MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
野村證券 内定辞退が相次ぎリクルーター補佐体制を強化
社員が携帯する野村證券の社章を机に置いてもらった。野村家の紋章であるツタ(蔦)の葉、屋号の 「ヤマト」、カタカナの「 ト 」 は創設者・野村徳七の名前からとられたという。

 野村證券で、総合職A(全国転勤アリ)の採用が本格化するのは、大学3年の冬以降。大学別に編成されたリクルーターのチームが動き出す。主要大学別に、7~10年目の社員1人がリクルーター(責任者)としてアサインされて、半年ほど通常業務から離れ、リクルーター業務に専念する。この専任リクルーターが役員に対し、「この学生を推薦します」という内容の推薦状を出すことで内定する仕組みなので、事実上の採用権限を握っている。内定日は、コロコロ変わる経団連ルールで「面接解禁日」とされる月の1日だ。ある年は解禁が4月だったので、4月1日に学生を呼び出し、形式的な役員面接が行われ、即内定となった。もちろんこのリクルーター経由の内定ルートについては、公式採用ページでは一切、触れられていない。

【Digest】
◇リクルーター制を強化、2千人超を面談し80人採用
◇海外キャリアパスは3種類、同期の1割強が行ける
◇リクルーターが面談する学生は2千人超
◇入社後は学歴関係ナシ、数字の勝負
◇アナログなノウハウ、「果たし状が来た」とさらされる巻紙
◇どれだけウェットな関係になるか、の勝負
◇証券マンのジレンマ、ノルマ指標の変化
◇コンプラ強化で回転売買ストップ、高齢者ルールも
◇顧客情報は支店の外とは共有されない
◇アラサーまでに4割辞める、フィンテック系創業も


◇リクルーター制を強化、2千人超を面談し80人採用
 野村はコース別採用を行っており、例年の人数は以下の通りだ。

①総合職A=全国転勤アリのリテール総合職 200~400人
②総合職B=転勤ナシの旧一般職(地域別で募集)200~400人
③総合職C=ホールセール部門の契約社員(IB、マーケット、リサーチ)30~50人
④FA=フィナンシャルアドバイザー(原則、中途のみ)

 全体で2015年605人、2016年662人、2017年652人を採用(詳しい内訳は非開示)。

 総合職Bは旧一般職の女性であるが、野村はかつて女性の昇進差別で敗訴した歴史があり、建前上は「AとBの違いは転勤可能性の有無だけ」と公表する。現場の運用は昔のままと考えてよい。

 総合職C(ホールセール部門)については、大学3年の夏冬インターンで約半数が内定している。これは人材獲得で競合する外資証券がそうしているので、バカ正直に経団連ルールに従っていたらババをつかまされるだけだからだ。

 総合職Aでリクルーター採用のターゲットとなっている大学は、早慶はじめ私大が多く、東大一橋、関関同立、MARCHまでの主要大学。リクルーターは、最大で各大学20~30人ずつに推薦状を書き、例年、最終的に計80人ほどがリクルーター採用で入社するという。

 ところが、電通で新入社員の過労死問題が発生した2016年は、リクルーター経由で内定を出したものの、学生側からの内定辞退が相次ぎ、大学によっては結果的に8割がたが入社しなかった、というのだ。

 そこで、内定辞退されないよう、2017年からは、リクルーターを補佐する「キャリアアドバイザー」(20代若手社員)を各大学別に3~5人ほどアサインし、体制を強化。より丁寧に選考するようになった。2018年も継続されている。

 キャリアアドバイザーは専任ではなく、通常業務との掛け持ち。株式市場が終わる15時~18時の時間帯に、喫茶店で学生に会う。この学生は、特定大学で開催される会社説明会でエントリーした人や、大学の体育会経由で情報を得てエントリーした人などだ。

 「リクルーターは、まずは体育会から攻めていく、と言っていました。コネがなくても部室を訪問していく。自分も体育会出身で、体育会経由でリクルーターに会い、3月に最初に会って、4月1日に内定。もともと野村を第一希望と考えていたので迷いませんでした」(中堅社員=30代)

 飛び込み営業は普段の営業活動で鍛えている得意技なので、どんどん押しかけていく。新規顧客開拓に比べれば、大学の体育会を訪ねてチラシを配ってエントリーさせるのは、朝飯前だ。もちろんリクルーターは優秀な営業マンばかりである。

 キャリアアドバイザーとリクルーターは、1か月あたり50人といったペースで、1:1で1時間ずつ話を聞いて、5段階評価をつけていく。ここで1と2がつけば、即落選となるため、事実上の入社一次面接である。ファーストコンタクトとして、計2,000人超に対し、喫茶店で1時間ずつ会っている計算だ。

 この選考作業に関わった社員に、その選考基準や質問される内容を聞くことができた。近年の学生の志向性の変化を象徴するようで、興味深い。

 「学生は、8割がたナメてる感じです。よく聞かれるのは『リテールやってるんですか?』という質問。国内でドブ板営業をするイメージを持って、聞いてくるんです。それが、最終的な内定辞退の原因にもなっていて、競合は商社か銀行が多い印象です。Aコースで入ると海外でキャリアを積める可能性は実際に低いので、海外志向の学生はCコースに応募すべきでしょう。この面談の評価基準は.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



野村證券の支店組織
野村の巻紙は、その時代遅れ感がツイッター映えするため、よくSNSにアップされる(withnews記事
インストラクター制度で人材育成力をPRする野村證券(公式サイトより)
販売手数料は日本3.2%、米国0.59%と、尋常ではない差がある(金融庁2017年2月3日説明資料より)

関連記事
記者コメント
本文:全約13100字のうち約11300字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい(会員ID進呈)

アクセス数 2359 続報望むポイント
6
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
対応策について  07:53 05/19 2018
野村さんのことは知らないけど、管理職になる人は内弁慶だったり世渡り上手。ハラスメントした後も外面は良いから、周り管理職は穏便にして恩を売っておこうとする傾向はあるのかと思います。何処だろうとサイコパス的な管理職の部下は身を削られ疲弊させられるということだと思います。サイコパス的な人物は管理職にしない、部下を持たせないという人事制度でも創られれば改善されると思います。
対応策間違ってない?  23:41 05/18 2018
数年前野村辞めましたが、当時は暴力暴言酷かったです系の暴露、ネットとかに転がってるよね。リクルーターでどうこうするより、数年単位でハラスメント体質改善を頑張らないと意味ないっしょ。パワハラ訴訟で負けてる過去もあるんだし。
    10:50 05/18 2018
数字が人格の会社だとどうしてもね・・・まあ、給与に跳ね返ってくる分、いい会社だと思うよ。銀行業界に比べれば。