MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
コーラ(食の安全・コンビニ編)
「コカ・コーラ ダイエット」(日本・コカ・コーラ)

 コーラには「カラメル色素」「香料」「酸味料」など多くの食品添加物が含まれており、危険性が高い。それらに加え、更にカロリーオフのために各種の人工甘味料を添加している「コカ・コーラダイエット」「コカ・コーラ C2」や「ダイエットペプシ」シリーズは、特に避けたほうがよい。

<コカ・コーラVSペプシ>
 今回取上げる「コーラ」はメーカー単位で製造・販売されているので、今回も商品ごとに危険性を比較する。

 コーラの製造・販売を手掛ける会社として真っ先に名が挙がるのが、「コカ・コーラ」と「ペプシコ」の2社である。アメリカにおけるシェアはコカ・コーラとペプシが拮抗しているが、日本では、日本コカ・コーラがペプシに対して大きなリードを保っている。日本市場に本格参入するために、ペプシはサントリーと提携して、製造・販売業務を委託している。

 コカ・コーラ、ペプシに続く世界的ブランドは存在しない。日本でも比較的知られているのは、ヴァージンコーラくらいであろう。またダイエーなどのスーパーなどでPB(プライベート・ブランド)商品が販売されているが、いずれもシェア・知名度は高くない。したがって、今回は「コカ・コーラ」と「ペプシ」ブランドのコーラのみを取り上げる。

商品別危険性グラフ
【商品間の比較・特徴】
<コーラは添加物の宝庫>
 今回調査対象としているすべてのコーラに入っている食品添加物は、「カラメル色素」「香料」「酸味料」「カフェイン」の4種類である。

 「カラメル色素」は、いわゆるコーラ色と言われる褐色に着色するために使用されている。「カラメル」といえばブドウ糖・砂糖などの糖類を熱処理することで得られる物質でお菓子などによく使われているものである。「カラメル色素」と表示することが認められている食品添加物は計4種類(カラメル1、2、3、4)あるが、いずれも動物実験結果から危険性が指摘されている。

 「カラメル1」を飼料に混ぜてラットに対して与えたところ、下痢や食欲減退が見られた。また盲腸の重量増加などの異常が見られた。「カラメル2」を飲料水としてラットに与えたところ、体重増加の抑制、食欲減退が見られた。また、別の実験結果では腎臓や盲腸の重量増加も見られた。「カラメル3」を飼料に混ぜてラットに対して与えたところ、軟便、体重増加の抑制、白血球増加、盲腸の重量増加などが見られた。さらに、「カラメル4」を飲料水に混ぜて与えた場合には、黒色便などの症状が見られた。(「第七版 食品添加物公定書解説書」による)。

 「香料」と「酸味料」はいずれも一括表示が認められており、使用されている具体的な物質名は、消費者に対して明らかにされていない。

 香料には、ラットに体重1kgあたり2.6g経口投与すると、その半数が死ぬという実験結果がある「プロピオン酸」が含まれている可能性がある。→<香料の使用の有無がポイント>
 酸味料には、皮膚、眼、呼吸器官に触れると弱い火傷を示したり皮膚に繰り返し接触すると皮膚炎を起こす恐れがある「アジピン酸」が使われている可能性がある。アジピン酸は、慢性的な影響として、自律神経系や胃腸、呼吸器障害、気管支喘息の発生なども報告されている。→<レモンティーは酸味料に注意>

 なお、コカ・コーラに使用されている香料成分は“7X”と呼ばれ、コカ・コーラ社でも一部の幹部のみが知っている.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



青いコーラ「ペプシブルー」

関連記事
記者コメント
MyNewsJapanでは、コンビニで販売されている商品に含まれている食品添加物に焦点を当て、商品カテゴリごと(例えばおにぎり)に、各社別商品のリスクを比較検討して明らかにしている。
企画概要   >添加物の危険度判定方法
商品別の危険度算出方法  >sample

企画「食の安全コンビニ編」トップ頁へ
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい
企画「食の安全コンビニ編」の新着お知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
アクセス数 37899 続報望むポイント
2042
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
ひかり  22:02 09/30 2008
私はアトピーを持っているため食品を買う時には添加物表示をとても気にします。コンビニでも添加物に気を使い販売してもらえると買う事のできる商品が増えてうれしいです!
酸がね  20:33 10/26 2007
炭酸は酸ですから、髪の色が抜けることもあるし、骨を入れれば溶けます。
飲んだ場合は大丈夫。

ペットボトルのビールは日本では売ってないんですか?
米国ではふつうに売ってました。
イタリアではワインのペットボトルもありました。
ジード  13:25 10/25 2007
カラメルですがラットにしたって無害だったはずなんですけど
2年間の負荷実験をクリアしてますし
それに米やEUなどでも検証されて無害に成っていますが・・・・・
質問  14:42 08/31 2007
コーラの原料の中に髪の毛の色を抜く色素みたいなものはあるんですか?
ひとしさんへ  23:19 06/08 2007
果糖の害という言葉で検索されてみる事をお勧めします。
要約すると、普通の糖はカロリーになってしまいますが、ローカロリーを売りにしている甘味料は過剰に摂取すれば肝臓に負担がかかるそうです。
構造式的には、難消化性の糖は水酸基を多く持っているので、アルコールと似た作用を起こします。
ひとし  22:15 06/08 2007
ダイエットコーラ飲むと心臓が痛くなることがあるんですが僕だけでしょうか?
昔の話ですが  20:03 02/25 2007
昔清涼飲料会社に勤務していた知人の話です。瓶のものが流通していた時代に、回収瓶の洗浄する所のコンクリートが結構欠けていたと言ってました。知人曰く、リン酸塩ナトリウムが犯人だと確信していると言っていたがそうなんでしょうか。