MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
早くも5百人辞めた! PayPay営業職が語るソフトバンク式ローラー営業の惨状――突然引き上げられるノルマ、離職率5割、「社員の連れ去り防止」を理由にリアルタイムGPS監視導入
入社したのはヤフーだったが、カルチャーは完全にソフトバンクだった…

 2001年に街角の「白いパラソル部隊」で『YAHOO!BB』のADSLモデムを無償配布する一大販促キャンペーンを展開し、日本のブロードバンドインフラ普及に多大な貢献を果たしたソフトバンク。同様にスマホ決済『PayPay』でも3千人規模の営業部隊(うち直接雇用1200人、残りはリクルート等の外部委託)を組織し、全国のお店向けにローラー作戦を展開中だ。2018年度上期に入社した営業職男性に現場の実情を聞くと、“石橋を、叩き割るか見切り発車でとっとと渡ってしまう”ソフトバンクらしさ全開のゴタゴタぶりで、見切り発車&スピード重視の行き当たりばったりな実態が見えてきた。初年度末(第一期入社から11か月め)にあたる今年3月までに、直接雇用だけで500人超が会社を去ったという。

【Digest】
◇ヤフーに入社したと思ったらPayPayだった
◇PayPay営業組織
◇セールスフォースのデータが粗くトラブルに
◇ノルマ月60件に引き上げ、8割超が未達の水準
◇「連れ去り防止」のために?GPS管理導入
◇「いま、離職率がすごいから」

→後編記事:PayPay営業のショボすぎるインセンティブ設定…
→ブログ:「支払いのスムーズさ」がビリのPayPay…

■解説:AI群戦略の入り口に巨額投資
 PayPay株式会社は、100億円キャンペーンを2回組むなどで2019年3月期の最終赤字は367億円。3年間無料かつキャッシュバック中なので売上は立たず、順当に赤字だけが膨張しつつあるが、実際に利用されて売上(お店からの手数料収入)が立つかも不透明だ。ADSLの椅子は1つしかない(1つの家庭内で複数社とは契約しない)ため投資の回収も容易に見通せたが、QRコード決済は規格統一によって同一店舗内で併存し続ける可能性も高いことから店舗内独占は叶わず、難航が予想される。

 ただ、営業利益2兆円以上を稼ぐソフトバンクグループ(SBG=持株会社)にとっては年300億程度の先行投資は大した額でもない。PayPayはヤフーとSBGが50%ずつ出資する合弁会社としてスタートしたが、2018年5月8日に、SBGが50%、ソフトバンクが25%、ヤフーが25%へと、出資比率を組み替えることが突如として発表され、ソフトバンク色が一気に強まった。

 2019年には、独自のユルいカルチャーを形成していたヤフーが、ソフトバンクによって子会社化されることが発表され、ヤフーによるZOZO買収も決まった。孫正義社長が「資本の論理」で一気に勝負に出てきた格好だ。PayPayは、孫社長の唱える「AI群戦略」の入り口として、戦略的中核会社ともいえる重要な位置づけとなっている。

 ソフトバンクは18年前のADSLだけでなく、2013年にも、『法人MI(モバイルインターネット)本部』だけで営業1千人を採用してiPhoneなどモバイル通信の活用を提案するソリューション営業を成功させるなど、人海戦術によるローラー作戦が得意技。2019年8月8日時点で加盟店申し込み数は100万店突破と公表した。社内的には300万店を目指しているが、ソフトバンクの営業ノウハウで、PayPayは無事、作戦完遂となるのか――。

◇ヤフーに入社したと思ったらPayPayだった
求人広告
「まず、求人広告。ヤフーのリベラルなカルチャーは噂に聞いていたので、ヤフーでのキャリアパスと待遇に期待していたのですが、入社してほどなく、PayPay株式会社に出向辞令が出ました。入社時点ではPayPayという名称自体が存在せず、ヤフーウォレットにスマホ決済の機能を追加して実店舗で使えるようにする法人営業、との求人内容でした。だから、入社したのはヤフーだったんです」

 確かに、当時の求人情報(右記参照)を見ると、以下の文字が躍る。

 ヤフーが大規模採用スタート!
 あなたも、『Yahoo!JAPAN』の新規事業メンバーに。

 ただ、ヤフーも当初は「もうひとつヤフーを作る意気込み」(川邊社長)というくらい本気で自分でやろうとしていたところ、孫社長のグループ戦略によって、横槍ならぬ天上人からの“上槍”が入り、トップダウンで突然、主導権がソフトバンクに移った経緯がある。ヤフーも大株主の意向には逆らえず、この点はやむを得ない。

ヤフーの内定通知書
 結局、ヤフージャパンに形式的に在籍したままPayPay出向となり、実質的にソフトバンク色の強い会社で働くことになった。

「ソフトバンクは、軍隊的です。高いノルマを課して、『達成してる人もいるんだから!』と例外的なトップ営業の事例を示し、『だからオマエもできる、やれ』と押し付けてくるカルチャーなんです。ウチの拠点には、ソフトバンクから上層部に7~8人来ていました。ヤフーの常駐社員はいませんでした」

 なお、求人広告に掲載されている研修2週間というのも嘘で、「実態は5営業日だけ」だったという。この程度の小さな嘘やごまかしは、お手の物である。

◇PayPay営業組織
 実際の営業体制は、以下のような組織で進められた(左図参照)。役割は、上から以下の通り。

PayPayローラー営業部隊の組織編成
 ブロック長(SB社員)
 拠点長 (SB社員)
 SV=契約→正社員になった人
 ASV=契約社員のリーダー
 SC=一番下の契約社員

 全国に20ほどの拠点があり、リクルートなどに県ごと外部委託で任せ、その管理だけを行う拠点もある。直営部隊は、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



上:引き上げられるノルマ
中:ノルマ達成者の分布
下:3か月連続で予算未達成
ついに営業職をGPSでリアルタイム監視する事態に。グーグルマップを使用。オンにしてないと、ハングアウトで「オンにしてください」とメッセージがくる。

関連記事
記者コメント
本文:全約5200字のうち約3300字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい(会員ID進呈)

アクセス数 11915 続報望むポイント
6
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
  23:20 09/14 2019
GPSで常に場所を把握し指示を出すスタイルが流行るのかな?労働者を徹底的にこき使うビジネスモデルを確立できるかどうかは大切な所だ。