MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
大正製薬がハミガキ粉『デントウェル』で殺菌剤トリクロサンをまだ使っていた――大腸がん発症を促進、抗生物質耐性菌を100倍増やす
2019年3月段階で、いまだにトリクロサンを配合していた大正製薬の薬用ハミガキ「デントウェル」

 2016年にアメリカで抗菌石けんへの使用が禁止された殺菌剤「トリクロサン」。日本でも同様の措置がとられたため、トリクロサン配合商品は無くなった――と思われていたが、今年3月段階でも、大正製薬の薬用ハミガキ粉に、まだ配合されていることが分かった。日米政府の措置はあくまで薬用石けんだけが対象で、より口内から人体に蓄積する可能性が高いにもかかわらず、ハミガキ粉への使用は禁止されていないためだ。アメリカでは家具や寝具、ヨガマット、子どものおもちゃなどへの抗菌処理にもトリクロサンが使われていることが問題になっており、日本でも、家具やおもちゃの殺菌に使われている可能性があるが、化粧品などと違い表示義務がないため、実態は闇の中だ。

トリクロサン=抗菌剤として広く利用されてきたが、人体の免疫系への悪影響や環境ホルモン作用の疑いがあることから、2016年までに日米で薬用石けんへの使用が禁止された(EUは殺菌成分としての使用を2015年に禁止済)。その後も、新たな毒性が判明。人の尿中から検出される程度の量でも、腸内細菌のバランスを崩して大腸がんを促進したり、耐性菌を増やすことで尿路感染症への抗生物質の効き目が100分の1になることなどが報告されている。


【Digest】
◇一部のハミガキにまだ配合されていたトリクロサン
◇ハミガキのトリクロサンは歯ブラシにも沈着2週間残る
◇アメリカでは家具や塗料、ヨガマットなどの抗菌処理が問題に
◇腸内細菌を減らし、腸炎・大腸がんを促進
◇トリクロサンで抗生物質の殺菌作用が10万分の1に低下
◇マウスの尿路感染症菌の生存率が100倍に増加
◇世界の200人の医師が全面禁止を求める声明

◇一部のハミガキにまだ配合されていたトリクロサン
 花王のハンドソープ『ビオレU』などに使用されていた殺菌剤のトリクロサンについては、MyNewsJapanでも2015年から3回記事にしてきた。

 殺菌剤を含有する薬用石けんを使っても、普通の石けんと比べて感染症予防効果は示されず、逆に、薬剤耐性菌の発生を増やしてしまう可能性が指摘され、弊害が大きいことが指摘されている。

 特にトリクロサンは環境中の残留性が高く、体内での蓄積性が高い。環境ホルモン作用も指摘されており、EUでは、2015年に殺菌成分としての使用が禁止された。

 アメリカでも2016年9月にトリクロサンを含む19の殺菌剤の抗菌石けんとボディーソープに配合することが禁止となった。日本でもアメリカの禁止措置に準じて、同じ19成分の、薬用石けんへの配合が事実上禁止する措置がとられた

 しかし禁止の対象は、薬用石けんとボディソープだけで、それ以外の薬用ハミガキペーストやマウスウオッシュ、デオドラント化粧品などへの配合は禁止されなかった。

 日本では、一部で禁止措置が取られた成分についての、他成分への切り替えは速い。ケチがついたものについて、企業は自主的に切り替える。

 それ自体は良い事でもあるが、単に成分を変更しただけだと、通常は公表されないので、消費者はなかなか気づくことができない。

 以前にトリクロサンが配合されていた薬用ハミガキ粉などが、その後どうなったのか、今回、調べることにした。

薬用石けん以外で、以前トリクロサンを配合していた商品
 2015年の段階で、トリクロサンを使用していた薬用ハミガキ・マウスウォッシュは、花王の「ピュオーラ」「ディープクリーン」、サンスターの「薬用GUMデンタルリンス」。

 これらはいずれも、「塩化セチルピリジニウム(CPC)」という成分に変更されていた。

 また、2017年段階でデオドラント化粧品のボディーペーパーにマンダムがトリクロサンを使用していた

 今回調査したところ、マンダムも「イソプロピルメチルフェノール」という代替成分に変更していた。よって、日本の化粧品や医薬部外品でのトリクロサンの使用は無くなった、と思っていた。

 しかし今回、2019年3月にドラッグストアの調査を行ったところ、新たに発見されたものがあった.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



石けんや化粧品以外にもトリクロサンは使用されている
トリクロサンの様々な毒性

関連記事
記者コメント
本文:全約4000字のうち約2700字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

アクセス数 2115 続報望むポイント
9
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項