MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
ゴールドマン・サックス証券会社 ダントツの報われ方(対価)
 ゴールドマンサックス証券では、毎年、決算(11月閉め)の内容に応じて、翌1月の年初にボーナスが出る。昨年まで在籍していた社員によれば、半端な額でないのは噂どおりだ。「たとえば30歳だと『アソシエイト』がほとんどですが、支給額は営業部門にいれば、3~4千万円くらいが平均だと思う。それ以外に月100万円ほどのベースサラリーがありますが、ボーナスの比重が圧倒的に高いので、みんなサラリーなんて気にしていなくて、額を知らない人もいるくらいです」。

【Digest】
◇30歳年収5千万円が普通な世界
◇生え抜き社員が宇多田ヒカル並みに稼ぐ
◇4年目にアソシエイト昇格は3~4割
◇27~28歳でVPも
◇借上社宅制度で節税


◇30歳年収5千万円が普通な世界
 体力・知力の充実を要するため社員の平均年齢も31~32歳と若く、過労で入院などは普通にある激務だ。それでも頑張れるのは、「やっぱり、年度末に報われるのが大きい。やればやっただけ自分のモノになる」という分かりやすい『やりがい』があるからだという。

 ボーナスは、「営業系(プロデューシング部門)で調子がよければ、ヴァイスプレジデント(VP)で1億超、アソシエイトでも1億円手前くらいになることもある」(同)。ゴールドマンサックス証券(GS)はここ数年、過去最高益を更新しているため、億万長者が続出しているのは間違いない。

 その理由は、ボーナス額の決まり方にある.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



GSのキャリアパス

 

 

関連記事
記者コメント
生活/仕事編はこちら
本文:全約2900字のうち約2500字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
■社員を紹介していただいた方、取材を受けていただいた方には、
会員IDおよび薄謝進呈いたします。ご協力のお申し出をお待ちしております。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 82455 続報望むポイント
1090
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項