MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
テレビ東京
Ba 普通の企業
(仕事3.0、生活2.0、対価4.4)

 キー局のなかで最後発の同社は、必然的に他局が手掛けないニッチな市場に活路を見出してきた。それはニュースの分野では「経済」であったが、ニュース系番組で唯一の「スポンサー待ち」状態と社内で言われているのが、看板番組「ワールドビジネスサテライト」(WBS)である。

【Digest】
◇主要ポストは日経の天下り
◇「仕方なくニュースをやらせている」
◇簡素な組織、1人で複数を掛け持ち
◇若い段階から必然的に権限を持つ
◇部の垣根が低い
◇「あきらめ」「のほほん」のカルチャー
◇他のキー局にくらべて役員比率が高い
◇色々な意味で「負け犬」
◇地道な下積みは一切なし
◇3年で戻っていく日経社員
◇課長までは誰でも昇進
◇ほとんど差がつかない評価制度
◇リストラは自然減中心
◇ストを敢行したこともある労組
◇バイト相手のセクハラで異動も


◇主要ポストは日経の天下り
 WBSは、まず番組のメインとなる「特集」に、社員ディレクター(D)10人程度が常に張り付いている。それ以外のコーナーを担当する社員Dが10人程度おり、さらに外部制作会社在籍のD10人程度を加えた計約30人が現場部隊。それにまとめ役となる番組デスク(チーフディレクター)が加わり、WBS専属の一つの部として動く。

 この組織をなぜか「経済部」と呼び、部長=プロデューサーだ。もちろん部長は筆頭株主(36%)である日経新聞からの“天下り出向”で、こうした主要ポストは日経の植民地。現在の経済部長・廣瀬和彦は日経本体の経済部記者出身で、直前のポストは経済部デスクである。

 テレビ経験ゼロなので当然、テレビ局の仕事など何も知らないから仕事らしい仕事は出来るはずもない。プロパー社員は.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



テレビ東京の年収推移
意思決定カルチャー他
評価結果詳細

関連記事
記者コメント
本文:全約7,400字のうち約7,000字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
アクセス数 28647 続報望むポイント
1627
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項