MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
読売、また司法判断を無視 制裁金払ってでも「YC広川」に新聞供給せず
なぜ読売は、司法命令に従わないのかを問い合わせてみたが、「黒薮さんとは係争中なので、お答えできません」との回答を口頭で得た。読売は、わたしに対しては、常に取材を拒否している。

 最高裁が読売新聞販売店「YC広川」(福岡県)店主、真村久三さんの地位を保全して、12月25日で1年。だが真村さんは、裁判所の命令に従わない読売の「力の政策」によって、販売店を改廃され、いまだ配達を再開できていない。11月26日に福岡地裁は、再度、真村さんの地位を保全、YC広川へ新聞供給を再開するよう命令を下したが、読売は無視。やむをえず真村さんは、日額7万円の「間接強制金」(=制裁金)を裁判所に申請、少なくとも1部は認められる見通しだ。読売は現在、「YC久留米文化センター前」にも制裁金を月120万円ずつ払い続けている。意地でも裁判所の決定(新聞の供給)に従わないつもりだ。

【Digest】
◇司法無理1-判決は異例の長文
◇司法無視2-新聞の供給を再開せず
◇司法無視3-過去にも同じ手口が
◇言論弾圧へエスカレート
◇江上武幸弁護士による解説

 記者クラブ主催の記者会見をフリーライターが取材しようとすると、かならず押し付けられる条件がある。

 「傍聴は許可しますが、質問は控えてください」

日本の新聞をダメにした責任は、この人にもあると思うが、誰もあまりそれを指摘しない。極端に臆病になっている。写真は、『やっぱり読売新聞が面白い』(中経出版)より。

 

 

 

 日本の新聞社が記者クラブを通じて警察や官庁などから情報提供を受けている事実は、周知になっている。それが慣行化してしまうと、だれもそれを異常とは感じなくなる。あげくの果てには、記者クラブがフリーライターに対して質問を禁じることで、権力機構を防衛するという、世界に類なき珍現象まで生じている。

 このような「仲よしごっこ」の中で、 作文コンクールを警察庁の後援で主催してみたり、警察OBが販売局に天下りする(いずれも読売新聞社)などの癒着が生じている。しかし、その反面、自分たちの意にそぐわなくなった者に対する態度には、驚くべき傲慢さを見せる。

 本稿では福岡県の販売店訴訟における、読売による司法無視の実態をレポートする。司法判断を堂々と踏み倒し続けている読売とは、一体、「なに様」なのか?司法を無視してまでも、自分たちの意にそぐわない勢力を押さえ込もうとする体質が、「反読売」の言論活動に対する憎悪に転化したとき、なにが起こるのだろうか?

◇司法無理1-判決書は異例の長文
 YC広川(福岡県)の店主・真村久三さんの係争についてはマイニュースジャパンでもたびたびクローズアップしてきた。 手短な経緯は、読売が真村さんを解任しようとして係争になり、七年にわたる裁判の末に最高裁が真村さんの地位を
偽装紙(押し紙)の実態。新聞の部数を偽装することで、莫大な紙面広告の収益を得ている。

 

 

 

保全した、というものだ。それがちょうど1年前の12月25日だった。この日を境に真村さんには平穏な日々が戻ってくるはずだった。

 ところが、それから半年後に、読売は真村さんに対して商取引を打ちきる通告書を送付した。その結果、最高裁の決定が意味をなさなくなる事態が起きたのである。通告書は最高裁に対する読売の「挑戦状」と言えるだろう。

 読売が持ちだしてきた主要な解任理由は4つあった。

1、努力不足で営業成績が低迷している。

2、新読売会を設立した。

3、読売に対して損害賠償の訴訟を起こした。

4、黒薮へ情報提供を行った。

 真村さんは福岡地裁へ地位保全の仮処分命令を申請した。7年前とまったく同じような情況に追い込まれたのである。この時点までは既報した通りである。

 真村さんが長年にわたって裁判を戦ったことも、最高裁による地位保全を勝ち取ったことも、読売の強引な手口の前では無力だった。読売の企業戦略は、理性よりも、暴力で押さえ込んだ者が勝を制する「軍隊の論理」に似ている。

