My News Japan My News Japan ニュースの現場にいる誰もが発信者のメディアです

ニュースの現場にいる誰もが発信者のメディアです

「自衛隊はブラックでした」窃盗、強姦、脱走、自殺…就活失敗でやむなく入隊して知った“人間破壊工場”の実態

情報提供
ReportsIMG_J20150507120216.JPG
 私大新卒で企業への就職を目指したがことごとく失敗し、海上自衛隊に入ったAさん(24歳)。犯罪や自殺がありふれた異常な世界だった。ストレスから精神がおかしくなりそうになって8ヶ月で退職した。若い人に対して「自衛隊はやめたほうがいい。どうしても入るのなら逃げ場をつくれ」と忠告する(大阪市内で)。
 内閣府の調査によれば自衛隊に対して好感を持つ国民は9割にのぼるという。だが、隊員自身がどう思っているかは別だ。関西在住のAさん(24歳)は、私大新卒で企業就職を目指したがうまくいかず、当座の仕事にと一般入隊枠から海上自衛隊に入った。だが、そこで見たのは想像を超す「ブラック」な世界だった。直接的な暴力こそなかったものの、狭い艦内で先輩から胸倉をつかまれてすごまれるなどの仕打ちを頻繁に受け、精神的に追い詰められた。窃盗や強姦、自殺といった事件がありふれる異常な環境。「このままでは精神が壊れてしまう。無職でもいい」と逃げだすように退職し、人間らしい暮らしを取り戻した。自衛隊に行こうとする若者や、自衛隊を美化する風潮に、Aさんは警鐘を鳴らす。「自衛隊はやめたほうがいい。どうしても入るのなら必ず逃げ場をつくっておけ。そうしないとストレスで死んでしまう」
Digest
  • 「精神壊してまで働く意味って…」
  • 無所属プータローの恐怖
  • 強姦事件発生
  • 部隊配属、胸倉つかまれる毎日
  • 窃盗・盗撮――艦内のすさんだ環境
  • みんな辞めたがっていた
  • 戦場に行くようになれば自殺激増まちがいなし 

「精神壊してまで働く意味って…」

「自衛隊をやめたいま思うのは、精神壊して働くくらいなら生活保護もらうほうがいいということです。ばかばかしいじゃないですか。首くくってまで仕事したいですかって…」

関西在住の男性Aさん(24歳)は、自衛隊で鍛えた大きな声でそう話す。

私立大学の新卒で民間企業への就職を目指したが失敗し、任期制の一般入隊枠で海上自衛隊に入った。とりあえず3年勤めて別の仕事を見つけるつもりだった。そこで見たのは、想像以上に「ブラック」な職場。高いストレスにさらされ、ふつうの人がおかしくなり、性犯罪、脱走、自殺がありふれている異常な世界だった。

「ストレスがマッハで高くなる。逃げ場がないとおかしくなる。自衛隊に行って働いてみてそう思います。無意味な訓練…言い方悪いですけど…。確かに体力はつきます。でも精神力がつくかどうかは疑わしいですね。精神力がつくというより、ある程度のストレス耐性がつくと考えたほうが正しい。肥溜めにいたら火あぶりにされない限りは大丈夫だと思えてくる」

 Aさんは8ヶ月ほど勤めたところで限界を感じ、辞めた。精神を病んでしまうよりは無職のほうがまだいい――そう考えた結果の判断である。

もっとも、就職活動をしているときの心境はちがった。「何でもいいから仕事をみつけて働かなきゃいけない。プータロ―になったしまう」と焦っていたという。

ReportsIMG_I20150507120628.jpg
 杉並区にある自衛隊の募集事務所。大学や高校で募集活動を行っている。国民の自衛隊に対する印象は良いが、自衛官自身が感じている自衛隊は決して良いものではない。

無所属プータローの恐怖

大学ではコンピューターを学んだ。だがシステムエンジニア(SE)を仕事にするのは躊躇があった。労働環境が過酷で心身ともにボロボロになると知ったからだ。だから、最初はSE以外の仕事を探して民間企業への就職を目指した。

営業や企画の仕事などを片端から受けた。ハローワークで求人票をもらい、紹介状同封で送る。東京、大阪、名古屋。東京――受けた会社は100社に及んだ。どこも不採用だった。選んでいる場合ではないと途中からSEも受けた。それでも採用されない。

今から数年前の話だ。大学3年生の12月から4年生の11月ごろまで、ほぼ1年にわたる就職活動でつかったお金は交通費など30万円~40万円。アルバイトや親から借りた。

最後に希望をつないだのは秋葉原の商社。いけると思ったのに面接でダメだった。「御健闘をお祈りします」といういわゆる「お祈りメール」にがっかりした。

成績は悪くない。試験も合格点を取る。なぜ受からないのかAさんは理解できない。就活開始に出遅れたことだけは確かだった。時間がたつほど採用枠が狭くなり、受けるほうも疲れてきてモチベーションが下がる。そんな状態で就活を続けても無駄だとAさんは思い知る。

