MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
10/25 2010
Tinyblogsimg_a20101025023017
大前研一ライブ/2010年8月1日号より
 日航 機長目前、悪夢の中へというトンデモ記事を見つけてしまった。

>>「私がパートに出るから大丈夫」という妻の言葉が胸にしみた。

 この山田泰正って記者、相当に重症。よっぽど世間知らずだ。

 「弱い労働者」対「資本家・経営者」という文脈が最初から頭の中にできていて、それを絶対に変えられない。「お涙ちょうだい」のストーリーが最初から決まってる。

 あとはその定型的な「結論」に、聞いた話のなかから、都合のいい事実を当てはめたり、強引に言わせてるだけ。たぶんこの記事も、そうとう「言わされた嘘」が混じっているはず。特捜検察のやり方そのもの、なのである。

 それどころか、家のローンや子供2人のくだりは、いかにも定型であるがゆえに、作り話の臭いがプンプンする。僕は、このベテラン副操縦士なる人物は、実在しない可能性が高いと思う。毎日は会社として、取材実態があるかを調査したほうがいい。そのくらい、どこかで聞いてきたようなリアリティーのない作文にしか見えない、ということだ。

 つまり、自民党(経団連)と社会党(連合)による55年体制が、毎日新聞のなかではまだ終わっていない。天然記念物級といえる。

 驚くのは、これが朝日や日経のような高給社員ではなく、食べていくのがやっとのはずの薄給・毎日記者による記事であること。JALの52歳副操縦士がどれだけ裕福な労働貴族であるかくらい、知っていて書いているはずだからだ。

 JALの年間賃金は年功序列で、2009年度実績で、40代で既に1700万円を超えている。来期は約1200万円にカットされるが、それでも52歳だから、このベテラン副操縦士は、残れば1300万円ほど。辞めても、来年は53歳、会社都合だから退職金も満額出るし、割増も税金から6ヶ月分プラスまでされる。もとがべらぼうに高いため、退職金は1億円前後になってもおかしくない。退職金なくたって、もう十分、資産を築いてるよ。

 そういう基本的な数字をちゃんと確かめたうえで記事書いてるの?山田君は。あまりにも非常識だ。労組がゴネまくってパイロットの異常賃金を改革できなかったことが倒産→税金1兆円投入の一因になっていることは間違いないのだが、去年まで年収1800万円ずつ支払われていた超富裕層であることに何の疑問も呈さず、1つしかない文脈で意味不明な記事を捏造する。こんな欠陥記事、よく売るものだ。

 JALの副操縦士らが加盟する「日本航空乗員組合」は特に強硬で、2005年には事業改善命令を受けてから、わずか5日後にストを通告するなど、世間知らずの強欲ぶりは目に余っていた。

 機長になるための国家資格についてのくだりも意味不明だ。その費用を自費で出したわけでもなく、それさえも会社持ちという恵まれた環境であるところが、他の資格とも決定的に違う。弁護士や会計士は資格の勉強が全て自費であり、さらに合格まで何年もの機会費用まで支払うが、パイロットは高給を貰いながら社費で資格をとらせてくれる優遇ぶりである。

 もしJALの「逃げ切りパイロット」に同情が必要だとしたら、年収803万円のスカイマークのパイロットなんて、どうすればいいのだろう。アメリカの航空会社だって1千万円で働いている。世の中の労働者の99%超に同情しなきゃいけない。

 毎日もJALも、規制に守られ、世間常識から乖離したイタい会社になっている点が、きわめて似ている。毎日新聞は、自分たちのJAL化が進んでいることに少しは気づいたほうがいい。再販規制さえなければ既に存在しないゾンビ企業を、これ以上、政府の規制によって延命させるのは、それこそ悪夢だ。さっさと規制を撤廃し、潰すべきものはしっかり潰すべき。JALにしても、毎日新聞にしても。

 
03:19 10/25 2010 | 固定リンク | アクセス数(1430) | ブログトップへ | <<前へ | 次へ>> 

コメント
お名前
コメント (会員ログインして書き込んでください)
その他の情報 (スパム対策で消去されます)
@  01:22 10/26 2010
JALのいびつな構造とその崩壊は今後の日本の姿であるような気がしていたのですが・・・どうやら毎日新聞は今後の日本以上に重症なのかもしれません。広く取材する業種だからニュースなど見てる一般国民以上にもっと世の中の事を知っているのだろうなと大半の人は思っているはずなんですが・・・どうなっているのだろう?
ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

twiterフォロー
facebookフォロー

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