MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
餃子の王将 月135時間残業で「辞めたい」と言っても辞めさせない…「1日10時間以上は記録不可」の労務管理システム
王将フードサービス代表取締役社長の大東隆行氏(『フランチャイズWEBリポート』より)

 

 


 スパルタ絶叫研修で有名な飲食チェーン「餃子の王将」を運営する王将フードサービス。その正社員、行田将夫氏(仮名、28歳)は、京都府内の餃子の王将Y店で、長時間労働の末、過労でうつ病を発症、11年4月以降、休職を余儀なくされた。京都南労基署は、うつ病は長時間労働によるものとして昨年2月に労災認定。行田氏は今年2月、同社に対し「平均134時間57分という、殺人的な長時間労働を放置し、原告にうつ病を発症させた」として損害金や慰謝料など計2301万円の支払いを求め、京都地裁に提訴した。心身ともに疲弊していた原告は「退職させてほしい」と申し出たが、店長は「ここで王将を辞めたら逃げじゃないのか。逃げだったら辞めさせない」と説得。仕事を続け、3か月後に「中等症うつ病エピソード」「適応障害」「抑うつ状態」と診断され、仕事に復帰できなくなったという。

【Digest】
◇正社員はどれだけ働いても賃金に反映されないシステムだった
◇原告「退職せてほしい」、店長「辞めさせない」
◇うつ病発症の月の労働実態
◇「この件について答えない」王将本社

◇正社員はどれだけ働いても賃金に反映されないシステム
 餃子の王将といえば、テレビカメラを入れて撮影させるほど、「愛と感動の絶叫研修風景」を自慢とし、“気合と根性の会社”として有名。

 だがその裏では、労基署も認定する「1日あたり10時間までしか労働時間を記録しない」という違法行為がまかり通り、社員がどれだけ長時間働いても残業代が増えないという、“悪の労務管理システム”を構築。

 辞めたいと言う社員を説き伏せ、辞めさせず、病気で倒れるまで働かせるなど、社員を都合よく利用する経営手法が、本件によって、明るみになった。

 4月16日午後1時10分、京都地裁で、本件の第1回口頭弁論が行われていた。

 法廷には、原告側の席に、弁護士3人、そして市民団体や労組関係者とみられる中高年男性5人と中年女性5人が陣取り、被告寄りの席には30代位のスーツ姿の男性と弁護士含め、計5人が居並んでいた。被告側でも原告側でもない真ん中側の席には、同社従業員のような雰囲気の30歳前後の私服男性が1人。

 この裁判の第一回目は、原告の訴状に対する答弁書を被告側が提出したことについて、双方の弁護士が、書面の中で確認が必要な箇所を指摘するなど、事務的なやり取りを数分した後、裁判長が次回期日を決め、わずか10分で弁論は終了した。

 筆者は事前に知人を介して原告代理人に取材を申し込んでいたが、原告の体調を理由に取材拒否との回答を得ていた。そのため本件は、裁判資料に基づき、お伝えすることにする。

 訴状によると、原告の行田将夫氏(仮名、28歳)は、「餃子の王将」にアルバイトで入った後、2010年1月から、京都府内にある「餃子の王将 Y店」(以下、Y店)にて正社員として勤務していた。

 Y店の営業時間は、午前11時~翌日午前2時。

 同店では、以下の5つの持ち場に社員を配置していた。

 「揚げ場」(揚げ物担当)、「麺場」(麺類担当)、「餃子場」(餃子担当)、「中センター」(カウンターでの調理、接客担当)、「鍋場」(その他の料理担当)。

餃子の王将は直営店413店舗(うち中国大連4店舗)、FC店213店舗、計626店舗ある(平成24年3月31日現在)

 それぞれの持ち場に、平日は、社員1人ずつ(鍋場は2人)、土日祝日は、揚げ場2人、鍋場3人、それ以外の持ち場には1人ずつつけた。だが、行田氏だけは、固定の持ち場がなく、人手の足りない持ち場に、穴埋めで入っていた。

 行田氏は、日替わりメニューを考える仕事も担当していた。これも行田氏のみの仕事だった。他に、アルバイトが配属された場合に、仕事の流れを教えたり、仕事がうまくいっているか話しかける、といった業務も行っていたという。

