MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
スポーツドリンク(食の安全・コンビニ編)
「アクエリアスクエン酸ウォーター」(日本コカ・コーラ)

 スポーツドリンクにはミネラル分や電解質(イオン)が多数含まれるが、その多くは食品添加物に指定され、各種実験で安全とはいえない結果が出ている物質も多い。特に「甘味料」入りのドリンクは、運動後の糖分補給に全く役に立たないうえに安全性も低く、避けたほうがよい。

<スポーツドリンクとは何か?>
 今回は「スポーツドリンク」を取り上げる。「スポーツドリンク」はメーカー単位で製造・販売されているので、今回も商品ごとに危険性を比較検討していく。

 スポーツドリンクは1960年代後半にアメリカで初めて商品化され、日本では1980年の「ポカリスエット」(大塚製薬)の販売開始から一般的になった。

 現在、いろいろな種類のスポーツドリンクが出回っているが、そもそもスポーツドリンクとは何か。一般的には、運動などで汗をかいたときに水分とともに失われるミネラル分や、汗とよく似た構成の電解質(イオン)を含んでいる飲み物、と定義することができる。

 運動時の発汗によって失われる水分、ミネラル、ビタミンを補給し、さらに低血糖状態を改善できるというのが、スポーツドリンクの効用である。

 実は汗の99%は水分だが、Na(ナトリウム)、K(カリウム)、Ca(カルシウム)、Mg(マグネシウム)などのミネラル類も少量含まれている。スポーツドリンクを飲むと、水分の吸収が早いだけでなく、手軽にミネラルや糖分の補給が出来る。このため、トレーニング後に飲用すると、発汗量が多い場合は、生理状態や疲労の回復が、水だけを飲むよりも短時間に行われることになる。

商品別危険性グラフ
【商品間の比較・特徴】
<多種多様な添加物の入ったスポーツドリンク>
 今回調査対象としているスポーツドリンクには実に多くの食品添加物が入っている。スポーツドリンクの訴求ポイントであるミネラル分や電解質(イオン)の多くが食品添加物として指定されているので、当然のことである。

 これらのミネラル分や電解質(イオン)は、本来体内に存在するものが大半であり、危険性がそれほど高いものはない。ただし、多く摂取しすぎた場合には何らかの悪影響があるものも存在する。危険性があると考えられるものは、以下の通りである。

 「塩化K(カリウム)」は血中に通常でも存在するが、医療ミスで大量に投与された場合には死亡する事故も起きており、自殺に使用されることもある。塩化K(カリウム)を飼料に5%混ぜて摂取させた場合、胃に異常(ガン)が発生したという実験結果がある。

 「コハク酸Na(ナトリウム)」を10%混ぜた水を摂取させたところ、4週間以内に死亡したという実験結果がある。(ただし、5%以下の場合には死亡していない。)また、飼料に2%混ぜてラットに与えたところ、10%の体重減少が見られたという実験もある。

 「アスパラギン酸Na(ナトリウム)」をハタネズミに皮下投与したところ、神経細胞に異常が見られ、子どもには大脳皮質にも異常が見られたという実験結果がある。また、高濃度の糖尿の症状も引き起こす。

 「グルタミン酸Na(ナトリウム)」はうまみ調味料(味の素)の主成分ともなっている添加物である。グルタミン酸Naを空腹時に大量に食べた場合には、15~25分後に一部の過敏な人に灼熱感や顔面の圧迫感、胸痛が一時的に発生することがある。また、生まれたばかりのマウスに皮下注射すると、網膜や脳視床下部に異常が発生したという実験結果もある。一方で安全性を証明する実験結果も多々あり、グルタミン酸Naの危険性については古くから賛否両論が存在している。

