MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
自動車(出世の法則)
 自動車業界での出世の特徴を一言で表すならば、「とりあえず10年」だ。トヨタ、日産、ホンダの大手3社とも、まずは業界のこと、車のこと、会社のことを、じっくり学ぶ期間として、30代前半までは低めの賃金で下積み仕事に終始する。

◇とりあえず10年
 大手3社とも過去最高益を毎年のように更新しており一時金は若干増だが、ゼロコンマ何ヶ月の世界なので騙されてはいけない(2006年度はホンダで、年ゼロコンマ3ヶ月増)。

 30歳では、大手3社とも年収600万円程度にとどまる。抜擢人事で、ソニーのように「20代でリーダー的なポジションに就き年収800万円」は起きない。

 日産の30代社員が強調する。「(一般には)ゴーンの外資っぽいイメージが強いですが、実際には“泥臭い日本の会社”。短期集中型でスキルアップしようと思っても無理です」

 これは、家電等に比べると、最終製品が巨大で、膨大な数のパーツの集合体であるため、関連する膨大な下請け会社や社内の組織間の連携が重要となることと無関係ではない。

 長年、積み上げてきたケイレツ企業との関係、社内に固有のカルチャー、上下関係や部門間の力関係などを体験的に熟知していなければ、円滑にモノ作りが進まない。経験がモノを言う世界だ。

 決して、1人の突出した天才(たとえばソニーの久多良木氏のような)の力でグイグイ引っ張って成功する業態ではなく、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



日産自動車のキャリア

関連記事
記者コメント
『PRESIDENT』2006/7/10発売号 の原文です。雑誌版では、紙幅の制約から3~4割カットされており、広告主への配慮もなされています。解説(総論)は、こちら をご覧ください。
本文:全約2,200字のうち約1,600字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい(無料)
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
■社員を紹介していただいた方、取材を受けていただいた方には、
会員IDおよび薄謝進呈いたします。ご協力のお申し出をお待ちしております。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 15981 続報望むポイント
401
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
母  21:46 11/06 2007
息子が整備士になりたいというのでK松原高校の自動車科に行っています。将来は2級整備士を取ると専門学校に行くと言っています。
親としては4年の大学に行って1級を取得したほうが将来に有利になると思っていますが実情はどうなんでしょう?