このままでは就職浪人間違いなしだった。両親の元にいる限りは経済的に困窮しているわけではない。しかし精神的には苦しかった。働かなければいけない、と焦った。

「憂鬱ですよ。人格否定されないからまだいいですけど。まわりは決まっていっているのに、俺どうすんのという状況で。焦りましたね本当に。一番こわかったのは無所属になる、所属なしになるということです。こわかったすよ。卒業して学生の肩書がはずれるのがこわかった。プータロ―になるのは不安でしたね」

文系一筋のAさんが自衛隊を選んだのは、こうした「無所属プータロ―」の恐怖からだったという。

ReportsIMG_H20150507150342.jpg
 2014年夏、海自横須賀教育隊所属の新隊員が海水浴場で強姦事件を起こして逮捕された。Aさんは舞鶴教育隊で「事件を起こすと(休暇返上で)全員教育隊に戻すぞ」と説教されたという。男性ばかりの閉ざされた世界での生活は、異性に対する感覚も異常になってくるという。

強姦事件発生

 「任期制で海上自衛隊に入り、1任期の3年だけやって、あらためて転職活動しよう」

それが当初の計画だった。試験には受かり、海上自衛隊の舞鶴教育隊に入った。ある程度の覚悟はしていた。確かに訓練はきつかった。

「文科系だったので中学1年以来運動やっていないという感じでした。きつかったですよ。体鍛えるのこんなに大変だったのかと。腕立て伏せを延々とやったり。結構理不尽なことありました。腕立て伏せずっとやって、いっち、にい…とゆっくりやって、腰が落ちたら、おい腰おとすんじゃねえよ、みたいにケツたたかれたり」

それでも意外なことに、体力的なつらさはじきに慣れ、苦痛でなくなったという。腕立て伏せ、腹筋、3キロ走が5級、砲丸投げ、走り幅跳び、懸垂が6級で総合6級。最低だったが合格した。

それよりもつらかったのは、精神面だった。入って1週間は外出禁止。やがて土日休日は外出できるようになったが、舞鶴には遊ぶ場所などろくにない。パチンコか酒を飲むくらい。自由がないことがこれほどきついとは思わなかった。

「楽しみがなさすぎて精神的に疲れてくる。外出してもなにもないので、土日やることっていったら携帯いじくるかトイレでオナニーするか。みんなそんなんですね。土曜日の朝がいちばんひどいんですが、腹にエロ本仕込んでトイレ行って、こすって出してポイ。洋式便所がそれで朝混む」

集団で一種異様な精神状態にあったという。

とうとう入隊3ヶ月ほどして事件が起きる。横須賀教育隊に所属する18歳の隊員が、休日に海水浴場で強姦事件を起こしたのだ。

「おとなしい感じの人だったらしい

この先は会員限定です。

会員の方は下記よりログインいただくとお読みいただけます。
ログインすると画像が拡大可能です。

  • ・本文文字数:残り4,836字/全文7,165字

Aさんのいた海自舞鶴教育隊(防衛省のHPより)。向こう岸まで海を泳いで脱走した隊員もいた。のちに拘束され、捜索費用を請求されたという。

艦船に乗り込んだのちは、先輩隊員から頻繁に胸倉をつかまれてヤクザ口調で「指導」されるなど、引き続き高いストレスにさらされた。別の船に乗った同期隊員は蹴られたり殴られるなどの暴力を頻繁に受け、脱走したという。(写真は横須賀基地に停泊する護衛艦。記事とは直接関係ありません)

精神に変調をきたしてきたAさんは、このままではおかしくなってしまうと部隊に必死で訴え、船を降りて陸上勤務に変わった。陸上勤務の部隊でも海曹が自殺。高いストレスから無意識に自殺しかかった元潜水艦の乗員もいた。

公式SNSはこちら

はてなブックマークコメント

プロフィール画像
cinefuk2019/03/15 10:35

#脱柵 の捜索費用を本人に請求するのって本当なのか。『Aさんのいた海自舞鶴教育隊。向こう岸まで海を泳いで脱走した隊員もいた。のちに拘束され、捜索費用を請求されたという』

プロフィール画像
Haaaa_N2017/11/14 13:12

つら

プロフィール画像
umiusi452015/09/24 18:00

週刊実話か週刊大衆かな?

もっと見る
閉じる

facebookコメント

読者コメント

もとじ2019/08/25 09:55
米子さん2019/03/07 18:11
アンチ中小企業経営者2017/11/17 09:15
中小企業経営者2017/06/29 06:04
元だけど2016/11/17 00:54
簡単な割り算2016/06/29 11:42
  2016/05/26 15:17
考えましょう2016/05/26 13:49
_2016/01/31 11:29
 2015/09/02 01:04
吾輩は無登録である2015/09/01 17:33
吾輩は無登録である2015/08/20 10:02
吾輩は無登録である2015/08/20 09:34
吾輩は無登録である2015/08/20 09:32
元陸上自衛官2015/08/07 09:55
  2015/05/08 00:18
※. コメントは会員ユーザのみ受け付けております。
もっと見る
閉じる
※注意事項

記者からの追加情報

本文:全約7100字のうち約4900字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「その税金、無駄遣い、するな。」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。