MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
自殺した社員の遺族に富士通が読み上げた、死者をあげつらい、自己弁解に終始した「説明書」の中身
自殺した富士通社員・Aさんの妻B子さん

 2017年10月、富士通の知的財産関連部署に勤務していた50歳の同社社員Aさんが、鬱との闘病のすえ投身自殺した。Aさんの生前、上司であるDグループリーダーからパワハラを受けていることを何度も聞かされていた妻B子さんは、夫の死後すぐに富士通に事情説明を要請。だが富士通側は「弁護士との協議が必要」とすぐには応じず、事件の3ヶ月後にようやく開かれた説明会では、AさんとDの上司にあたるC課長が、Aさんの生前の業務で「いかにミスが多かったか」を、重度の鬱であったことも考慮せずことさらに強調。D本人へのヒアリングさえ行わないままにDの言動を正当化し、会社の対応は適切だったとする「説明書」を読み上げた。さらにB子さんが、説明会の場にD本人がいない理由を尋ねたところ、C課長は「会社には社員を守る義務がある」とうそぶいたという。(「説明書」は末尾よりPDFダウンロード可)

【Digest】
◇自殺から3ヶ月後に行われた事情説明
◇死者の無能をあげつらう「説明書」
◇Aさんは本当に能力不足だったのか
◇配属初日に「教えられなくても仕事はやれ」
◇「対策」はやはり席替えだけ
◇「守るべき社員」を選別する富士通

◇自殺から3ヶ月後に行われた事情説明
 自殺後の会社側の対応で、「守るべき社員」を都合よく選別する富士通の冷酷な体質が浮き彫りとなった。

 2017年10月に自ら命を絶った、富士通社員Aさん(当時50歳)。元々は同社の地方営業所でSEとして働いていたが、16年6月、「知財グループ」という部署に異動。同社が保有する知的財産に関してSEから寄せられる問い合わせ・相談に回答するほか、富士通の保有する特許を侵害する第三者がいないか、などを調査する業務に就いた。

 だが配属後、直属の上司にして、すでに部内で「クセのある人」との評価があった「D」というグループリーダーから、執拗な叱責を受け、苦悩。薬を服用せずには眠れなくなり、やがては自殺念慮に取り憑かれるようになった。

 Aさんが17年2月24日に精神科を初めて受診した際のカルテには、「異動した部署に自分の気分次第で怒鳴る、クソみたいな人がリーダーにいる。無神経な事を平気で言う人。なじる、けなすを平気でこなす人」という医師による記述がある。

 さらに別の病気で日大病院を受診した際も、医師から「メンタルクリニックにかかっていたのは職場の人間関係?」と問われたAさんが「そうです。(中略)上司、先輩です。すぐ大声で怒鳴ったりする人で」と答えている。

 亡くなる直前のAさんは大学病院の精神科に入院していたが、妻であるB子さんが病院に見舞いにいくと、「俺、働きたいし、新しい配属先(注=知財グループの解体・再編に伴い発足した別の部署)で心機一転頑張りたいけれど、ごめん、もうダメだ。頭がおかしくなっちゃったんだ。こうなっちゃったのはあいつ(Dリーダー)のせいだ。会社のせいだ」と訴えていたという。B子さんは言う。

 「亡くなる前の夫の頭の中はDと会社、そればかりでした。しかし夫は会社で起きたことのすべてについて私に話してくれたわけではありませんし、最後は口にすること、思い出すことも深刻な苦痛になってしまっていたので、こちらからは聞きたくても聞けませんでした。彼が富士通で本当はどういう目に遭っていて、何が彼をそこまで追い詰めたのか。それを私は、どうしても知りたいんです」

 Aさんが亡くなって以来、B子さんは富士通に対し事情説明をするよう再三要請していたが、富士通側は「弁護士との協議が必要」との理由でなかなか応じないまま時間は経過。ようやく開かれたのは、自殺から約3ヶ月が過ぎた17年12月末日のことだった.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



亡くなったAさんが生前通っていたメンタルクリニックのカルテ。「異動した部署に自分の気分次第で怒鳴る、クソみたいな人がリーダーにいる。無神経な事を平気で言う人。なじる、けなすを平気でこなす人」などと訴えていた
富士通産業医による診断書。「抑うつ状態」と診断され、2度の休業を余儀なくなされた
日大病院を受診した際の診療記録にも、Dに対する訴えが記録されている

関連記事
記者コメント
本文:全約5800字のうち約4600字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

アクセス数 2095 続報望むポイント
12
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
   11:08 09/10 2018
3か月の間に富士通にとって不利になる材料のもみ消しを図ってそう。パソコンデータや証拠書類の消去または捏造、同じ部署の人間に対して口封じ、など平気でやってそう。
大手使えない。  23:39 09/09 2018
この事件、個別指導塾スタンダードみたいにテレビが後追いするのかな?後追いしなかったらマジでゴミだよね。訴訟にならないと新聞やテレビは報道しないのか?
2011年事例  23:21 09/09 2018
会員
富士通本社で海外部門の課長を務めていた飛田野達也さん(当時42)が2011年4月29日朝、自宅で死亡した。妻が発見した。急性心不全だった。三田労働基準監督署(東京)は、東日本大震災の対応に追われた長時間労働が原因だったとして、2012年8月30日付で労災認定した。
課長過労死認定  22:53 09/09 2018
富士通って2012年にも過労死問題起こしてるのか。急性心不全。会社の体質って変わらないのな。
nagasemisa  19:04 09/09 2018
本当にひどい話で心から同情します。残念ながらDさんやC課長のような人はどこの会社にでもいます。残念ながらこんな会社にはコンプライアンス規約があっても全く機能していないし、会社は隠蔽することしか考えない。B子さんにはAさんの無念をはらすべく、真実を報道し今後も戦ってほしいです。