MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
“血まみれ”のトヨタ車 カムリ技術者も過労死、海外出張に土日出勤重ね
トヨタカムリ・ハイブリッド。トヨタのドル箱市場、北米で発売。中国やオーストラリアでの生産も予定されている。

 トヨタ「カムリ」ハイブリット車の開発責任者をしていたチーフエンジニアのAさん(当時45歳)は2006年1月2日、虚血性心疾患で亡くなった。豊田労働基準監督署長は今年6月30日、過労死と認定。昨年12月の判決で過労死であることが確定した内野さんに続いて、社運をかけたハイブリッド車開発のために、なぜAさんは死ななければならなかったのか。社員の過労死認定が続くトヨタの労働実態について関係者に聞いた。

【Digest】
◇娘が死亡した父を発見
◇開発責任者の負担
◇土日出勤 頻繁な海外出張
◇直前2か月は月90時間の時間外労働

◇娘が死亡した父を発見
 2006年1月2日朝の10時。起きてこない父親の様子を見に長女(当時12歳)が部屋に行くと、トヨタ自動車製品企画室に勤務するAさん(当時45歳)は、蒲団の中で亡くなっていた。虚血性心疾患だった。

 死亡時刻は、1月2日午前1時ごろ。つまり新しい年が始まった元旦の夜、床に就いて間もなく亡くなっていたことになる。働き盛りのAさんに何が起きたのだろうか。

 大学の工学部を卒業したAさんは、1982年4月、トヨタ自動車に入社した。配属先は、静岡県裾野市にある東富士研究所だった。ここで電気自動車などの開発に従事し、その後、1991年に本社(愛知県豊田市)の製品企画室に転勤になっている。2002年ごろに新型カムリHV(ハイブリッド)開発プロジェクトに携わる。04年11月には、開発プロジェクトの責任者に任命された。亡くなった前日の06年1月1日付では、新型カムリ・ハイブリッド車のチーフエンジニアという経歴の持ち主である。

 入社当時から電気自動車やハイブリットカーなどの最先端技術の開発、商品として送り出すまでの重要な仕事を担っていたという。Aさんが亡くなる直前は、「カムリ」のハイブリッド化の開発責任者として多忙を極めていた。

 「カムリ」は、アメリカにおいて、過去9年間で3回、売れ行きナンバーワンになった実績があり期待がもたれていた。カムリの新車にハイブリッドを搭載する開発を行っていたのである。妻の代理人、梅村浩司(こうじ)弁護士は、「カムリは北米でトヨタのドル箱でした。ハイブリッド搭載の新型カムリの開発は、トヨタ自動車の屋台骨を支えるプロジェクトであり、それをAさんは命をかけてやっていたのです」と話す。

 ハイブリッド車のカムリは、コンパクトで環境も考慮した車として、アメリカ市場での伸びが期待され、トヨタの「期待の星」だった。その開発の全責任を負っていたのがAさんだったのである。

Aさんの過労死に対するトヨタ自動車の渡辺捷昭社長からの感謝状。「生前のご功績をたたえ…」
◇開発責任者の負担
 製品企画のチーフエンジニアの仕事とはどのようなものだったのか。夫の上司から聞いた話として、妻が陳述書に次のように書いている。

 「たとえて言えば、小さな企業の社長のような立場にあるとのことでした。多様な車のパーツ、さまざまな部門、組織、チーム(エネルギーの問題、原価の検討、デザイン、バランスなど)を統括する仕事でした。

 しかも、それぞれの課題に期限が設定されていました。常に3~4歩先を考える必要がありました。さらには米国という外国への受け入れられ方、マスコミへの対応など技術的問題以外にも、さまざまな問題への対処も迫られていました。多様な問題をかかえ毎日、毎日考える必要がある仕事でした」

 つまり、ハイブリット「カムリ」開発に関して、単に技術面のみならず、すべてにおいて唯一の責任者であるという重い役割を担っていたということだ。遺族代理人の梅村弁護士の話で補足しよう。

 「他に補佐するような責任者はおらず.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



Aさんの妻が名古屋地裁に提出した証拠保全申し立ての際の陳述書。労災申請するにあたり、会社にある資料などの証拠保全を申請した。

 

 

厚生労働省が示す過重労働の判断材料。Aさんの場合、長時間労働のみならず精神的疲労も過労死の原因と認められた。

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約3,900字のうち約2,400字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「マスコミが書けない本当のトヨタ」トップページへ

アクセス数 24561 続報望むポイント
438
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
昭和の遺物  11:09 11/24 2008
トヨタの工場で働いたことありますが、昭和の匂いがします。『頭ごなしに恫喝すれば言うこと聞くし、人は成長する!』 が会社の理念のようです。昭和から平成に時代が変わり、そんな考えの会社も減っているのに・・ 時代の流れに鈍感で、柔軟性が無いのか?『No1だから俺たちは正しい!』と、カイゼンする気が無いのだろう こんな理不尽、横暴、人権無視する会社は他に無い!
通りすがり  14:24 10/07 2008
トヨタみたいな自己資本金より有利子負債の多い会社なんてお金の管理ができてないんだから従業員も守れないで管理できないのあたりまえなんで愛知県人とか大学まで出たトヨタの従業員とかわからないのか疑問年々有利子負債が増えているどうしよもなくお金の管理というあたりまえのこともできない
sakawatto  12:48 10/02 2008
って言うか、カッコ悪いよな。驚きなのは、日本人の多くの人たちが「トヨタ」って会社を好きってことだよね。確かに車作りはそこそこで、面白くないけど品質的には満足な物を作るよね。労働状況については、大きい会社って言うのは大体こんな物でしょ。仕事なんて探せばたくさんあるし、車の開発なんて大きなプロジェクトでは仕事が終わることが無いのでしょう。資本主義の限界を感じるような気がします。
Jichael  14:18 09/30 2008
ほんと日本人は弱いよなぁ。 だから自殺も多いんだろうね。
Jichael  14:16 09/30 2008
酷だけど、自分の体は自分にしかわからんので、体調管理ぐらい自分ですべき。 そこまで辛いのなら、辛いと訴えて休むのが当然。死んだら元も子も無い。 それでクビになるのなら、その程度の会社だったというわけだし。
訂正  22:15 09/26 2008
紺色のを間近で見た時はカッコ悪いと感じたのですが、停車している白のカムリを見掛けるとそつなくうまく外装をまとめてありました。中々カッコ良かったです。 グリルがグレードによって変わるのはトヨタお得意の商法ですね(記事写真のメッキグリルは高級グレードのみ)。
読者  22:08 09/25 2008
そうすれば、トヨタの従業員さん方も多少は楽になるでしょうし、トヨタ車の車造りの見直しにも繋がります。一石三鳥ですよ。 モデルチェンジ期間を4年から5年に延ばせば、余裕や味わい深さがもっと出てくるのではないでしょうか。厳しい意見を羅列しましたが、Aさんの事件を糧にして会社が反省することだけが唯一の餞になるものと思います。ご冥福をお祈り申し上げます。