFダウンロード可)

【Digest】
◇「キヤノンブランドをこれ以上汚すな」
◇御手洗毅の言葉に感動
◇分裂する職場
◇セクハラ常習役員の乱行
◇内部告発すると嫌がらせメール50通
◇診断書無視でいきなり首切り
◇100%子会社のセクハラは「関係なし」(キヤノンMJ)

◇「キヤノンブランドをこれ以上汚すな」
 さる8月31日、千葉地裁でセクハラを巡る訴訟の、第1回口頭弁論が行われた。そこで、原告の女性Mさん(仮名、年齢40代後半位)が、こう意見陳述をした。

 「私は、キヤノンマーケティングジャパン(株)が職場環境の保全を尽くさなかったことを原因とするセクシャルハラスメントの被害によって、甚大なるダメージを負いました。

 私は外出することもできなくなり、日中も寝込んで、当時、小学生と中学生だった子どもたちに食事もつくれない状態に陥りました。加害者とキヤノンマーケティングジャパン(株)は、私と、私の大切な家族の人生を変えてしまったのです。

 キヤノンマーケティングジャパン(株)は、薄っぺらな体裁にこだわるのではなく、事態を深刻に受け止めて、社員の安全を第一優先に配慮して頂きたい。連結1万8千人以上もの従業員と、多くの協力社員を働かせている大企業だからこそ、率先して義務を果たす社会的責任があります。

 私が入社した時にキヤノン(株)の創始者の一人は『社員とその家族は会社の財産だ』と言い切り、日本国内でいち早く職場環境の充実を図ってきたことを、キヤノンマーケティングジャパン(株)が手本として頂けなかったことを、哀しく思います。

 長くキヤノン販売(株)の理念として掲げられてきた『逃げない』、『嘘をつかない』ということが、キヤノンマーケティングジャパン(株)では忘れられてしまったことが残念でなりません。

 キヤノンマーケティングジャパン(株)には、先人や管理職、私たち社員が一丸となって守ってきたキヤノンのブランドイメージを、これ以上汚すことのないよう、希望します」。

 Mさんは、時に毅然とした口調で、時に声を震わせながら、裁判長に切々と訴えていた。Mさんの言うセクハラとは一体どういうものなのか?その詳細を取材した。

◇御手洗毅の言葉に感動
 Mさんがキヤノン販売(株)に入社したのは、日本経済が右肩上がりに拡大した1981年のことだった。(同社は2006年に「キヤノンマーケティングジャパン(株)」に社名変更)。職種はインストラクトレス(営業支援)だった。

 「当時は入社試験は、キヤノン(株)と合同で、創始者の御手洗毅さんのお話もうかがえました。御手洗さんの『社員と社員の家族を大事にしてきた』という話を聞き、こういう会社だったらやりがいもあるし、大事にしてもらえる分だけ、自分たちもがんばろう、と思えました.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



画像2:キヤノン販売(株)のお客様センターから分社化した現キヤノンカスタマーサポート(株)本社のあるビル。場所は幕張
画像3:セクハラが行われた幕張の中華料理店
画像4:セクハラをした若旅幹緒が取締役であることを証明する文書(謄本)
画像5:品川本社
画像6:訴状。全文は記事末尾からダウンロード可

関連記事
記者コメント
本文:全約8600字のうち約7400字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 9864 続報望むポイント
41
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項