 Y店のシフトは、平日は5つ、土日祝は3つあった。

 平日は、9~23時(休憩2時間)、11~0時(同)、10~23時(同)、11時45分~2時(休憩3時間)、15~2時(休憩1時間)。

 土日祝は、8時30分~23時(休憩2時間)、10~0時(同)、11~2時(同)。

 ちなみに、特に忙しい時間帯は、平日が12~13時30分、18~21時、22~23時。土日祝日が、11時30分~15時、16時30分~23時。

 一日につくる料理は、平日が850~1150食、土日祝は2300~2400食だった。

 行田氏がシフトで多かったのは、平日は11~0時、土日祝が10~0時だったが、定時で帰れる日はほとんどなかった。

 まず、平日11時出勤の場合、朝礼に出席するため、遅くとも15分前には出勤した。

 また、シフトの終了時間になっても、来店客が多くて業務に支障をきたす間は、帰ることができなかった。

 閉店の午前2時以降も、店内の掃除などがあり、2時ちょうどには帰れなかった。

京都南労働基準監督署(京都市伏見区奉行前町6)

 

 それでいて、餃子の王将では、「正社員は、どれだけ働いても、賃金に反映されないシステムになっていた」という。平社員がいくら残業をしても残業代は増えないのである。そのカラクリは、こうだ。

 本来、従業員が出勤した際は、当日の勤務時間をありのままに記載することになっているが、実際の運用では、23時頃にレジ担当の従業員が、その日出勤した従業員の勤務時間を、シフト表と照らし合わせて、紙に記載していた。

 この紙に基づいて、その日の担当者がレジスターに勤務時間を入力していたが、なんと、その情報システム上、10時間を超える労働時間は、レジスターに入力できないように細工が施されており、本当の労働時間が入力できない状態になっていたという.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



餃子の王将のメニュー
行田氏の勤務時間の実態表(11年1月分)
「逃げません!最後まで諦めません!」と言わせる研修。その結果、病気になって倒れて潰されてしまう人も当然でてくる。

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約4900字のうち約3000字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 34094 続報望むポイント
324
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
まんまる  12:07 12/19 2015
洗脳だな・・・オウムか王将の違いだけ。マインドコントロール。
私も被害者  02:31 08/11 2014
実際に溝〇〇店で働いていましたが、真っ黒です。TVのマスメディアは王将をべた褒めしてよいしょしていますが、実際働いて見ると「これは社長刺されて当然だ。被害者の気持ち考えろ」と思います。身分制社会で、正社員等上に行けば行くほど楽になるシステムです。深夜の新人はドブさらいや洗い物だけです。パワハラ、いじめが 当たり前になっています。これはお客様も見ていますが、改善されません。
新社長は渡辺直人常務に  05:57 12/26 2013
会員
「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市)の大東隆行社長(72)が、2013年12月19日の早朝、何者かに射殺された。同日開いた臨時取締役会で、後任には、渡辺直人常務(58)を昇格させる人事を決定した。
名無しのお疲れ  23:50 12/23 2013
絶叫アピールなんか普通に見て異様。まともな組織じゃないのは一目瞭然。これを国が黙認してることが問題。
残酷な国の住人  10:29 04/30 2013
すごい!記者が全国脚で取材してる! 学歴や派閥、人脈による「楽して高給」と「死ぬ程真面目に働いて薄給」のこの国の現状が広く見えて来た。
威風  14:01 04/21 2013
随分とエゲツナイ労務管理をしているじゃないか。 この会社の社員研修なんて、軍隊形式と言うよりも単なる宗教セミナー紛いの研修だな。 この手の悪質な会社は市場から退場すべき。
匿名希望  09:45 04/21 2013
この労務システムは、全国の店舗で使われていたのか?役員が指示していたのか?社長さんは知らなかったのか?高学歴社員を採用して、幹部の海外留学などに使う費用があるのなら”現場スタッフの賃金と健康維持”にもっと資金をシフトすべきではないでしょうか?イエスマンだらけになった某P社みたいにはなってしまいますよ?ここのチャーハンが好きなんで、行田さんと王将さんが良い方向へ向かうことを願ってます。