(実験結果はいずれも「第七版 食品添加物公定書解説書」による)。

 [数字は危険度ポイント]
■「アクエリアス」(日本コカ・コーラ)
:塩化Na=0、キダチアロエエキス=2、クエン酸=0、香料=2、クエン酸Na=0、塩化K=2、アルギニン=0、乳酸Ca=0、酸化防止剤(ビタミンC)=0、甘味料(スクラロース)=2、イソロイシン=0、バリン=0
■「アクエリアス クエン酸ウォーター」(日本コカ・コーラ)
:塩化Na=0、クエン酸=0、香料=2、乳酸Ca=0、リン酸K、ビタミンC=0、クエン酸Na=0、マリーゴールド色素=2、アスパラギン酸Na=2、グルタミン酸Na=3、甘味料(スクラロース=2、アセスルファムK=2)、塩化K=2
■「ポカリスエット」(大塚製薬)
:酸味料=2、塩化K=2、乳酸Ca=0、調味料(アミノ酸)=2、香料=2、塩化マグネシウム=0、酸化防止剤(ビタミンC)=0
■「ポカリスエット ステビア」(大塚製薬)
:酸味料=2、塩化K=2、乳酸Ca=0、調味料(アミノ酸)=2、塩化マグネシウム=0、甘味料(スクラロース=2、ステビア=3)、香料=2、酸化防止剤(ビタミンC)=0
■「エネルゲン」(大塚製薬)
:酸味料=2、ビタミンC=0、塩化Na=0、塩化K=2、乳酸Ca=0、塩化マグネシウム=0、調味料(アミノ酸)=2、β-カロチン=0、ビタミンE=0、香料=2
■「対乳酸プロダクト 903」(キリンビバレッジ)
:塩化Na=0、L-カルニチンL-酒石酸塩=0、クエン酸=0、クエン酸Na=0、香料=2、コハク酸Na=2、甘味料(ステビア)=3、ナイアシン=0

<何のための「スポーツドリンク」か>
 他の清涼飲料水と同じように、スポーツドリンクでも砂糖や果糖だけでなく甘味料を使用したものが増えてきている。今回調査対象としたスポーツドリンクに使用されている「スクラロース」「アセスルファムK」「ステビア」といった甘味料は必ずしも安全な添加物とはいえない.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
本文:全約3700字のうち約1500字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「食の安全」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。


MyNewsJapanでは、コンビニで販売されている商品に含まれている食品添加物に焦点を当て、商品カテゴリごと(例えばおにぎり)に、各社別商品のリスクを比較検討して明らかにしている。
企画概要   >添加物の危険度判定方法
商品別の危険度算出方法  >sample
アクセス数 38931 続報望むポイント
2065
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
おじさん  03:49 05/30 2008
飲料メーカーが「塩入麦茶」を出さないのが不思議でならない。 夏季は爆発的に売れると思うのだが。
TUKA  10:27 05/29 2008
アセスルファムK入りの黄金コーヒーを3~4本/日で通算100本程飲んだら左右の脇腹に痒みを覚えるようになった。ヤバイと思い虹山コーヒーとおはようコーヒーに戻った。飲んでいる量は変わらない。痒みは少なくなったが、肝斑、アトピー様の浅黒いかさついた跡が残った。皆さんは大丈夫ですか?
ポカリ好き  16:13 02/15 2008
結局、企業の調査だろうと、 国の発表だろうと利害関係が 発生するから不都合な事実を 隠しているんじゃないかと 何も信用できなくなる。 私は目の前のスクラロース入りパンをどうすればいいのやら。
かしこ  15:49 05/05 2007
アクエリアスて、なんかへんな味がしませんか。アミノ酸だ何だと、いろいろ入れすぎですよ。買わないようにしましょう。
裕樹  11:20 05/05 2007
スポーツドリンクは  
危険性の高い物だと
いうことが分かりました
僕も少し調べて見ます
アニマ  09:10 03/25 2007
最近は合成甘味料に関心が強くなり、あまりにもいろんな食品に広がりに、ちと抵抗さえも・・・。(本人は何気に飲んでますが(;゜Д゜)<ヤバ・・・
mugi  19:53 01/31 2007
スポーツされている方は、麦茶と塩を休憩ごとに摂られてはいかがでしょうか?
なぜスポーツ飲料にこだわらなければスポーツができないのか、不思議です。