MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「リコール王」トヨタが今ごろ報じられ始めた
2004年、2005年は、国内では既に年間販売台数を上回るリコール台数になっていた(2006年の記事 より)

 

 


 最近、トヨタのリコールが報道され始めた。アクセルペダルなどに不具合が出る問題で、同社のリコールと自主改修を合わせた改修対象車が、世界で700万台以上となり、昨年の同社の世界販売台数を上回ったことが分かった。NY共同通信が報じ、その配信を受ける国内各社のうち、産経だけが報じた。米議会が異例の公聴会を開くなど問題はグローバル化しているが、国内では既に2004年、2005年に年間販売台数を上回るリコール台数を叩き出すなど、トヨタの欠陥車体質が昔からの話であることは、弊社報道の通り。13年連続1位だった広告額が2位に陥落し、口止め料が減ったことで、タガが外れ始めた。
トヨタ、700万台超改修 昨年の世界販売台数上回る
 トヨタ自動車は29日、欧州で販売した8車種、最大180万台を対象にリコール(回収・無償修理)を実施すると発表した。アクセルペダルがフロアマットに引っかかって暴走する恐れから北米で実施している自主改修分などを含めると、重複分を除いても、リコールと自主改修を合わせた対象台数が世界で700万台以上となり、トヨタの昨年の世界販売台数の698万台を上回る規模になる。新たにリコールの対象となったのは、欧州などで2005年2月から10年1月まで製造された「ヤリス」(日本名ヴィッツ)「オーリス」「カローラ」など。トヨタはこのほか、米国で約230万台、カナダで約27万台、中国で約7万5千台のリコールを発表。
1月30日11時58分配信 産経新聞

 MyNewsJapanでは2006年7月から「リコール王トヨタ」を7回連載している(最下部の関連記事参照)。そのうちの 1つ「リコール王・トヨタ 欠陥車率3年連続100%超も、回収率さえ非公表」では、こう書いた。

 「売ったそばからリコールして、また欠陥車を売って、という繰り返しで、買う側からすれば、そんな危険な車には、とても乗る訳にはいかないことがよく分かるが、マスコミは広告主・トヨタに屈し、こうした単純なデータの提示さえできない」

 さらに、官僚との関係では、2006年当時、国交省の「リコール対策室」にメーカー別に集計したリコール情報の公開を求めたところ、「そのようなものはない」と、タカハシという担当者が応対した。このとき、役人が企業と癒着して人殺しを犯していることがはっきり分かり、戦慄を覚えた。そして裏ルートから国交省の裏管理資料 を入手し、メーカー別のリコール台数を記事化した。

◇国交省とマスコミの変化
 その後の変化としては、まず国交省は、企業との癒着批判を恐れたためか、この裏管理資料(企業別のリコール件数) をやっと公表するようになった。

 マスコミは変わり始めたのか。奥田会長による「 スポンサー降りてやろうか」発言(2008年11月)からも分かるように、トヨタはスポンサーになっている企業(つまり全マスコミ)の報道姿勢に目を光らせ、口止め料として、広告を過大に出してきた。

 それが、不況になって一転。トヨタがマスメディア向け広告・宣伝費を2008年度に前期比3割弱カットする方針を打ち出し、総額でも2008年度は、それまで13年連続1位だった広告宣伝費が2位に後退した(881億円、前年度比18.60%減)。

 これまで広告に押さえつけられてほとんど報道されなかったトヨタのリコール問題が報道され始めたのは、 日本一だった口止め料 が減ったことにより、タガが外れたと見るべきだろう。

 現状ではまだ朝日、日経、読売は最小限の発表モノ報道だけにとどめ、「調査報道されたくなかったら広告出せよ」と言わんばかりの、けん制をしている。マスコミ向けで3割削減されたといっても、まだ総額では2位の大クライアントだから慎重だ。

 広告費削減で赤字転落したマスコミ各社が、逆ギレして報復するかのように調査報道を始める日も近いかもしれない。

関連記事
記者コメント
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)
企画トップ頁「マスコミが書けない本当のトヨタ」へ
アクセス数 15954 続報望むポイント
1208
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
トヨタ不買運動しよう  18:28 07/26 2010
すっかりトヨタの欠陥は無くなったのか、世間も騒がなくなりました。 トヨタニュースはWRC やF1への復帰。 PHV等のニュースに逆戻り・・・ なんと世界の欠陥王は日本でのシェアーをアップし過去最高。 結局、あの欠陥は米企業の問題とか米の政策だとかってのが一般の見方って事のようだ。 半年間にいったい何台リコールしたのか? リコール隠しと報じないのはどうして? 暴走の原因は一体何なのか?
amam  23:03 03/21 2010
ぴっぴ様、僕のマツダは10年乗って14万キロ走ってもバリバリです。でもちゃんと定期点検して、オイルなど消耗品も替えてるけどね。オーナーのメンテが必要なこと。知らん人も多いから念のため
四角い三角定規  03:05 03/21 2010
誰も問題漏洩のことなんか聞いていません。その隣にあった衝撃の事実、だくだくのかきわり盗人風にまとめると、①愛車がバカスカ壊れた状況②新記録が出た修理回数③トヨタにクレーマー認定された経緯④関連企業役員へのインタビュー内容(企業名と役職名含む)について、あなた自身の補足説明を求めています。衝撃のポイントがずれていたようですね。筆の勢いなんかとは一線を画す当事者ならではの淫靡なごくひ情報を期待します。
全国のディーラーで  01:49 03/21 2010
組織的に行われていた事なので、退職した整備士を捕まえて金品を積んで問いただせば真実がわかるでしょう。 ですがその前に、Webで「整備士」、「国家資格」、「問題漏洩」等のキーワードで検索してみれば概要がわかるはずです。 報道は氷山の一角で、利益の為なら何でも有りな体質でした。
かきわり盗人  21:55 03/20 2010
率直に言います、列記された告発とやらが虚偽であることを疑っています。信じる信じないは自由とか、そんなレベルではないくらいに疑っています。この「告発」でトヨタ本体はびくともしません。潰れるなど以ての外。心配ご無用。まだ告発の基本条件さえ揃えていません。なのにもう御理解を要求?繰り返します、告発とやらが虚偽であることを厳しく疑っています。なれあいではありません。不信を前提とした問いかけです。御回答を。
詐欺師豊田  13:19 03/20 2010
真実を知りたいのはわかりますが、残念ながら私自身も豊田に潰れられては生活出来なくなる立場です。過去を反省して再生してもらいたいので告発しました。矛盾した行動に見えますが御理解ください。膿を出さずして再生はありません。
だくだく  22:40 03/19 2010
血がだくだくと出たつもりの通称はちごろうです。昨日、マスコミの報道しない極秘情報の数々を知り、己の節穴ぶりとスモールワールドぶりを猛省した次第です。被害を受けたつもりで4つのことを疑似体験したくなりました。体験のための詳細を求む。①愛車がバカスカ壊れた状況②新記録が出た修理回数③トヨタにクレーマー認定された経緯④関連企業役員へのインタビュー内容(企業名と役職名含む)。…何回見ても壮絶!わかちこ