MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
バークレイズ証券 室内履きのままロックアウト解雇された管理職に同僚7人が裁判で人望示す陳述書提出、3931万円で和解
左上は英バークレイズ会長のデビッド・ウォーカー氏。右上はバークレイズがスポンサーシップ契約を結んでいる英サッカー・プレミアリーグ。右下は同社日本法人バークレイズ証券の中居英治社長(中居氏は東大HPより。それ以外は英バークレイズHPより)

 国内外資本の大手証券会社で20年以上働いてきた藤原京子氏(仮名、現50代前半)は、10年5月、英大手金融バークレイズの日本法人「バークレイズ証券」に入社し、その1年3か月後、突然、上司と人事部から、216万円の特別退職金を示され、室内履きのままオフィスから追い出されて解雇された。納得いかない藤原氏は、地位確認を求め提訴。法廷では、同僚7人が陳述書を次々と提出し、職場で藤原氏に助けられたことや、藤原氏がしっかり仕事をしていたことを証言した。陳述書で藤原氏の人望の厚さが浮き彫りとなる中、今年5月、会社が解決金3931万円という、原告勝訴級の額を支払う形で和解した。裁判長にもよるが、裁判は往々にして、原告当人が「信用のおける人物かどうか」、つまり「原告の会社での人格」が重要となる。日々の周囲との関係も含めた職場での働きぶりが、いざという時に自分を救う――バークレイズ解雇事件は、そんな教訓を示唆していた。

【Digest】
◇大手証券を渡り歩きバークレイズに転職
◇室内履きのままオフィスを追い出される
◇提訴後、同僚7人が陳述書で援護、人望の厚さを示す
◇原告勝訴級の解決金3931万円で和解成立

◇大手証券を渡り歩きバークレイズに転職
 訴状や準備書面などの裁判資料によると、原告の藤原京子氏(仮名、現50代前半)は、80年代後半に大学を卒業後、外資のCT信託銀行(以下、社名はイニシャル表記)に1年間入社した後、外資のMS証券で、アナリストアシスタントとして勤務した。

 そこで藤原氏は、アナリストの犬井祥平氏(仮名)と知り合い、仕事上のパートナーとなった。その後、10年にわたって同社で一緒に仕事をする中で、犬井氏は藤原氏の手腕を高く買うようになっていった。

 そして、犬井氏は、外資のC証券に転職する際、藤原氏もセットで入社させることを条件とした。

 証券業界では、アナリストとアナリストアシスタントがセットで転職することは、よくある。転職のつど、一からアナリストにアシスタントをつけるよりも、仕事の能率が上がるためだ。

 こうしてC証券に移った藤原氏は、その後も犬井氏に同行する形で、内資のM証券、外資のJM証券、内資のMU証券を渡り歩いた。MU証券では、藤原氏は、株式調査部のシニアマネージャーの「部長代理職」に出世し、アナリストアシスタントの教育、指導、管理、アナリスト評価基準や各種マニュアルの作成、海外セールス会議の司会、運営などの業務責任者として働いた。

 そうした中、犬井氏は10年3月、英大手金融グループ・バークレイズの日本法人バークレイズ・キャピタル証券(12年6月より「バークレイズ証券」に社名変更、以下「バークレイズ」という)の株式調査部長の名倉泰三氏(仮名、現50代後半)と、会って話す機会があった。

 その時、犬井氏は、MU証券では自分はプロタグトマネージャー(PM)として、アナリストチーム全員を評価するマネージャーとなり、海外マーケティングのセミナー立案、投資家からの評価(ブローカーズランキング)などの外部ランキング引き上げのための施策の実施といった、マーケティングマネージャーの役割をしている、という話をした。また、藤原という女性が業務をサポートしてくれていると伝えた。

 名倉氏は話に聞き入り、「バークレイズでもそのような仕事が必要だ」と語った。

 そして同月中旬、名倉氏は、都内大手町の丸の内オアゾにある和食処「ねのひ」に犬井、藤原氏を呼び、バークレイズへの転職を勧誘した。この時、名倉氏は、藤原氏に対し、「藤原さんには、犬井PMのサポートを引き続きしてもらうと同時に、ビジネスマネージャー(BM)のポジションとして、是非、来て欲しい」と言った。

 BMは、藤原氏のためにバークレイズで新設されるポストだった。名倉氏の説明によると、バークレイズの株式調査部のアナリストは約40人。各アナリストの下にジュニアアナリスト、アナリストアシスタントが付き、2~4人で1チームとなる。その中で、管理職であるBMの主な仕事内容は、以下のものだった。

・株式調査部全体のアドミニストレーション業務。

・株式調査部の予算管理のサポート。

・関係当局からの紹介、検査の窓口対応。

・アナリストに対する顧客からの評価の整理、集約。部長である名倉氏に対する、アナリスト評価のための判断材料の報告。

・アナリストアシスタントの管理、業績評価。

 名倉氏の説明を受け、犬井、藤原両氏は、転職を了承した。こうして10年5月1日から、バークレイズに入社した。

バークレイズ証券の入る六本木ヒルズ
 バークレイズでの藤原氏の年俸は、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



解雇通知書の概要(※筆者が裁判資料をメモして作成したもの=コピーや撮影はできないため)
和解条項の概要

関連記事
記者コメント
本文:全約5200字のうち約3700字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 7456 続報望むポイント
3
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項