MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
食品の安全、79%が不安
 7日更新の読売新聞(Yahoo掲載)によれば、食品の安全について「不安を感じている」人が79%にのぼり、中でも生産者側のモラルに不信を持つ人の多いことが同社の全国世論調査でわかったという。

 具体的に問題だと思うことでは、「食品の安全性を第一に考えない生産者やメーカーが多い」が最多で55%。次いで「健康への影響が心配な添加物や薬品が使われている」40%、「輸入食品に安全性の低いものが多い」39%など。

 値段が多少高くても安全な食品を選びたいという人も87%にのぼり、安全確保のためには多少のコストがかかっても仕方がないとの意識がうかがえたという。

 調査は読売新聞社による面接方式で、サンプル数は明らかにしていない。

関連記事
記者コメント
 私は、企業(生産者やメーカー)を監視する姿勢を見せるジャーナリズムが日本には存在しないから、彼らのモラルが下がるのだと思う。マスコミの問題である。
アクセス数 3965 続報望むポイント
1222
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
企業が全部悪?  20:51 03/15 2005
私は食の「安全」と「安心」の区別がついていないことが原因だと思う。無農薬野菜は安全だとかいうわけのわからない意見が大手をふれるかぎり、真の安全は手に入らない
Max  01:51 05/24 2004
食の「安全」とは何なのか。大勢が望んでいるのは実は「安心」ではないのか、と思う。「新鮮」ではなく「新鮮そうな」、「旨い」ではなく「旨そうな」。ジャーナリズムが切り込んでいくべき先は企業だけではなく、市民側で再生産している自己欺瞞にもあるはずではないかと思う。