MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「読売に恫喝された」 黒薮氏が反撃訴訟提起
「押し紙」排除キャンペーンのための、横断幕とのぼり。街宣活動で使用される。

 


 「押し紙」問題を追求してきたフリージャーナリストの黒薮哲哉氏が10月20日、読売新聞西部本社の江崎法務室長から恫喝されたとして、220万円の賠償を求め、福岡地裁に提訴した。メールで送付されてきた催告書の中で、江崎氏が、回答書は著作物だなどと、まったく根拠のない理屈を振りかざして、刑事告訴などをほのめかした、というのがその理由だ。黒薮氏は、読売側から2つの裁判を仕掛けられており、今回の提訴は「反撃」の開始とも言える。提訴に際して、黒薮氏が手記を寄せた。

【Digest】
◇恫喝文書による取材妨害
◇問題の回答書
◇著作権法で何を守りたいのか?
◇ 「思想又は感情を創作的に表現した」箇所は?
◇回答書は争点から外す
◇“仮裁判”で敗訴
◇根拠のない主張に基づいて

 1通の書面がわたしの手元にある。弁護団(江上武幸弁護士ら10名)を通じて福岡地裁へ送付してもらった訴状のコピーだ。内容は恫喝めいた文書によって受けた被害の賠償を求めるものである。請求額は、220万円。被告は、読売新聞西部本社と、同社の江崎徹志法務室長である。

「押し紙」報道に対する圧力は強くなる一方だ。「押し紙」が新聞社の財源を支えているからだ。

 

 

 訴状を読む江崎氏の心中を想像すると、わたしは昨年の12月の暮れ、いきなりメールで催告書を送付され、その内容に戸惑った自分を思いだした。送付した人物は江崎氏その人だった。通常、初対面の人にメールを送る時は、本題に入る前に自己紹介するのが常識だが、江崎氏は、

 黒薮哲哉殿
催告書を添付しました。

 と、簡潔きわまりないメールに催告書を添付していた。どこのだれとも分からない人物から、わたしは催告書を頂戴したのである。本当に読売の社員なのか否かも分からない。しかも、この文書はわたしに対して驚くべき要求を突きつけていたのだ。

 詳細については後述するが、催告書を読み進むにつれ、わたしは恫喝文書の一種ではないかという疑いを抱いた。そこで自分が主宰するWebサイト「新聞販売黒書」に催告書の全文を掲載した。この掲載が、後日、江崎氏がわたしに対して提起する著作権裁判へと発展する。

◇恫喝文書による取材妨害
 メディアを通じて何かを伝えることを職業にしている新聞人が、言論とは別の手段を最上段に振りかざして一個人を攻撃するのは憂うべき事態である。プロとしてのプライドがあるのか、疑いたくなる。

 現在、わたしは読売と江崎氏から2つの裁判を仕掛けられている。このうちのひとつは、新聞販売黒書の記事で名誉を毀損されたとして、2230万円を請求する高額訴訟である。もうひとつが本稿で取り上げる著作権裁判である。

 さらにわたしはこれまでも新聞関係者から何度か、恫喝文書を受け取ったことがある。たとえば1997年の10月に、FAXで次のような書面が送られてきた。(この文書は、拙著『新聞ジャーナリズムの「正義」を問う』に収録している。)

 黒薮殿
 お前のようなのはジャーナリストではない。
 つまらぬことはするな。
 いつでも堂々と相手をしてやる。
 うちの会長・社長に迷惑を及ぼしたら覚悟はできているだろうな。

 依頼人 平成の仕置人

 当時、わたしは新聞業界の不正経理問題を取材していた。かなりあちこちに探りを入れていたこともあって恨みをかっていたのか、自宅に無言電話が頻繁にかかってきた。留守番電話に延々と奇声や雑音を録音されたこともある。嫌がらせはさらにエスカレートして、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



江崎氏に宛てた12月24日付けのメール。「著作物」の定義について質問したが、回答はなかった。

 

 

福岡地裁へ提出した訴状。

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約6,200字のうち約4,600字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)
企画「まだ新聞読んでるの?」トップ頁へ
アクセス数 4622 続報望むポイント
272
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
読売暴行被害者田代  11:53 02/18 2009
読売メッタ蹴りの記事に出ています田代裕治です 。 ゴロツキ新聞には鉄槌を !
   21:12 12/18 2008
読売新聞社と創価はつながりがあるようですね。ジブリはもともと共産系ですし、売れるためには何でもする体質が嫌いです。
販売店関係者  03:14 11/17 2008
一部の販売店主を除いて多くの販売店主も、昔から真面目に早朝より働いてきた方もおります。 しかし、我々にも限界というものが在ります。 真村さんの件でも解るとうり、販売店が5軒~10軒で裁判に訴えても、ただ本社から潰されてしまいます。 誰かインターネットを飛び出して協力してください。 資料等は、色々なブログでもご承知のように沢山ございます。 是非ご協力のほどを、宜しくお願い申し上げます。
販売店関係者  03:14 11/17 2008
一部の販売店主を除いて多くの販売店主も、昔から真面目に早朝より働いてきた方もおります。 しかし、我々にも限界というものが在ります。 真村さんの件でも解るとうり、販売店が5軒~10軒で裁判に訴えても、ただ本社から潰されてしまいます。 誰かインターネットを飛び出して協力してください。 資料等は、色々なブログでもご承知のように沢山ございます。 是非ご協力のほどを、宜しくお願い申し上げます。
ゴロ売り  05:34 11/16 2008
一般的な知的水準より、低すぎる位置にある読売には文化性はありません 。だから再販・特殊指定の必要性はありません。 ところでスポーツ新聞も 再販・特殊指定なのでしょうか。スポ新には再販・特殊指定は必要ない と思います。同程度の読売も同じです。
ゴロ売り  05:24 11/16 2008
読売の販売局の人って何が生きがいなのでしょうか。とても人間的に程度の低いことしかしてませんよね。 あと、読売の行為は再販や特殊指定の資格なしです。 読売の不法行為には文化の香りはありません。 読売単独でも、再販・特殊指定を外しましょう。 それが読売にはふさわしいと思います。
田代裕治  21:54 11/13 2008
黒藪様や真村様声援申し上げます!読者の皆様(マスコミ・企業・一般市民の方々)も、このような読売のとんでもないことに憤っていると思います。読者の皆様!是非、黒藪様や真村様にエールと、読売の各種違法・不法行為への告発・告訴を!ご存知でない方いらしたら、私はマイニュースジャパンのマスコミのところに載っています、読売暴行911テロの被害者の田代裕治と申します! 皆様のご声援に感謝申し上げます!