MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
コーラは添加物の宝庫、CM「保存料も人工香料も、一切使っていません」の実態
地下鉄に貼られていたコカ・コーラの広告

 地下鉄で目にしたコカ・コーラの広告「1886年の誕生以来、保存料も人工香料も、一切使っていません。いままでも、ずっとこの先も」。なぜ今頃、このような添加物フリーをアピールする広告を出したのか。コンビニで売っている「コカ・コーラ」「コカ・コーラ ゼロ」「ノーカロリー コカ・コーラ プラスビタミン」の添加物をチェックすると、すべてに危険性が指摘されるカラメル色素が含まれ、一部に保存料として安息香酸Naなど危険度の高い添加物も使用されている。プラスビタミンに添加された香料については、天然か人工かすら答えてくれない。謎の多い怖い飲み物だ。

【Digest】
◇コーラでお薦めできる銘柄は1つもなし
◇「製品の特性に関わる部分なので・・・」
◇ビタミンCが売り、でもよくわからない香料入り
◇典型的なCMリテラシー広告

 地下鉄に乗って、目に飛び込んできた広告がある。「1886年の誕生以来、保存料も人工香料も、一切使っていません。いままでも、ずっとこの先も。」。そのキャッチの横に、コカ・コーラの瓶が並んでいる広告だった(画像)。

 コーラのレシピは、コカ・コーラ社のトップシークレットだというのは有名な話だ。原料、配分、製造方法を企業秘密にしたことで、そのレシピを守ることができた。特許で守るという論理ではない競争原理としての「企業の論理」はよくわかる。だが、全世界で飲まれている炭酸飲料の原料が謎というのは、恐い飲み物だとも言える。

◇コーラでお薦めできる銘柄は1つもなし
日本コカ・コーラ株式会社のHPにも「1886年の誕生以来、保存料も人工香料も、一切使っていません。いままでも、ずっとこの先も。」と出ている。
 コカ・コーラを最後に飲んだのはいつだったかを思い出せないほど年月が経っているわたしの関心事は、なんで今頃、こんな広告を出したのかにある。

 気になって仕方がないので、セブン-イレブンで販売されていた3種類のコーラ(「コカ・コーラ」「コカ・コーラ ゼロ」「ノーカロリー コカ・コーラ プラスビタミン」、いずれも品名は炭酸飲料)を買ってきた。

 コーラ(食の安全・コンビニ編)で、「添加物から判断する限り、コーラでお薦めできる銘柄は1つもない」と指摘したのが4年前。

 同様に、添加物の危険度判定方法から3種類をチェックしてみた。食品添加物それぞれの「危険度レベル」詳細は下記4つ目の画像参照。数字は、危険度ポイントである。

■コカ・コーラ
【原材料名】糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン
【添加物チェック】カラメル色素=3、酸味料=2、香料=2、カフェイン=0

■コカ・コーラ ゼロ
【原材料名】カラメル色素、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、香料、保存料(安息香酸Na)、カフェイン
【添加物チェック】香料=2、カラメル色素=3、酸味料=2、甘味料(スクラロース=2、アセスルファムK=2、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物=3)、保存料(安息香酸Na)=4、カフェイン=0

■ノーカロリー コカ・コーラ プラスビタミン
【原材料名】香料、カラメル色素、酸味料、ビタミンC、甘味料(アスパルテームL-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、カフェイン
【添加物チェック】香料=2、カラメル色素=3、酸味料=2、甘味料(スクラロース=2、アセスルファムK=2、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物=3)、カフェイン=0

 3種類のコーラともに入っている食品添加物は、カラメル色素、香料、酸味料、カフェインの4種類。さらに、カロリーオフが売りのコーラは、人工甘味料が添加されている。

 要するに、広告ではあえて分からないようにしているが、「保存料も人工香料も一切使っていない」のは赤いラベルのコカ・コーラだけを指しているのだ。

3種類のコーラ。コカ・コーラ、コカ・コーラ ゼロ、ノーカロリー コカ・コーラ プラスビタミン。

 

 相変わらずコーラは添加物の宝庫で、多くの食品添加物が含まれていることがわかる。共通で含まれるカラメル色素は、「第七版 食品添加物公定書解説書」によれば、ラットの動物実験で、下痢や食欲減退、腎臓や盲腸の重量増加、白血球増加などの症状が見られた。

 また、そのカラメル色素は熱処理する際に亜硫酸化合物やアンモニウム化合物が加えられるかで「カラメル1」~「カラメル4」に分類され、カラメル色素だけではいずれであるかはわからない。

 「コカ・コーラ ゼロ」には、保存料の安息香酸Naが入っている。その目的としては、甘味料であるアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物は水分のある状態での長期安定性に劣るが、コーラそのものは加熱処理をしないため、アスパルテームの腐敗を防ぐために保存料として入れているものと考えられる。

 安息香酸Naは危険度ポイント4ともっとも高い。これも同じくラットの動物実験で、安息香酸ナトリウムを含む飼料をラットに4週間食べさせたところ、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



■食品添加物の危険度判定方法による危険度ポイントの詳細。

酸味料 危険度レベル2
香料 危険度レベル2
カラメル 危険度レベル3
安息香酸ナトリウム 危険度レベル4
スクラロース 危険度レベル2
アスパルテーム 危険度レベル3
アセスルファムカリウム 危険度レベル2

 

 

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約6,700字のうち約4,300字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「食の安全コンビニ編」トップ頁へ
企画「CMリテラシー」トップ頁へ
アクセス数 20030 続報望むポイント
332
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
TD  12:22 01/08 2012
自分のビジネスの為に無駄に心配をあおるのは良いことなのでしょうか。
さくら  12:47 07/11 2011
コーラの主な天然香料はおそらくレモンとシナモン それよりカラメルが体に悪いとか知らなかった これはペプシにも入ってる 料理に使うウイスキーやブランデーにもカラメル入ってるし 殆どのウイスキー飲めなくなる しょうゆもほとんど入ってる、コーラと同じで詳細解らないから何にも食べられなくなってしまう コーラに限らず食品業者は消費者の体を一番に考えて欲しい
ムジュン  01:04 01/09 2009
何年か前に香料が問題になったことがあった。 現在は食品の殆どに香料の表記がある。 香料は一体何から作られる?石油からも作られるそうだ。 じゃ、天然香料であれば、何の天然物質から抽出しているかくらい公表したらええんじゃないかい。でもその天然物質を抽出するのには人工的な方法でやるのでしょうね。
あれ?  22:16 11/02 2008
珍しくだからこれを買え(もちろん広告料を受け取って)がありませんね。牛乳の時のようなあからさまなことは反発を生むから私怨だけで記事を書くようにしたのでしょうか?
でも  05:00 10/25 2008
山中さん自身が売ってる『オーラヘアー』にしてもご自身が他社品に対する記事では毒物添加物と記述していたパラベンを含んでいるわけですから、商業的にはある程度は仕方ないのでは?
感想  08:30 09/25 2008
まあ、この程度はご愛嬌で済む脚色レベルではないでしょうか。認識の違いでしょうが、嘘とまでは言えないような? 本質的に、消費者が騙されて不利益を被ったり、企業運営が社会正義に反していたりする事例なのかどうかが問題である気がします。 重箱の隅を突いたり、揚げ足を取る程度の記事では高い評価は得られないでしょう。
参考資料  04:40 09/23 2008
コーラCMがDVD化!往年スターが共演(スポーツニッポン) www.sponichi.co.jp/entertainment/ news/2008/06/19/02.html