MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
ジェイティービー(2004)
Caa:不良企業
(仕事2.5、生活2.7、対価2.2)

 今春、残業代が適切に支払われていないとの疑いで、JTBの2つの支店に労働基準監督署の立ち入り検査が入った。JTBは残業代の未払いを認め、その支店の社員には先月(2004年5月)、残業代が一括で支払われた。約80万円の残業代を手にした社員もおり、社内では「ボーナスより高い」と一躍有名になった。


 支店では、個人別に目標予算を持たされるが、他社との競争が激化するなかで、ほとんどの社員は達成できないのが現実。仕事の量を減らせばますます目標達成は遠のく。数字が行っていない以上、増員する訳にもいかない。結果、「労基署の問題が起きてからは、持ち帰り仕事が増えました」とある社員は実態を説明する。

 昔はキッチリとサービス残業をやらせないカルチャーもあったが、支店長が数値目標を達成するため(要するに自身の昇進のため)、部下に、コソコソと裏でサービス残業をやらせるようになっているのである。それほど旅行業界の環境が厳しいという事情もある。

 取り易いとされてきた休日についても、実際は少し違うようだ。同社は支店長の権限が強く、支店長に評価されなければ昇進や異動が難しい。一方、社員は仕事が多すぎて休日出勤しないと処理しきれない。このため、書類上では有給休暇としておきながらも、サービス出勤せざるを得ないことがあるという。同社HPでは「年次有給休暇(取得率90%以上)」と取得率の高さがことさらアピールされ、取得率は確かに日本企業の中では最も高い部類に入るが、なかには休めていない社員もいるのだ。

 昨年末には、同じ月(2003年12月)内に、本社で勤務時間中に2人が亡くなるという異例の事態が発生。会議中に突然、様態がおかしくなり、救急車で運ばれていくというパターンで、過労死の疑いがきわめて濃厚だ。1人はまだ、30代半ばだったという。

 ただ、同社には隠匿体質はない。“過労死”事件を受け、総務部と健康保険組合から、社内メールで「健康管理に気をつけるように」といった注意喚起をするリリースが、全社員向けに流されている。まるでなかったことのように処理する大企業がほとんどであるなか、良心的な対応である。

 このように、同社の仕事は、プレッシャーに追いかけられ、文字通り「死ぬほど」忙しい時期がある。各種の就職人気企業ランキング1位の常連ながら、入社5年目までに約3割が辞めていくという少し高めの離職率の原因も、こうした忙しさが一因となっている模様だ。

意思決定カルチャー等
    ◇     ◇     ◇
 しかし、年中忙しい訳ではない。忙しいのは、年末前、ゴールデンウイーク前、夏休み前といった、いわゆる旅行シーズン前だ。また、全ての支店が忙しい訳でもなく、都心部と地方でも温度差がある。

 多くの社員が所属する支店では、各自にノルマが設定される。昔は、最近までの武富士のように、ノルマを達成できない社員に対する支店長の「鉄拳制裁」(暴力)もあったし、地方はそういうカルチャーが少し残っているところもあるという.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



  年収推移                         
  評価結果詳細

関連記事
記者コメント
本文:全約5800字のうち約4700字が
企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
キャリアコラムのメルマガ登録は こちらからお願いします
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい
この記事は 2005年度版があります。
アクセス数 140353 続報望むポイント
3334
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
元JTB本社勤務2  23:25 10/04 2012
現役の方、生保営業等に転職した方、もう少し自分のValueを高めましょう。 JTBなんて 定年までいられる会社じゃないですよ(^'^) ちなみに今は完全週休2日で JTB時代の2倍以上の年収貰ってます。 女性社員は優秀なのが多いけどね。。。男性は頭の中まで筋肉みたいな体育会系営業はもう止めましょう。 時代はどんどん変わってるんだから
元JTB本社勤務  23:25 10/04 2012
まあ 支店営業から生保の転職はありがちですね(#^.^#) あまり成功している人は見たことないけどね。  私は10年以上本社にいましたし、JTBの構造は良く理解しているつもりです。 JTBがというより 旅行業界が既に崩壊していてJTBもご多分にもれずということですね。 実際にはJTBで事業化出来なかったことを他で事業化して成功しているケースが山のように存在します。
元JTB関連会社勤務  19:03 06/14 2012
上司のコンプライアンスの欠如、パワハラ、些細なミスでの恫喝、する割りには自分のミスを棚上げ、管理能力が欠け毎日のように発生するトラブル等の問題で解決策を話し合っても変わらず私が尻拭い。非協力的な同僚で精神的に病んでしまい、労基署に事情を話した後に退社。残業を多いときで一日3~4時間、でも手取り十数万円ほど。迂闊に人を信用するな、自分の身は自分で守れと学んだ。
転職した私(続き)  18:25 11/25 2009
ここで色々と批判をしている現役社員の気持ちはよくわかりますが、私は入社時から将来のキャリアアップのためにJTBの経験をどう活かすかを常に考えて仕事をしてきました。嫌なら辞めればいいし、残るなら覚悟決めて仕事しないとリストラですよ。JTBで仕事をしてきた人は他業界でも充分に通用します。語学は関係ありません。ここでくすぶってないで今より将来をもっと前向きに考えてみませんか?みんな実力あるんだし。
転職した私(続き)  18:09 11/25 2009
それら全てを肯定はしませんが、他業種だと恐らくはできないであろう色んな経験もさせてもらいましたし、仕事(営業・接客など)の基礎も身に付けてもらいました。生保営業になって数年が経ちますが、仕事はとても順調です。はっきり言ってJTBでの経験がなかったらここまで生き残れていないと心底思います。それほどJTBでの経験は私にとって大きなものです。(さらに続く)
転職した私  17:53 11/25 2009
数年前に某カタカナ生保の営業というJTBからは非常にありがちな転職をしました。関西で10年ほど団専で法人営業として勤め、まさに『修行からの卒業』という感覚で会社を辞めました。ここに書かれていること、多少の誇張はあったとしても恐らくほとんどは事実だろうと思います。サービス残業、自腹、私も当然ありました。辞めるまでに恐らく100万ぐらいは自腹切ってると思います。(続く)
元JTB西日本  13:45 10/18 2009
辞めてすっきり。 一般社員はどんなに頑張っても箇所長は何も見えてないから見切りました。労働条件もひどいしね。 転職して即収入UP(笑)