 幸いに11月26日に福岡地裁は、真村さんの地位を保全すると同時に、読売に対してYC広川へ新聞の供給を再開するように命令を下した。読売が持ちだしてきた改廃理由は、ことごとく却下されたのである。

 しかも、判決文は、仮処分命令としては異例の27ページにも及ぶものだった。仮処分命令の場合、通常、主文だけが記されるが、司法判断を軽視する読売に対する裁判官の怒りもあったのか、たいへんな長文となった。真村さんの主張がほぼ全面的に認められたのは言うまでもない。

 参考までに、なぜ、「1」~「4」の理由が無効なのかを手短に説明しておこう。

(1)確かに真村さんの営業成績が低迷していたことは事実である。しかし、それは読売が7年に渡ってYC広川を「飼い殺し」にした結果であった。責任は全面的に読売の側にあった。

(2)既存の読売会とは別に、新読売会を設立したのは、真村さんが読売会から除名された状態のまま、復帰が認められなかったからである。そこで数人のYC店主と一緒に新読売会を立ち上げて、セールス団の派遣を受けられる条件を整えようとしたのである。

(3)読売に対して損害賠償訴訟を起こしたのは、真村さんが係争に巻きこまれて被った損害を読売が賠償しようとしなかったからである。賠償しないどころか、「飼い殺し」すらも事実上解除しなかった。

(4)黒薮への情報提供に至っては問題外で、ジャーナリズムが内部告発の窓口として認められていることを記すだけで十分だろう。

 最高裁の決定から、真村さんが再び改廃通告されるまでの半年の間に、読売は判決を真摯に受け止めたのだろうか。結論から先に言えば、なんの反省もしていないように見うけられる。

 実際、担当員が訪店を再開したことを除いて、ほとんど何も変わらなかった。たとえば真村さんに対する「飼い殺し」策は、裁判が終わった後も持続していた。そのために真村さんに対しては差別的に補助金の支給をしないままだった。営業の支援もなかった。さらに.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



真村さんの“仮裁判”の判決文。争点2である「本件更新拒否に正当な理由が存するか否か」に対応する裁判所の見解。

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約7,100字のうち約4,700字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)
企画「まだ新聞読んでるの?」トップ頁へ
アクセス数 4762 続報望むポイント
458
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
読売暴行被害者田代  11:35 04/18 2009
この判決は判例・事例として法律書や法律雑誌などに取り上げてもらうことが出来ます。 法学教育の事例や実務家の資料としても典型的な 、違法・反社会的行為・反文化行為としての読売の事例です。
現役  01:09 03/13 2009
10年前の話、i局長は現在の販売店が何部まで紙を 積めるとか、有名な会長さんに言ってたとか?
読売暴行被害者田代  11:50 02/18 2009
読売は平然と拡張団が暴行を行う、犯罪者なので遵法精神などありません。犯罪者が司法判断など守ることはありません。結果を見たら理解できますよね。読者も広告主へも嘘を垂れ流すのが読売です。これはまさに害悪だけです。 読売なんかの下劣な輩は相手にしてはいけません 。読売を相手にするということは、読者・広告主 自身が不幸になるという事ですから。
子供  01:51 02/12 2009
新聞社は、散々他の業界のことを叩いておいて、新聞記者とテレビ局のレポーターたちは自分の業界のことは知らん顔かよ。
b  01:37 02/12 2009
偽装部数のチラシをまくのは、九州だけではなく同時に各新新聞社がある東京駅でやってみたら。 かなりの効果があるかも。
読売しつこい  02:22 01/18 2009
販売店で働いてる人に言いたいんですけど、断ってるのにセールス来るのやめてくれませんか?絶対に読売は購読しないよ。今度から警察呼びますね。
インクで汚す前に  00:54 01/18 2009
DIY方式で有名なスウェーデン系大型家具店(千葉県船橋市)で買い物をしたら、セルフの梱包台に割れ物保護用の新聞紙がビニールで梱包されたまま、つまり未使用状態のまま複数個、備え付けてありました。1セット100部相当かな。日付は二ヶ月ほど前ですが、もらったにしては豪勢なプレゼントです。いけあは買ったんですかね。インクで汚す前に引き取ることができれば環境にもやさしいのになと思いました。