MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
TOTO洗面化粧台、「出火原因」と国に認定されても否定 ずさんな鑑定が示す住宅火災の深い闇
TOTO製の洗面化粧台が出火して自宅が火事になったのに、TOTOは責任を取らない、と訴える加藤貴敏氏(実名、35歳)。撮影場所は加藤氏の現在のオフィス。仮眠ベッドが置いてある

 福岡市在住の加藤貴敏氏(35歳)は東日本大震災直後の3月19日、自宅マンションが火災となり、家財も一切合財を失った。消防署は、出火原因はTOTO製の洗面化粧台と判定。さらに今年1月には本件につき、消費者庁もTOTO製品を名指しで出火原因と公表したが、TOTOは根拠も示さぬまま「火事の原因は自社製品ではない」と言い張る。その裏には、消防・警察の天下り先となっている「日本科学鑑定」なる調査会社がいた。マンション管理会社と結託し、知識の乏しい消費者につけ込んで、火災が起きた際にTOTOなどメーカーや施工会社に有利になるよう、架空の調査担当官を捏造してまで、火災原因を不明にしていたことが分かった。すべての住宅購入者が知っておくべき「住宅業界の闇」を報告する。

【Digest】
◇「ピンで震災を味わったのと一緒」
◇消防署が「出火原因は洗面化粧台」と判定
◇架空人物のコメント根拠に「出火原因不明」
◇実在しないとバレた途端、調査結果を変更 
◇国がTOTO製品が出火原因と公表
◇「出火原因はわからない…」TOTO本社

◇「ピンで震災を味わったのと一緒」
 被害に遭ったと訴えるのは加藤貴敏氏(実名、35歳)。加藤氏は昨年まで、福岡県博多市内にある、15年の付き合いのあるオーナーの派遣会社でサラリーマンをしていた。そして、2011年初頭、そのオーナーが所有し、会社の事務所として使っていた分譲マンションを、約1,700万円で購入する予定で、分割で支払っていき、全額支払うまではオーナーの持ち物を加藤氏が借りる形で、完済したら加藤氏のマンションになるという売買契約を結んだ。

 そのマンションは、2006年4月に新築した福岡市中央区にあるデザイナーズマンションで、25平米の部屋だった。「風呂場にはテレビもあり、お気に入りの部屋でした」と加藤氏は語る。

 しかし、この引っ越しから2カ月半後、加藤氏の人生を激変させる事件が起きた。

 それは2011年3月19日(土曜日)のこと。この日、加藤氏は、会社の社長と一緒に食事をして、その後、友人とレストランへ行き、23時頃に帰宅した。加藤氏は、玄関を開け、「風呂に入ろう」と思って、ガス給湯器のお湯張りボタンを押し、その後、リビングに横になって音楽を聴きながらくつろいでいた。加藤氏は語る。

 「横になって、それからしばらくすると、部屋に煙が入ってきたような気がして、おかしいな、と感じました。でも、まさか、そんなわけがないと思い、それから3、4分経過しました。でも、どうしても気になって、ドアを開けたら、洗面台から煙がボワッと出ていました。

 『うわ! これはいけない!』と思い、慌てて洗面台に備えつけてあるシャワーを持って、火を消そうとしました。でも、水を出すと、今度は逆に火が出てきて、そのうち、シャワーの水も止まってしまい、みるみるうちに火の手があがってきました。

 『これはいけない!!』と思い、台所の鍋やフライパンに水を入れて、火を消そうとしたのですが、火の手は大きくなる一方でした。

 すでに火災警報のベルが鳴り響いていました。私は、携帯電話から、119番に電話した後、部屋の外に出て、『マンションの住人に知らせなければ!』と思い、隣の部屋のドアをドン!ドン!と叩きました。すぐに住人が出てきたので『火事だから知らせてくれ!』と言って、自分の住むフロアの上と下の階の部屋のドアも叩いて回りました。すでにマンション中に警報ベルが鳴っている状態でした。その後、消防車がきました」

 こうして火は消防隊が消した。当時の部屋の様子を加藤氏はこう語る。
 「火の出た洗面所のところは全焼で、リビングの家財もドロドロに溶けてヘチマみたいになっていて、エアコンもトロトロに溶けていました」
 なお、かろうじて隣の部屋までは燃え広がっていなかったが、自室の家財はほぼ全て焼損してしまった。

上は加藤氏が入居していたたマンション。下は火災直後の部屋の状況。上段が消防署が撮影したもの。下段は加藤氏が携帯で撮影した洗面台とエアコンの写真

 

 

 火が消えた後、加藤氏は消防署の調書をとってから、明け方、ビジネスホテルに泊まった。しかし、寝つけず、ゴホゴホと咳き込み、徐々に気分も悪くなってきた。翌日病院へ行くと、「これは煙を吸っていますね」と医師に言われ、約2週間、治療するハメになった。診断書によると、右手首の火傷で全治2週間、気道熱傷で全治1週間、である。

 引っ越し直後ということもあり、加藤氏は家財に火災保険をかけていなかった。そのため、テレビやパソコンといった家電製品や、ベッドやソファーといった家具、スーツやバックなどの生活用品、ゴルフセット、アクセサリーなどを、一瞬にして失ってしまった。さらにプライベートな写真や手紙、パスポート、クレジットカードなども、全てなくしてしまった。その後、加藤氏は2週間、会社を休んだ。

 火災に遭った直後の心境を加藤氏はこう述懐する。

 「ちょうど3月11日に震災があり、火事は3月19日でした。あの当時は震災のことばかり考えている中で火事に遭ったので、なんていうか、被災者の人々と一緒のような気持ちになりました。ピンで震災を味わったようなものなので…他人事ではありませんでした」
 なお、火災したマンションはその後、オーナーに返す形になったが、柱もダメになり、生コンも打ち直さなければならない状態で、オーナーが加入していた火災保険の550万円の補償程度ではどうにもならないほど損傷しており、今現在も、人は住めない状態という。

◇消防署が「出火原因は洗面化粧台」と判定
 火災から2週間経ち、加藤氏は職場に復帰した。その後、「日本科学鑑定」という会社が「火災現場の検分をしたい」というので、加藤氏は何度も立ち会った。「日本科学鑑定」とは民間の鑑定会社で、後述のように、にわかには信じられない程、いい加減な鑑定をした会社である。

 同社は、マンション管理人との火災保険の契約により、火災鑑定をしていた。日本科学鑑定の本社は福岡市博多区内で、同社HPによれば、「消防OB、警察OB」による「徹底した鑑定、調査」のウリにしているそうだ.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



消防署の「火災原因判定書」
上がTOTOの文書。舌が日本科学鑑定の「調査報告書」
日本科学鑑定の「再調査報告書」
消費者庁が2012年1月20日に公表した「消費生活用製品の重大製品事故に係る表」。TOTO製品の型番、メーカー名が明記されている。下は、くだんの洗面化粧台LMJ951B3H

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約9600字のうち約7400字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 5112 続報望むポイント
18
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
こう  22:57 02/20 2012
リフォーム時に、洗面化粧台やトイレを検討してましたが カタログのフリーダイヤルに問い合わせた時の女性の対応が悪かったので他社製品にしました。 社風が表れていますね。
加藤 貴敏  13:11 02/20 2012
佐々木さんの記事を拝見しました。 私の話は全て事実ですがTOTOのコメントで末尾に誠意を持って対応してるとありますがTOTOからは何ら連絡はありません。誠意なんてゼロの会社ですね。 続編も佐々木さんに期待します。